プロフィール

RYO

その他アジア

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/9 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:6
  • 昨日のアクセス:43
  • 総アクセス数:124794

QRコード

パプアンバス釣行inボルネオ島

  • カテゴリー:釣行記
  • (怪魚)
2019年5月、AQUAフィッシングツアーにてマレーシア領土のボルネオ島へ、日本では初公開場所へ出掛けて来ました。

狙いは、淡水世界最強魚と称されるモンスターフィッシュのパプアンバス(パプアンブラックバス)
20kg近くまで成長するパプアンバスは、淡水魚の中では間違いなく最強の怪魚です。

未だに釣り方や生態も詳しく解明されておらず、近年では稀な釣りとなり、個体数自体も少なく、情報の少ない釣りとなります。



上記の動画は、その時の様子を簡単にまとめた内容となります。
まずは、雰囲気を御楽しみ下さいませ。
上記の10分間の映像は是非とも、全ての釣り人に見て頂きたい壮大な内容となります。

AQUAフィッシングツアー
詳細ページは、こちらから

残念ながら最初の挑戦は、出発の前から天候悪化な日が続いた状態で、目的の川は濁りがきつくて釣りにならない状況でした。
更に、初日からガイドRYOのタックル紛失事件に巻き込まれてしまい、4日間の釣り日程の内、残り3日半をスペアタックルで挑むという最悪な状態に終わったのでした,,,
結果としては、不完全燃焼となってしまいました。

4h99b3idbgzjk8woymun_480_480-8b9775be.jpg

bbpsudb4tzxvrg8mxxu4_480_480-73f21f8a.jpg

2c7u2frxndvcvzfpda6a_480_480-7c743bac.jpg

ボルネオ島とは、ブルネイ、マレーシア、インドネシアの三ヶ国を
跨ぐ大きな島となります。
パプアンバスは、通常はパプアニューギニアで狙うのが一般的でしたが、近年ではマレーシア領土のボルネオ島、更にはインドネシア領土のカリマンタン島でも、パプアンバスを狙う事が可能になりました。

AQUAで新規開拓してきたマレーシア領土のボルネオ島の水域は、まだまだ日本には知られていないエリアとなり、他の国や地域のエリアとは違い、一般的にはシャローの釣りが多いパプアンバスの釣り場ですが、ディープエリアが多く、一般的なパプアンバスとは狙い方が異なる特殊な釣り場となります。
また、純淡水域と海水域が入り混じる広大な河川となるため、潮の満ち引きによって、活性が変わるので、タイミングに合わせて釣りエリアを変更しながら、釣りをすることになります。

2enrw3abje3rmvkjm8kh_480_480-9550a950.jpg

この釣り場のパプアンバスの平均サイズは5kg前後ですが、
5kgとは思えない強烈なバイトです。
最大では、10kg〜20kgが狙える貴重な釣り場で、
パプアンバスの他にも、嬉しい外道?としては、
10kgドラグ設定のベイトリールからラインを滑り出すメータークラスのバラマンディやGT、マングローブジャック、グルーパー、
バラクーダ、クイーンフィッシュなどもターゲットフィッシュなので、色々な釣りが楽しめます。

淡水世界最強魚。パプアンバス。
どれだけ強いのか??
いまいちイメージが湧かないかもしれませんが、
私の感覚や同行者を目の当たりにした感想としては、

・とにかく個体数が少ない
・忘れた頃に来る、一日数回の貴重なバイト。
・岸際ギリギリの正確なアキュラシーキャストが必要。
・一瞬で引ったくるような強烈バイト。
・バイトの瞬間にロッドを立てられなければ、一瞬で伸されて終了。
・潜られるか、切られるか、フックがのバレるか。
・ロッドやリールの破損。
・フッキングやバイトと同時にボートから投げ出される。

4g4bw5c3epoxn399wvcx_480_480-14771319.jpg

ボルネオ島は、釣りのシーズン的や雨季やラマダン等の関係、
そして世界中から釣り人が訪れます。
しかし、年間を通して宿泊ロッジの制限や釣り人を受け入れられる人数が決まっており、一般人が無許可で入る事が出来ない特殊な釣り場なので、このリアルジャングルクルーズの広大な釣り場で釣りをするだけでも一見の価値がある釣り場となります。

今回は、日本から3名のゲスト様を迎えてのツアーを開催させて頂き、まずはマレーシアはクアラルンプール国際空港にて合流となりました。

8h44656s8ejgo8d9rkax_480_480-d89176fd.jpg

78tffbeiumnicyjdggvi_480_480-6e0341eb.jpg

空港で合流後は、当日は空港近くの市内に一泊して、翌日のボルネオ島のフライトに備えることになりました。

93sap3hrk2cvpeafgovo_480_480-789ce7b9.jpg

mf5rbmgv564vd4bwcmjg_480_480-0545090e.jpg
マレーシアでは定番のチェーン店の飲食店へ立ち寄りました。
多国籍文化の国なので、チャイニーズフード等もあります。

ad8dv45zdw9djywi75mh_480_480-78004d0c.jpg

vv72ix2yscssu44fyehk_480_480-267a79bf.jpg


夕食では、マレーシアのローカルフードをご堪能いただきました。 
辛味のあるスパイシーな料理が多いので、好みが分かれるところ!?

fm23nrh47vmgrfofp8o2_480_480-e57cee08.jpg

とりあえず寝るだけという感じのホテルですが、翌日の早朝便に備えて、フライトの疲れを回復させることに。

9hvzppmpri682vtpuohj_480_480-ab1a58e8.jpg

そして翌朝は、軽く朝食を食べて、いよいよボルネオ島へのフライトとなります。

akhrg9afxvr3358tfpj8_480_480-5f71315a.jpg

ボルネオ島の上空です。
至る所にパームツリーやマングローブジャングルを縫うような河川が入り組んでいます。
気持ちが高まる瞬間ですね。

22niiyrmx96tvye6f4p8_480_480-d88149b0.jpg

この時から川が濁っていることが気になっていたのですが、まさか最悪な結果になるとは,,,,

ボルネオ島に無事に上陸です。
ガイドも含めて総勢5名分の大荷物です。

w2chjmiggcg72pe3tc2a_480_480-88eca339.jpg

ege6fh4r9jeg5xifruem_480_480-2c91bc8f.jpg

ここから陸路にて、4〜5時間のロングドライブとなります。

rbjwfobkdam6ghfeczd7_480_480-0ee81cfb.jpg

weiyj35fhuxh3pzc8xme_480_480-91972cb8.jpg

タイガービールで旅の疲れを癒します。

35um42gs3me8z9vg4pv3_480_480-2a2c9a4e.jpg

途中、休憩や昼食を挟んでの、ようやく釣り場近くの宿泊施設に到着です。

ここまでの道のりまで、約2日間。
釣り人が少ない釣り場ということもあり、アクセスが悪く、
近いようで遠い秘境釣行はいよいよ翌日から開始です。

btwicahp9cb82buypnj2_480_480-98637896.jpg

快適なエアコン完備の宿泊施設が、今日から4日間の釣りでの宿となります。
jn3xx8edfwrr6uf4amv2_480_480-b3619694.jpg

大量のドリンクやお水もご準備させて頂きます。

rc98f44vomirxpwwe3hn_480_480-e554ead5.jpg

明日からの毎日の食事を用意してくれるキッチン。
現地の世話役スタッフが美味しい料理をおもてなしてくれます。

8ic9zxjyyb4wurh6msm6_480_480-ab57ffea.jpg

ycjzdis4gbv2migennu4_480_480-b21ebf73.jpg

dgfzrmsvkbx9co7sc5w8_480_480-4e7bfc90.jpg
夕食は、ガイドやお世話役のスタッフが様々な料理でおもてなしをしてくれます。
シンプルですが、日本人の口にも合う味付けとなっております。



いよいよ実釣1日目。
予想通りに、川は激濁り状態,,,

ワニが生息する地域なので、冷や冷やする場面も,,,,

5x5pmsz79fdau6xef62b_480_480-69086090.jpg

pp29c8sbssy4r4w74bj8_480_480-ee97ac99.jpg

さらには、象も生息する地域です。
まさに秘境と呼ぶに相応しいす環境で、完全に自然に人間が入らせてもらうという環境。
現地ガイドのおかげで、ここでの釣りが許されているのです。

9j7adweef4xs5a4wfyad_480_480-762975df.jpg

73j8t2foijzyjfmrioyg_480_480-191c0fe3.jpg

さぁ、出船です。
一番、テンションの上がるタイミングですね。n86yr4j9e5dbakz9bmxm_480_480-4291270c.jpg

fs9ej2s8ktdk3mfpiobt_480_480-234817dd.jpg

ガイドRYOのサポートメーカーでもある、フィッシュマン BC4シリーズ。
嬉しいことにゲスト様全員がフィッシュマン ユーザー様。

w53ohoj4c6b8ongttiha_480_480-63f225f6.jpg

これだけ同じロッドが揃うと正に圧巻ですね!!

cmwz7k7ztefrb8jv9vu7_480_480-53ccb1cc.jpg

タックルに関しては、とにかくヘビーなタックルが必要で、5〜6フィート前後のショートロッドが扱いやすく、
ベイトリールはドラグパワー10kg前後で、PEライン5号〜6号にナイロンリーダー100lb〜140lbの
セッティングが基本となります。

uoer3gudj5dnx2va4n7c_480_480-ee138541.jpg

トレブルフック、リングも強化する必要があり、GTを釣るイメージのセッティングが必要となります。
ルアーの接続は、スナップは弱すぎるので、スプリットリング接続が基本となり、
スイベルとスプリットリングが必須となります。

hpbg5kzz2onfyvfa2imf_480_480-f679adaa.jpg

ご覧の通り、完璧な強化システムでも簡単に負荷の掛かる弱い部分が伸ばされます。

bmprwvshepvu7s4zxuw8_480_480-f998bdaa.jpg

中途半端な強化システムでは、パプアンバスのパワーをねじ伏せる事は不可能、、、、
完璧な強化システムが必要です。

その他のタックルですが、基本的には、ディープクランクベイト、ディープダイバーミノーが定番となります。

38mht39z496hk9nsfcjz_480_480-7d82a4a3.jpg

58t94nu5e38bbd9mgc5s_480_480-a556975a.jpg

4m5g5zj77n7sb6ripf9r_480_480-7301f0f5.jpg

73d6xds9h83cev63gifj_480_480-2cd76c60.jpg

h9inhkys2hndtjjvx4u2_480_480-6b807728.jpg

229pp3o6w5h4igjuvjmw_480_480-2c66c690.jpg

その他にもトップウォーター、ジャークベイトやスピナーベイト等も有効で様々なルアーで釣れるのも楽しみの一つですね。


・ガイドRYOの参考タックル

ロッド/フィッシュマン/BC4 5.10XH
ロッド/ フィッシュマン/BC4 5.10MXH
リール/オクマKOMODO SS
リール/アブガルシア/ビッグシューター
PEライン/5号〜6号
ナイロンリーダー/100lb〜140lb
トレブルフック/オーナーST-66、STX-58
スプリットリング/ウルトラワイヤー



今年最初の5月に訪れた際は、冒頭にも触れたように、ボルネオ島に到着する前から一週間程の大雨が降り続いていた事もあり、
川の水質は最悪なコンディション、、、、
そして、初日の午前中に全てのタックルを紛失するというトラブルに巻き込まれてしまい、
RYO個人的には1タックル/1ルアー/予備リーダー無しという、最悪な状態で残りの日程3日半を過ごす事となり、
満足に調査する事が出来なかったという結果となりました。

bghy9tproxif6whwr6ag_480_480-babd8edc.jpg

最悪なコンディションの中で、1タックルという制限の中でしたが、何とか小型ながら貴重なパプアンバスをキャッチすることに成功しました。

バラしやバイトのみは、数回得る事は出来ましたが、濁りの影響なのか水温低下なのか、ショートバイト多発で大型サイズや数は、キャッチ出来なかったですが、限られた状況でキモとなるパターンや習性は少し見えたので、次回の7月が楽しみです。

grdsvnr8wvvpkgnziy7x_480_480-46f0bd3c.jpg

バラクーダ、GT、バラマンディ、ターポン、グルーパーなどもキャッチする事は出来ましたが、
パプアンバス以外の魚の反応も非常に薄くて、苦戦を強いられた4日間となりました。

ucdbfn9zn62yamnxz6oi_480_480-ce8b7b96.jpg

yft8c9xiay7djskhjwuz_480_480-e0181e83.jpg


お昼ご飯は、湖上のボートにて、日陰でランチボックスを頂きます。
毎日、違う味の手作りランチをご提供させて頂いております。

cj98eh2tw7fwi32jd4sr_480_480-1c336776.jpg




最近では、この釣行の翌月6月は水質も回復しており、嬉しい現地釣果の報告もあります。

di3kr25huvh7abnpgwhs_480_480-ae46c052.jpg

hrvzmpjf8zx8o4gp5kzj_480_480-34479ee7.jpg

m6sc5xwzdykcdynnvkpv_480_480-40b1bef5.jpg

5c9p6gi76apmjmpu2j5n_480_480-98efd291.jpg

wwi5ricghfwyeh6mxt36_480_480-8a5b139b.jpg

7rztwe6gwkjfr6kbkns5_480_480-013a63d7.jpg

2z4ki8jzg3so5bn7eew7_480_480-1baf8568.jpg

皆様の世界最強の淡水魚、パプアンバスに挑戦してみませんか?
皆様のご参加をお待ちしております。

今年も7月と8月にもツアーを組んでいますので、追って詳細をご報告させて頂きます。

AQUAフィッシングツアー
詳細ページは、こちらから

2020年のツアーも既に以下の日程で決定しております。

ベストな潮のタイミングと雨季を避けた日程となります。
※ 毎年、1年前くらいから宿泊ロッジやご予約が埋まってしまいます。
ご希望の際は、お早めにご連絡下さいませ。

2020年9月20日〜27日(実釣4日)/募集4名/48万円前後
2020年8月9日〜16日(実釣4日)募集4名/48万円前後
2020年7月12日〜19日(実釣4日)募集4名/48万円前後

お気軽にご連絡くださいませ!!

4mjp7d2dnzrwuu8nvjha_480_480-8e4bd89d.jpg

cda8u5csmz6xsdzi3b5z_480_480-f26bc4b5.jpg



 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!