プロフィール

A

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:12
  • 昨日のアクセス:6
  • 総アクセス数:167766

QRコード

寒鱸

  • カテゴリー:日記/一般
12/28(Sat.)

先週は出張前に無理やり海へ向かうもカスリもせず、撃沈。

腹癒せにトラフグ(下関)買って帰還。


年末進行をどうにかこなして待望の週末です。

まずはフライング気味で深夜に南下するも色々あって即退散。


いつもの釣り場へ行こうかと考えましたが、ふと、ホームエリアが気になった為、ふらっと。

3か月以上放置です。自分に獲れる魚がいるのかどうかも分かりません。

何も考えず直感でポイントを選びます。


まずは潮流チェックから。抵抗の大きい物を敢えて選び、3方向に当てていきます。

どうやら普通に上げ進行。


素直にダウンメインで探り歩きます。

状況が全くわからないので、余計なことはせず、ボトムを取ったらゆっくりただ巻き。それだけです。

普段以上にレンジと流れに気を遣いつつ、じっくり探っていくと中層より若干下目でモゾっとしたアタリ。

yoipkxeykn85zb9oipk8_480_480-48134be2.jpg

50弱。この時期特有のバッドコンディション。ただ、反応してくれたことに対しては最大限の感謝です。

歩を進めて行くに連れ、人影が見えるようになってきた為、折り返してそれほど攻められていないであろうポイントへ向かうことに。


流れは弱いながらも働いていて、しかも風と同調傾向。悪くありません。

次第に増え始めるアタリ。ただ、恐ろしいくらいショート。口に針が残らないと言うよりは、口を使う前に見切られて反転されている感触です。

一発ミスしたら直ちに移動。次の魚を狙う。


バイトが多発するレンジはこの時期によく見られる高くもなく低くもない中途半端なレンジ。

ボトム着きには違いなさそうなので、必ずボトムには入れる。そこからどうやって食わせるか・・・分かれば苦労しません。


風に押されるラインのタルミを一定に保つように一回転一回転をできるだけ正確に刻むこと数十分。

ラインが張ったのを目視した瞬間ベリーまで入る重いアタリが。

大きいストロークでゆっくりあわせると、強めのドラグが少し滑ります。

首振りの強さと重さで良型疑惑浮上です。

慎重に浮かせると疑惑は確信へ。

こともあろうかMサイズのネットだった為、網入れに相当手こずりましたが何とか確保。

38cckpt35xy3yeavr5tm_480_480-baabf825.jpg

滅多に使わないメジャー登場。アゴ当て付で便利ですが滅多に出ません。

すぐにリリースしたかったのもあって、口開き気味になってしまいましたが、全長87。

kngxa6zvpegmt8usnijr_480_480-1f4ba7ae.jpg

自分でスレッドを巻き直した愛竿カーディフ。復帰戦で大金星。

もう今年は満足。生きて来年を迎えられれば良し。


というわけにはいきません。

この魚を寄せている最中にほぼ同寸の魚がしつこくストーキングしてきているのを見てしまっていますので。

エリアトラウトさながらのただ巻きオンリー。

風に押され撓むラインを凝視しつつ、リールのハンドルの感覚に神経を注ぎます。


ラインスラッグが変化したところでハンドルから違和感を感知。

ゆっくりあわせるとなかなかの暴れっぷりです。

3uhig7yt6c8hpns5efp8_480_480-d882d0f1.jpg

60弱といったところ。

決して綺麗とは言えない体表も、冷えきった過酷な環境を逞しく生き抜いていることを考えれば、灌漑深いものです。

続けざまに。同じ手口で。

こちらもなかなかの重量感。

wa44xf7246i34yfukajg_480_480-dc8ee865.jpg

二匹目の・・・とは当然いきませんでしたが、満足感のあった個体は76。


このあとも休むことなく投げ続けましたが、上げ半ばで反応は収束し、以降は極寒強風悶絶地獄へ。

釣り納めとなるかもしれない翌日のことを考えて昼過ぎで退散。


駆け込みになりましたが、今年もなんとか日中の釣りでランカーサイズを確保できました。

仮に夜に釣っても大喜びは違わないのですが、やはり陽のある時間に獲ることが至上なのであります。個人的には。


Tackle
Rod:CARDIFF
Reel:STELLA
Line:#1.2
 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!