プロフィール

kiyo

大分県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/3 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:3
  • 昨日のアクセス:14
  • 総アクセス数:250264

QRコード

"夏の凄腕"  エントリーのしかた。

凄腕等にエントリーする場合、どうしても計測や写真撮影をしなければいけなくなる。

夏などは、モタモタしていると魚を弱らせる

魚を大切にしようと言ってはいるが、この行為はどうなんだ?

そんな疑問を持たれる人も少なくないと思います。

そんな私も、J.G.F.A.に所属していて"日本記録申請"での行為で魚を弱らせダメにしたというパターンには、何度となく遭遇して疑問を持った覚えがあります。

釣り人として釣りをしている限り、記録魚を釣った場合、人に見せたい。

自慢したい。

大会やトーナメントや記録申請にエントリーしたい。


そういう気持ちを持つ事は、普通だと思うしおかしくも何とも無いと思っています。

それでは、その度に弱らせて、食いもしない魚を殺して良いのか?

いや。 そうは思わない。

そこは人間なんだから、持ち帰らない魚の場合、どう弱らせずにエントリー出来るかを考えれば良いと。

それを出来るのが人間なんじゃ無いかと思っている。

何もかも、リスクが有るから。 おかしいから。 と言って何も考えずに否定してしまう事は無いんじゃ無いかなと。

J.G.F.A.の"10ポンドSeaBassクラブ"という10ポンド=約4.5kgのSeaBass(マル・ヒラのみ)を釣った場合、I.G.F.A.ルールに則って申請すれば、認定証を発行してくれるというものがある。

それが始まった当時、10LBを釣ったら全て捕獲されて申請になることが多く、会員内で大量虐殺になるので、止めようとうい話も出ました。

しかし、自分達のチームでは、どうにかリリース前提で検量・検寸・撮影をしてのエントリーが出来ないかと試行錯誤。

因みに、J.G.F.Aでの申請では、

・検量証明が出来る量りで重さを量りその数値を一緒に撮影

・メジャーで叉長を記録し

・タックルと魚を持った姿と撮影した写真と、申請書を添えて提出するというシステムでエントリーされる。

尚、世界記録や日本記録を申請する場合は、釣った時のラインシステムを数十メートル一緒に送る事になっている。

まぁそんな事をしなければならないので、当然モタモタしていると魚は確実に弱る訳です。

さて、どうすれば良いのか?

タックルベストに、fimoのメジャーとキーアイテムとデジカメを持ち歩くことは必須。

その上で、自分は特製のストリンガーを持ち歩いてます。

2zy7w66hgc8x8bf4izvf_480_480-89812668.jpg

このストリンガーは、10数メートルくらいのコード(紐)の先にストリンガーのフックを1個。

ストリンガーのフックは、必要以上に大きくなく軽い物。

但し、プラスティック製のストリンガーは、何故か外れたりすることが有るので私は使いません。

ランディングした直後に、まずこれで繋いで水に戻します。

この行為は、釣り上げた後の蘇生にも繋がります。

その後、メジャーを用意し規定の方法で写真撮影・採寸できる様に準備。

準備が出来たら、繋いであるストリンガーを手繰り寄せて、エントリーの写真を撮ります。

この方法だと、ほぼ弱りません。

因みに、写真撮影用に複数のストリンガーに束になるくらい繋いでおいて釣果写真を撮る方がおられますが、これはNGです。

はやり、ストリンガーと言えど魚には確実にストレスが掛かります。

撮影をするなら、一本一本その時々で撮影してリリースする方が望ましいです。

この方法は、魚をデッドフィッシュにしないで、トーナメント等にエントリーする為に行う方法で
それ以外でしたら、写真を撮ってチャッチャと逃がす事をお勧めします。

それと、もう一つ重要なことがあります。

フッキングしてからランディングまでのやり取りの時間。

この時期、80UPで5分以上も掛けると、大きさに比例してリリースが難しくなります。

リリース出来たと思っても、死んで沈んでしまう事が多いです。

夏の場合は特に。 しかも、リバーシーバスなら尚更。

淡水域に入ってきているシーバスは、海水域に居るシーバスより弱るのは早いです。

どんなに掛けてもフッキング後のやり取りは、長くても1分半を目処にする事が大事。

多分、ちゃんと口にフッキングしててのやり取りでしたら、1分も掛からないと思います。
※やり取りしている本人は、エライ時間が掛かったと思っていても、実際は1分以内で取り込んでいることが多いと思います。

シーバスは、そんなに極端に引く魚ではありません。

但し、口以外に掛かった場合は、鬼のように引きますけど・・・・・・

これは、どうしようも無いですね。 背掛かりした70㎝のシーバスを釣った時は、アカメかと思うくらい引きました。

この時は、5分くらい掛かったかな。

取り込み後、直ぐ蘇生を試みたのですが、お腹を上にして死にました。

掛けたら、ゴリ巻で寄せるという事では無いのですが、きちっとしたロッドワークで短時間で寄せる。

このスキルは、持って欲しいです。

やり取りをキチッとすると言う事は

・間違いの無いラインシステムを作れるスキル。

・適正なリールのドラグ調整。

・走る魚に対してのロッドさばき。


最低でもこれは必要です。

ロッドさばきに関しては、ある程度場数と経験が必要ですが、それ以外は、釣りを経験しなくても練習で修得できます。

魚を大事にしたいと思って参加したいのであれば、最低限ここまでのスキルは必要だと思います。

それと、こういう事を含めて楽しむのが"Game Fishing"という意味では無いかとも思います。

さて、ストリンガー方式だと、コンクリートの堤防の上だったらどうなの?という話にもなります。

その都度、高い堤防の上からアゴに掛けたストリンガーで吊っての上げ下ろしはいかがなものかと。

そういうシチュエーションでの試行錯誤は、自分自身した事が無いので、詳しいことは言えませんが・・・・・

1つ、知り合いがやっている方法があります。

スポンジの様なクッションに海水をジャブジャブに掛けて、焼けたコンクリートの上に直接置かない方法を取っている様です。

因みに高い所から魚をリリースする際は

頭から突き刺さる様に落とすか、ランディングネットに入れてそっと海水へ返すかしています。

お腹からドカンと落とすのは、人間の飛び込みの腹打ちと同じだからダメですよ。

最期に。

トーナメントに参加すると言う事は、Game Fishingを楽しむと言う事だと思っています。

Game Fishingを楽しむと言う事は、その日のポイント選択からエントリーまでのスキルを持たなければ。持てるよう努力して行かなければダメだと思います。

デッドフィッシュのエントリーがNGというルールなのだから、そうしない様に試行錯誤してリリース出来るエントリーまでのベストなスキルを身につける事が大事かと思います。

但し、スキルの無い奴は、この釣りをするな!とかトーナメントに参加する資格がねぇ!と言ってるのでは無いですからね。

そこの所を極端にとらないでほしいです。



もう一つ。

エントリーは、難しく無いです。 なんでもかんでも"そうじゃなきゃいけない"って話でも無いです。

友達と2人で釣行すれば良いのよ。

1人が掛けてやり取りしている間に、友達がエントリーの準備をして上げれば良いだけ。

そういう風に、お互いがサポートし合えば、ムダに魚を弱らせることは無いです。

但し、フックアップからランディングまでのスムーズなやり取りは、当人のスキルに依存しますので、腕を磨きましょう

コメントを見る



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ