プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:3
  • 昨日のアクセス:10
  • 総アクセス数:169115

QRコード

relaxation.

  • カテゴリー:日記/一般
1/19(Sun.)

8.1にバージョンアップしたところ、画像のアップロードができなくなりました。アップローダーを開くとフリーズ・・・

何とかしていただきたい。


土曜は毎度の釣り場で1バレのみの死亡。


日曜日は気分転換にと、予定していた通りライトジギングへ。

毎回毎回、修行のような釣りを繰り返していては、いつか本当に奇行種になってしまいそうですので。

昨年は単独で数回通った程度でしたが、今年はかねてより興味を示していたゲストを連れての釣行です。

風は北の爆風。本牧でも平均で11m/s超えの状況・・・。陸では釣りが成立する場所すら限られそうですが、湾内のオフショアなら問題なし。

魅力の一つでもあります。


横浜・新山下より、みなとみらいの朝焼けと富士山を眺めながらの出船です。



最初のポイントは陸っぱりでも馴染みの深い、河口部に面したエリア付近。指示棚はボトムから5mまでとのこと。

今時期、こんなところにいるのかと思ったのもつかの間。

乗合シーバス初挑戦のゲストRYOさんが一投でキャッチです。



バンジーメタルで一撃。さすが関係者。

とりあえず、釣ってもらって一安心。

こちらは・・・



小粒ながら一本目。

ボトム付近を中心に4、5回早巻き~フォールといった具合でやってみました。

以降、1時間ほどの間は快調に釣れ続きまして。



ボトムバンプさながらのリアクションめいた誘いに気持ちの良いアタリをくれましたが、血まみれ。ごめんなさい。

汲み上げ式の海水を利用して、血を固めてからリリース。


サイズは出ませんでしたが、数は相当数いた印象でした。

捕食していたベイトもバチだったり、カタクチだったり。コンディションの良い個体は両方口にしていたようです。

この釣り。個人的には、ユルイ・ヌルイ釣りだと思っていますが、得られる情報は意外と多いのも事実。

エリアごとの魚の濃淡や活性、ベイトなど・・・陸からだけでは決して得られない生きた情報はこれからの季節に向け大変参考になります。


場所は変わって川崎エリア。



コンディションの良かった個体。反面、痩せこけた個体も混ざります。


サイズは伸びませんが、魚数はそれなり。やはりボトム付近の反応だった模様です。

活性の具合からして、まだ20m以深で越冬体制でいるような印象でした。


中盤から後半にかけては、羽田エリアまで移動をかけるも、20m以浅のラインを1、2回流しては、移動の繰り返しに。

迷走(瞑想)タイムも乗合ならではのお楽しみでもあります。


最後は戻って横浜。

北風の抜けたみなとみらいのロケーションはステキです。



2か月後の接岸を願って。


どなたにでも、気軽に手軽に楽しめるライトジギングのシーバス。一方で、奥深さを感じる場面もあったりします。

キャッキャと騒ぎながらできるユルイ釣りですが、やったこともないうちに、つまるつまらないを語るのは野暮というものですから。


たまにはこんな息抜きも必要です。


Tackle
Rod:SRB63SL
Reel:ScorpionXT
Line:#0.8

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!