プロフィール

kiyo

大分県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/3 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:16
  • 昨日のアクセス:24
  • 総アクセス数:303989

QRコード

生態調査 続報  ~Part2~

調査

tetoさんが釣ったスズキにデータロガーを取り付けて約1週間経った。


装着したロガーが自然にスズキから脱落し浮上したロガーが漂流するタイミングである。

生憎、土曜日未明から大雨。

日曜日気になって宮田氏に連絡を取るとロガーを追跡調査中とのこと。

因みに外れたロガーは、電波を発信して自身の位置を知らせる様になっているらしい。

しかし、横方向では5km圏内で障害物が無ければ電波が届くらしい。

で、探すには高ければ高い場所からの方が電波を拾えるとの事。

午前中は、農林水産研究指導センターの方と別府のサービスエリアから別府湾を探索。

東方向で信号を拾えたようだ。

しかし、大野川河口も明野の高台からも信号は拾えず・・・・

午後から自分がセンターの人とバトンタッチで探索のお手伝い。

再度、サービスエリアからは信号が拾える。

今の所、2本(2匹)ロガーを装着しているのだが、標高357mからは信号がどちらからも拾える。

大分市街地(別府湾をはさんで)の対岸である日出・杵築から信号を探す。

外れているであろうロガーの信号は拾えなかったが、大野川方向でまだ装着されているであろうロガーの信号は拾えた。

電波の強弱とコンパスで信号の強い方向を記録する。

地図で方向を割り出す。

受信したそれぞれの位置から、発信方向に直線を引くことで発信器の大方の位置を割り出す。

どうも外れたロガーは、東の方向で佐賀関方面にある感じ。

対岸から大きく戻り、大在方面へ戻る。

大在の高い場所から探索。

何カ所かまわるも信号が拾えない。

高いビルに上って探索して、やっと信号を拾う。 やはり佐賀関方向。

愛媛街道を東に走りながら、高台から探すも高さが足りないのか信号は拾えない。

福水漁港でもNG

最期に濃霧でガードレールも無く外灯も無い山道を死ぬ想いで走りながら関崎にある海星館へ。

ここで、やっと信号を拾う。 しかも強い信号。

しかし、雨の中使い続けていた機器に異常が発生。

大事を取ってここで調査終了にした。

21時頃帰宅。

しかし、半日で大野川から流れ出たものが佐賀関沖まで流れるのね。

で、本日(翌日) 午前中に漁船(漁師さんの協力の下)から探索して

データロガー回収完了との連絡が来た。

データの解析結果は、まだわからないがわかり次第報告します。

さて、もう一匹は今までの感じでは大野川に居る様です。

しかし、このデータロガーを回収しないと完結しない生態調査。

大変です。

まだまだ調査は続く。(o^^o)

コメントを見る

登録ライター



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!