プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/11 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:28
  • 昨日のアクセス:34
  • 総アクセス数:165351

QRコード

滑稽

  • カテゴリー:日記/一般
2018.9.9

大潮。この一年程は敏感になっているキーワードです。

東京湾でタイラバ真鯛を狙うには無くてはならない条件になります。
小さい潮周りは船すら出ません。

プライベートボートなど持てない一般市民はここに賭けるしか無いわけです。


苦手な早起きで外を見れば、結構な具合で木々が揺れています。
釣れる釣れない以前に船を出せるのか否かが気になりますが、一応出かけてみました。

結論はとりあえず出すとの事。
1月の爆風撃沈イメージしか湧きません。

吹き荒れる南西に向かってゆっくりとポイントへ。
30〜40mラインを流していきます。

下げ始めと朝一番のタイミング。波風なければ文句無しですが、そう上手くはいきません。

今回は早掛けはできず、ちょっと遅れて一枚目。



活性が高いのか、小さいからなのか触れると同時に殆ど乗っている印象です。

良い落としから上手く立ち上がると釣れそうな予感。



タナボケは論外ですが、ちょっとした動きの乱れでそのアプローチはもう釣れないような気がしています。


集中集中。
流し直しは特に。



塩焼きちょい上サイズですが、このくらいのサイズは非常に美しいです。


ひたすら落として巻くだけの単調な釣りですが、宇宙人みたいなふざけたシルエットのタイラバに真鯛がアタックしてくる滑稽さが個人的にはたまりません。

ソコリは予定通り?アタリも出ません。

上げが入り始め暫く経った頃、ボトムから3mくらい上がったところで強めのアタリ。

直後にストロークのある叩きが入りました。
合わせは入れずにゆっくり竿を持ち上げていくと潮流も手伝って一気に10m近く走ります。



引き味からはもっとデカイかと思いましたが、1.5キロくらいの食べ頃サイズ。
因みに特大鳴門骨が三つ着いた極上の真鯛でした。良く引く訳です。

波風で船は暴れ気味ですが、魚数と活性がそれを払拭する嬉しい展開。



ラストはアタリ連発で二枚追加(一枚は抜き上げぽちゃん)。

真鯛にアオリイカ、獲物が高級志向真っしぐらなこの数年。
身近な海ですが、まだまだ可能性はあるはずです。


Tackles
Rod:ENGETSU
Reel:OCEACALCUTTA
Line:#0.8

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!