プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:25
  • 昨日のアクセス:16
  • 総アクセス数:169967

QRコード

無理をする

  • カテゴリー:日記/一般
2/2(Sun.)

浸かり場を後にし、日付が回ってしばらくしたところで、帰宅。

道具のメンテに絶望を感じつつ、何とかこなして仮眠です。


予定より1時間多く睡眠を取ってしまったところで、ホームへ。

寝坊スタートは慣れっこ。

適当に場所を選んで釣り始めます。


ボトムからダラダラと追ってくる魚にどうやって口を使わせるか。あれこれやらずに、よりシンプルにしていきたいところ。

早々に1バイト。乗らず。

もう一回ミスしたところで、よりスローに引けるルアーにチェンジ。


原則ただ巻きオンリー。距離やレンジによってはフォールだけ取り入れます。

フォールからの立ち上がりでのバイトがやっと乗ってくれました。

obz9ramma9akmncknb3k_480_480-44a2251d.jpg

サイズの贅沢言いはなし。

イワシ着きの魚だからなのか、前夜に釣った魚と匂いが異なる・・・ような気がします。

バイトが出るレンジはなんとなく抑えているつもりです。となれば、ボトムからの角度や距離に重点を置いて釣りをするのが個人的なセオリーです。


幸い、魚数が多いようで頻繁にバイトが出る状況。試し甲斐があります。

93zxzne2mz4uzogg87h5_480_480-efb790bc.jpg

偶然出たフォールバイトを御用。そんなこともあります。


ボトムの立ち上がりからピックアップ寸前まで一切速度を変えずに巻く。


定速リトリーブは、エリアトラウトの基本中の基本。

とてもシンプルな釣り方ですが、できるのとできないのでは、雲泥の差がつくこともあります。

マスとスズキは違う魚ですが、目標を追尾する点では同じ。釣堀の腹が立つほど低活性なマスに効くなら、シーバスは?と。

この数年、冬場のホームでは特に意識して取り組んでいます。


そろそろ出るなといったところで、アタリが出て、しっかり乗ればご満悦。

rdpj5yzb8vf845ejfcyw_480_480-69958844.jpg

浸かりでの疲労がジワジワ来る中、さらに神経を削るような釣りをします。

2、3回通して何もなければ、どんどん移動。

バイトが出れば少し粘りますが、深追いはせず。

33g9cwxuobth4iz9afp9_480_480-cb9f158f.jpg

ミスからの修正が成功すると、ちょっと爽快です。


ソコリで少し休憩を挟み、午後の下げ始めを狙っていきます。

476ggwv8of4htnkfnoni_480_480-c537ad88.jpg

状況はさほど変わっていない模様。決して良くはありませんが、何もないわけでもありません。

立ち位置や姿勢、ハンドルの回し方など、くだらないことをイチイチ気にしながら、眠気をこらえて釣りをします。

hm3tnvm3t8zaczbg7pzw_480_480-2ecd1d78.jpg

釣れれば、眠気も疲れも忘れてしまう都合の良い人種です。


冬の経験値は通常の3倍。・・・だと思っております。



Tackle
Rod:CARDIFF
Reel:STELLA
Line:#1.2

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!