プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:51
  • 昨日のアクセス:42
  • 総アクセス数:169651

QRコード

恒例行事

  • カテゴリー:日記/一般
2/1(Sat.)

早いもので、もう一か月が経過です。

2月の声が聞こえてくると、毎年恒例の極寒浸かりの刑が執行となります。

最盛期は混むから嫌。寒いほうがマシ。そんな感覚です。


苦手な夜&浸かりですが、一年を通じて真面目にやるのはこの時期だけとあれば、モチベーションは上がり傾向です。

昨年に新調したパタゴニアのジャケットや高級ライトもやる気を引き立ててくれます。


現地に到着するとなかなかの盛況っぷり。

ただ、最盛期の半分も満たないほど。気にせず、仲間と落ち合ってからゆっくりエントリーです。

潮位は満潮からの下げ始め。勝手知ったるポイントですが、ナイトウェーディングですので、油断は絶対NG。


水位を見つつ、歩を進めると、第一の本命ポイントまで行けそうだった為、混みあう場所を一気にパスして突入することに。

地形柄、ミオ筋が割れる場所。複雑に入り込む流れを意識しつつ、本流めがけアップクロスでアプローチを試みます。

3vbxdsrz878ue7sk7fjd_480_480-450ec803.jpg

びっくり。一投目にて。

サイズこそ、50未満といったところでしたが、久々の浸かりで釣れれば嬉しいものです。

続く2投目もヒットしますが、今度はバレ。

二回に一回はヒットしてくる状態です。細かいですが。

a4rbscdjfss83nozutkc_480_480-ecc191b5.jpg

体表に傷のあった魚。逞しさを感じる一コマ。


下げの流れはまだ本格化していない状況。期待値は上がり調子です。


アップに投げてユルイ流れの中で強制的にU字を入れれば即バイトといった具合。

9uzkts4y5fffy37kid64_480_480-b57318af.jpg

やっと50クラス。

水の動きを身体で感じながら釣りをする。ウェーディングの最も楽しい要素の一つです。


ただ、好調子もつかの間。群れの通過が散発的なのか反応するタイミングが短く、しかも、間隔が長い。

このまま回遊を待つという手もあるのですが、先手必勝で移動することに。


水位を見ながらの移動中に立ち寄った場所でダウン気味にアプローチすると、流心辺りで重めのバイトが出ました。

何が沈んでいるか分かったものではないミオ筋。

場荒れ防止を含め、強引に寄せるのですが、なぜか普段は何も引っ掛からないような場所で魚の動きが止まりました。

魚は外れ、ルアーはロストと最低な展開です。


後でわかったことですが、昨年より流心が対岸に寄っていて、流心のブレイクのエッジに捨て網ががっちり埋まっておりました。

帰り際に干上がった捨て網からルアーを救出したのは言うまでもありません。


気を取り直し、リーダーを付けていると、ライトの明かりににょろにょろが寄ってきました。少ないながらもバチが出ているようです。

昨年に比べ、様子が変わったポイントに困惑しつつ、ミオ筋を見切ってサイズの出やすいオープンエリアへ。

fh9waaadoafi2cp76f26_480_480-ef9001d3.jpg

結果、これ一匹。2本ばらしましたが、感触的には同寸程度だったかと。


数値的には鳴かず飛ばずでしたが、それでも楽しいウェーディング。

ウェアの片づけには心底がっかりしますが・・・。


ともあれ、安全には最大限の注意を払い、楽しみたいところ。


Tackle
Rod:MJS872
Reel:EXSENCE
Line:#1

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!