プロフィール

BlueBlue

千葉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:60
  • 昨日のアクセス:820
  • 総アクセス数:3991684

イナダ爆裂

秋シーズンに間に合うよう現在開発テストを行っているシーライド180g。



今回は南房総の白浜にてフィールドテスト。





スタートからイナダサイズの活性は上々。





ただ、結構うねりがあって半分酔っていたというのはココだけの話し。





ジグに小さな力を入れてやるだけでとジグ自身の自重と浮力でフワッと動きだす。










竿の調子、パワーに合わせて入力の強さを調整することが、スライド幅とアクションを決める最大のコツ。






ジグを動かすのは力があればいいってもんじゃないんです。
(+動けばいいってもんでもないんです。)











後に写るオジサンが数少ないサンプルを瞬時に千葉県へ奉納したこともココだけの話し。







ディープ咥えが魚の活性とジグとのマッチングを表しているかのようなバイト。






ただ、ドンドンと食いが立ってくるとシーライドの出番はおしまいなのである。






シーライドを大きくダート&スライドさせて釣る方法はあくまでも魚にスイッチが入っていないときにスイッチを入れるきっかけとして使ってみていただきたい。(真の狙いは潮が止まり沈黙を続ける船の中で一人勝ちをする事が狙いであったりもする。。。)





潮がしっかりと流れていて魚のスイッチが入ったのならば、攻め方を変えてみるのもアリかと思われる。





イナダ以外の魚を釣りたくなったというのが本音であったりもする。






そこで、シーライド60gを逆付けにしてロングフォールで誘っていく。






一度ボトムを取ってからの大きな誘い上げ→そしてフリーで落とした所で  



ドスっ。。。











フリーフォールで弛んだラインの変化に注意し片っ端から当たりをとっていく。




ドスっ。。。










むしろシルエットを小さくしたせいなのか、前以上にイナダが好んでバイト。。。。




見事に ド、ハマリ。。。。





上に上げるとイナダが喰う展開なので、ボトムから3メートルまでをしつこく攻めるとシーライドは様々な魚を引っ張ってくる。





子ダイキャッチ&リリース もっと大きくなって返って来い







次は




ぬ~ん。





という微妙な引っ張りでコイツ。






ヤ~ガラ~



ヤガラを釣ると良くフッキングしたもんだなととつくづく思う。




イナダは殆どをリリース。






家族で食べられる分だけを美味しく頂きました。





ジギングに挑戦してみたい!


と、いう方にはもってこいのシーズンとなりました。
始めるならば今がチャンスですよ!



コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!