プロフィール

fimo本部

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/9 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

アーカイブ

2018年 8月 (14)

2018年 7月 (8)

2018年 6月 (9)

2018年 5月 (9)

2018年 4月 (6)

2018年 3月 (10)

2018年 2月 (9)

2018年 1月 (11)

2017年12月 (15)

2017年11月 (7)

2017年10月 (10)

2017年 9月 (15)

2017年 8月 (4)

2017年 7月 (3)

2017年 6月 (7)

2017年 5月 (10)

2017年 4月 (9)

2017年 3月 (10)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (4)

2016年12月 (9)

2016年11月 (7)

2016年10月 (37)

2016年 9月 (38)

2016年 8月 (31)

2016年 7月 (33)

2016年 6月 (34)

2016年 5月 (35)

2016年 4月 (33)

2016年 3月 (38)

2016年 2月 (30)

2016年 1月 (28)

2015年12月 (42)

2015年11月 (37)

2015年10月 (41)

2015年 9月 (36)

2015年 8月 (40)

2015年 7月 (47)

2015年 6月 (50)

2015年 5月 (46)

2015年 4月 (41)

2015年 3月 (34)

2015年 2月 (30)

2015年 1月 (31)

2014年12月 (35)

2014年11月 (39)

2014年10月 (41)

2014年 9月 (39)

2014年 8月 (36)

2014年 7月 (31)

2014年 6月 (38)

2014年 5月 (28)

2014年 4月 (33)

2014年 3月 (34)

2014年 2月 (31)

2014年 1月 (23)

2013年12月 (45)

2013年11月 (37)

2013年10月 (51)

2013年 9月 (48)

2013年 8月 (54)

2013年 7月 (36)

2013年 6月 (43)

2013年 5月 (42)

2013年 4月 (61)

2013年 3月 (55)

2013年 2月 (79)

2013年 1月 (57)

2012年12月 (65)

2012年11月 (51)

2012年10月 (73)

2012年 9月 (59)

2012年 8月 (90)

2012年 7月 (57)

2012年 6月 (54)

2012年 5月 (45)

2012年 4月 (54)

2012年 3月 (73)

2012年 2月 (65)

2012年 1月 (57)

2011年12月 (48)

2011年11月 (46)

2011年10月 (52)

2011年 9月 (54)

2011年 8月 (53)

2011年 7月 (72)

2011年 6月 (51)

2011年 5月 (68)

2011年 4月 (59)

2011年 3月 (40)

2011年 2月 (53)

2011年 1月 (16)

2010年12月 (7)

2010年11月 (10)

2010年10月 (3)

2010年 9月 (6)

2010年 8月 (5)

2010年 7月 (19)

2010年 6月 (18)

2010年 5月 (1)

2000年 1月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:36
  • 昨日のアクセス:393
  • 総アクセス数:4819790

検索

:

ROCKSHORE CHALLENGE - vol.7 竿が立たない! -

ROCKSHORE CHALLENGE - vol.1 調べる -
ROCKSHORE CHALLENGE - vol.2 調べる(続き) -
ROCKSHORE CHALLENGE - vol.3 揃える -
ROCKSHORE CHALLENGE - vol.4 チャレンジ1回目前編 -
ROCKSHORE CHALLENGE - vol.5 チャレンジ1回目後編 -
ROCKSHORE CHALLENGE - vol.6 遠征ノウハウ -

 

ご無沙汰してたロックショアチャレンジ。今年は年明けからロケなどが多く、春マサシーズンもろくに出来ず、今に至ってる。


ただ、その中でも6月の2日間だけ、チャレンジする事が出来たので書き留めたいと思います。





┃2番目に大きな島

沖縄本島に次いで2番目に大きい島、佐渡島。私のイメージと言えば金山、朱鷺、流刑地ぐらい。
 

時期的には申し分のない春マサシーズンとの事で、期待を持って新幹線に乗り、新潟から最終便のフェリーに乗り込んだ。
 

もちろん、旅のお供は忘れてはいけない。
 




 
┃持つべきものは...

こんな青物素人がいきなり佐渡の磯で独りで?な訳ない。もちろん、心強い師匠がいるんです。
 



佐渡島在住の池田延夫師匠(ノブさん)

ご存知の方もいられるかと思いますが、アピア、ブルーブルーのサポートを受けて活動している釣り人でもあり、友人でもあり、何より私の青物師匠です。


アピア公式HP

https://www.apiajapan.com/about/ambassador/

ブルーブルー公式HP
https://www.bluebluefishing.com/member/


新潟港から約2時間ほどで佐渡島に着く。迎えに来てくれたノブさんの顔を見ると、もはや何人か分からないぐらい日焼けしすぎて、突っ込んでいられない始末(笑)そりゃそうだ。ほぼ毎日釣りに行ってるぐらいだもん(笑)


車内でお互いの近況報告や最近の釣果など聞きながら、明日の飲み物や食べ物を買ってノブさん家にお邪魔した。



プライベート空間なので写真は撮ってないが、釣り道具が散々していて、いかにも釣り人の部屋!となってた(笑)


居心地は言うまでもなく、2人の他愛もない会話がいかに楽しかったか帰ってきて痛感する。



"生まれも育ちも歳もまったく違う人が、たった一つの同じ趣味で繋がって、こうして時間を共有できる事がいかに凄い事なのか"


明日は朝マズメから釣行開始なので、すぐに就寝となった。



 
┃DAY 1 - 独りギャフ使いを見た

暗い内に出発して、朝マズメに磯に立つ。やっぱりいい。全ての事を忘れて集中できる。
 

 
集中しすぎて写真を撮るのを忘れてた(笑)
凪でコンディションは良くはなかったが、師匠はガチペンのシングルフックチューンでゲット(笑)

 

しかも足下までチェイスしてきて、垂らし数十センチでヒット!
すぐにベールを戻してやり取りする姿はさすがの一言。


しかし、独りギャフでゲットしてる人は初めて見た(笑)

 

私?初日は写真係に徹しました(笑)
 




┃DAY 2 - 竿が立たない!

最終日は朝まずめから沖磯に渡ることに。と言っても港から数分の磯。


まだ日の出にならない薄暗いタイミングからスタート。最初に選んだ立ち位置は陸側の比較的浅いエリア。


もう一人の師匠、ジェネラル大澤さん曰く「夜の内にシャローに入っているヒラマサがいるから、ベイトが抜ける朝まずめはワンドとかチャンスだよ」を憶えていた。


まずはヒットした時のランディング場所を把握して、立ち位置が少し尖った岩の上で悪かったが、ここしか無いので決定。

 

ルアーはシマノの別注平政160F。これ、ほんと使いやすいのでオススメです。
※写真は以前撮ったものです。


うっすら明るくなり始めて、ダイペンの動きをチェックしてた4投目にドスンッと重量感があるアタリが!



慌てない。

向こうが走るまで合わせない。

竿合わせもしない。

イメージしてた通りに走ってドラグが鳴る。ここで巻いてリール合わせ。

乗った。完全に乗った。



とうとう自分にも
ヒットーーー!!!
この感触。待ちに待ったこの瞬間。この一瞬の為にいろいろ犠牲にしてきた。


フッキングを確認して竿を立てて巻こうとした時、



た、立たない!竿がた、立たない!力入れても全然立たない。

正確言うと突っ込みが凄すぎて立たす事が出来ない。



ノブさんも「竿立たせて!」と叫んでいるが、無理なの~


後はご想像通り。根に入られてラインブレ○○...



時が止まるってこういう時なのね。無言のままラインチェックしてたと思う。


ノブ:「切れた?でかかったでしょ?」

俺:「全然立たなかった。PEから切れてた。」

俺:「分かんないけど、すげー引いて落ちるかと思った」

ノブ:「笑笑笑。あの引きはヒラマサだよ」 



初めてのヒラマサらしき引き。とてつもない引きだった。これは中毒になるわ。


明るくなって、ブレイクした場所を確認すると、ビックフットの頭みたいに先が尖った沈み根が点在してた(笑)


魚には申し訳なかったが、こればっかしはどうする事も出来なかった。





犠牲があって磯に立てる

その後は二人とも数回チェイスはあったが釣る事は出来ず、私のチャレンジは終えた。


釣りたかったのが本音だが、磯に立って、笑いながら、海を見ながら、一緒に飯食べて、気の合う友人と時間を共有できる事がいかに幸せだったか。いろいろな犠牲があって磯に立てる事を肝に銘じて、また秋にチャンレジしたいと思います。


帰京後すぐにこれを買ったのは言うまでもない。
 




今までで一番の船宿

翌日からアピアさんのロケで、3日間お世話になった船宿の「はやし荘」さん。今までいろいろな離島で宿泊したが、ここが一番だった。


まずご夫婦の人柄。
ご主人の林さんとノブさんは以前からの知り合いで元板前さん。
見た目はこんな強面だが、非常に穏やかな話し方で真逆な方。奥様もとても明るくて、人当たりがやさしいお母さんです。

 

次に料理。
元板前さんだけあって、盛り付けから品があって味も申し分のない。箸袋も一つ一つ絵柄が違っておもてなし感がある。

 
 
ご主人も釣りをなさるので、渡船も受けてくださいます。
もし、佐渡へ釣りに行かれる方がいたら、オススメする船宿ですので、ご参考ください。たしか7500円/泊だったかな。
共同の冷蔵庫には無料の冷えた麦茶が常備してますよ。


はやし荘

https://www.visitsado.com/spot/detail0260/
 


 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!