vytfhvwicuba9knthgk8_180_59-87ea59fe.jpg

o5m2bi8wihxzgk8xee8m-44dc6f70.gif


5ifd79yc6zfz8d599ea3-d63d86c6.jpg


プロフィール

赤塚ケンイチ-KEN

北海道

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/11 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:72
  • 昨日のアクセス:694
  • 総アクセス数:4325285

QRコード

全国の変態アングラーが○○○○を使うとどうなるか



今ほどベイトタックルを使用した釣りがポピュラーじゃなかったころから、全国のアングラーは様々な手を使いフィールドに望んでいた。


時に海外通販に光を見いだしたり

各社のロッドカタログのスペックを凝視し妄想したり

それら買いまくったり

スピニングロッドを改造したり

自分で作ったり





世に無いものだから仕方がない。



それは僕も同じだった

考えられることは全部やった





だから困っていることはよく分かってる

理想も分かってる



そしてそれは既存ブランクス(過去のモデル)をいくらみても

どれだけの数を見ても無駄だ


ということに辿り着いた。




僕の場合は、たまたま環境に恵まれていたので作ることができた。


そしてその過程でなるほどと。

理想のロッドは、変化球だらけでしか作ることができないんだ。

誰もやりたがらない訳だ。

マーケットも無いし。






2000年初頭時に立ち上げたHP

僕個人の釣果サイト「Fishman」というのがあった。



当時のメインコンテンツの1つでもある

「渓流ベイト道」


HP作成時にはすでにやりこんできた感があり、コンテンツ作りはサクサク進んだ。

今見たら相当恥ずかしいことも書いてたっけw



そしてそれからの十数年





一貫して快適なベイトロッド作りを模索





2000年前半、ハンドメイドロッド、Beams5ftULが完成




ライトルアーをハング下へライナーで撃ち込みたい

そしてその様がまるでビームみたいだったからの名称



当時は販売だなんてことはまったく考えていなく、ブランクスに名称がないと寂しいし、愛機を何かアダナみたいに呼びたかったので安易に決めた。


当時の「Fishman」という釣りレポートサイトもそうだった。




そのサイトがあったから、ブログで動画サイトでアップし続けたから今に繋がってる。


動画やブログで楽しい、決まる、入る
ということを書いていたらオーダーが来るようになった
勇気がいる行為です
北の訳わかんないヤツにお金を払う
この釣りやらない人には理解できないだろうけど、藁をも掴む思いだったでしょう。

ということはもう10年以上ロッド販売していることになる。




メーカーとして生きる決意をし、量産し、新番手の開発。


これからは全国の困ってるアングラーから意見を取り入れ、ロッドデザインに反映させ、さらに進化を遂げていきたい。
なによりも自分で楽しみたいから。




話を戻すが、さんざんいろんなことを試してきた全国の変態アングラーがBeamsを見つけてくれて、フィールドで答えがでてきている。

(当時はバス釣り以外でベイトタックルというと、変態と見られていたw)



それは僕が予想もしていなかった答えも多い。

7Lシリーズで90cmオーバーシーバスキャッチなんてのもそうだ。

キャストや魚を見つけるスキルがとんでもなく高い。


そんな全国の変態アングラーがBeamsを使えばどうなるか。




こうなるんだw




興奮のレポート








2014/6/22~
Beams7.10MH・5ftULの2機種

予約開始しました

デリバリーは9月を予定しています。

bkhye37ksz6mrr2gcxk4_480_480-bca139fe.jpg




 

コメントを見る

登録ライター



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!