プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:13
  • 昨日のアクセス:12
  • 総アクセス数:167804

QRコード

春告

  • カテゴリー:日記/一般
4/19(Sun)

大潮にウズウズ。

毎度のRYOさんを誘って昼過ぎから海へ向かいました。


陽のある内は、恒例の適当シーバス釣りで。

昨年、散々お世話になったポイントでこれまた散々お世話になったログサーフを投げてみます。

スラッグを大きく取ったジャークでザックリと探りましたが、潮が低い内は何もなく。


小一時間で休憩タイムです。

怪しい海外ルアーの試し投げをしたり、メバルプラグを物色したり。

ダラダラしつつも、水位や海中の状況観察は欠かしません。目論見通り、メバルの好みそうな環境は整っています。


テラス状に突き出た護岸に水が乗り始めた頃、再びログサーフを付けて適当にキャストすること数回。

着水から2、3回目のジャークでドスンと。

by9dxbiu4893jtt4weij_480_480-74bdba20.jpg

全く釣れるつもりでいなかったので、当初はボラだとか罵倒していました。反省。

表層を意識した魚が単発で終わるはずが無いと、都合良く解釈し、さらに狙っていきましたが、後は続かず、本命の釣りへ。


微妙に視界が効く内からビートイートをキャストをしましたが、流石に表層系には構って頂けず。

まだ早いと言いつつ、ちょっとレンジを下げて探っていたRYOさんがアッサリキャッチしたのを見て、右に倣えと、リッジ46Sを投入です。

5gp5xchzjzwvsx5nca25_480_480-672d50aa.jpg

数投で小気味良いアタリが出ました。

x822nuvytcfisazfu2ot_480_480-1bdcbea3.jpg

可愛いトゲトゲ達。

mur9panrdne557pnwoev_480_480-fa2b4d3c.jpg

連発です。素敵です。

バイト数も多く、魚の活性が伺えます。

3ofdfc7m4ge4wmm7t482_480_480-d4900edb.jpg

テンポ良く探るプラッギングゲーム冥利に尽きる展開。

アップクロスでフワフワと引いてみると、明らかに魚種違いな重いバイト。

t7jccpkbjsngohnm2typ_480_480-a6043187.jpg

50半ばのバチ着き。信頼する激流Mなら、ドラグを使わずとも、竿の曲がりだけで余裕の対応です。

シーバスを釣って場を荒らしてしまった感があったので、場所を変更することに。


水の払い出す辺りを見ると、バチのような引き波と控え目な波紋が出ています。

ビートイートを打ち込めば即バイトでした。

vfy3b24jcsspkm9e49mv_480_480-2b313742.jpg

モジリの出ている箇所を通せば、高確率でバイトが出ます。

ve8c2ag8opxs3kippnan_480_480-c3e24843.jpg

アップクロスで引いた方がフッキングが良い印象。

pdzpozx2c2vchkxafih3_480_480-e3f6ad06.jpg

細かい事は抜きに兎に角良く釣れます。久々に凄いと思わせるルアーに出会いました。

652riggaekrs635wb44d_480_480-a1fad061.jpg

最大は25cm程。


水面を割って出そうな位、大胆な魚もいたことから、トップも試してみることに。

引き波を立てながら、ただ巻きしつつ、時々小さく動かしてアピール。

際目に入れること数投で水面炸裂とはいきませんでしたが、ヒットに持ち込めました。

gewjrd7kppyotb2kbbbv_480_480-fc87d20f.jpg

頂き物のシュガペン70での嬉しい一尾。


次は個人的に相性の良くないルアーを試します。

アッサリと。

4v6kbc7eumr9yc5pmp7n_480_480-762c1c08.jpg

ミニマル。ルックスが個人的ツボです。


終盤は再びビートイートで。

yisebt92aps9u3th6gms_480_480-a1cf5968.jpg

堪りません。相当楽しいです。


調子に乗って、〆のメバルをと悪足掻きすれば、この始末。

hj8rwxti5d639od6y2oa_480_480-e1f52ff7.jpg

完全にバチに着いています。

この日は外道でしたが、これはこれで時間を作ってやってみたいところ。


潮やポイントの性質を考え、釣り方に拘る。そこに魚が応えてくれれば、上機嫌なのです。

同行してくれたRYOさん。ありがとうございました。



Tackle
Rod:MJS872/TX74MH
Reel:EXSENCE/TWINPOWER
Line:#1/#0.6

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!