プロフィール

西村 均

新潟県

プロフィール詳細

md6ekoo55njguh8fffnw_480_92-c61e8dc7.jpgbtf75gh6ehovzgm2g96u-e78e38a9.giffxbws4pocggwbjh6889g_480_139-e4963cf7.jpg毒男釣りスレ画像うpろだ
カルカッタXTドレスアップ

カレンダー

<< 2019/10 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:211
  • 昨日のアクセス:703
  • 総アクセス数:2639089

QRコード

【Fishman】濁流ランカーを制する!強竿ブリスト75H+ビックベイトの相性は最高!【来季発売かもシリーズ】



来季発売するかもシリーズブログ、 
前回ので終了だと言ったな! 
あれは嘘だw


いや、大事な一本がまだ残ってたわー。

それの紹介が終わるまでは、
まだ終わらんw





で、夏の終わり頃、
朝方にすげー土砂降りが訪れた。
都市排水はガンガンと濁流を吐き出し、
暴れ川の様相だ。

お盆過ぎから降り続いた雨で、
川は潤って鮎も元気ではあるが、
これほどの濁流だと、
さすがに普通のロッドじゃ
パワー負けは確実、それほどの流れだ。


で、そこにコモドを投入するかと言うと
そうでもない。

強すぎるロッドは、時として
魚をショック状態にしてしまい、
デッドリリースになる場合がある。

強めなタックルでオラオラファイトをしたことある方なら、 
一度は経験した事があると思う。

あの、蘇生なんて意味をなさないくらいの
瀕死のシーバスなんて見たくない。

なんで、今回は流れと、
恐らく喰ってくるだろうシーバスのサイズ、
その負荷のギリギリを読んで、
BRIST75Hを投入した。


結んだルアーはメガバスのi-slide185SW。
淡水では割と沈むのが速いので、
でかいシンペンのイメージで使えるのだ。


河川の本流に真横に差し込む、
都市排水の濁流。
その巻き込みの真下には、
ボトムを伝う流れ、『底波』がある。

この底波てのは、流れがあれば必ず発生する。
トラウトアングラーなら常識だね。
えてして、エリアボスみたいな奴は
そこにじっとりと張り付いていたりする。


が、濁流を泳ぎ続ければ、
いかなランカーサイズといえ、
生きる為のカロリーを消費してしまう。
本能で生きてる魚だ、
そんな無駄な事はしないはず。

必ず楽して餌を求める。

だから、その暴れる流れの底の波、
そのピタリと停まるピンポイントに、
シンキングのアイスラ185SWを撃ち込み、
正確に送り込む。

ラインを注視してると、
テンションで引っ張られ、
水面へ向かって浮上してくるのが見え、




その真下から、
大口を開けてそいつは食い付いた!


フッキングを入れた瞬間から、
そいつは流芯に入ってドラグをギャンギャンと出すが、
それをライン強度に頼ってガチ停めすれば、
リンクパーツのどこかが破損するし、
体力を急激に失った魚は、
口を開いてショック死しかねない。

走るなら走れ!

けどバットセクションに加重してやれば、
やがてじわじわと寄ってくる。

剛竿とは違う、レベル一枚違う優しいファイトで、
その魚は濁流の中から手元へ手繰り寄せられ、
最後はボガがカチャリ、と締まって、
この勝負、俺の勝ちw




jmaar2kpfs3csosx7nxy-8ed2f840.jpg

見事な黒銀の魚体だ。

6vjgs4iuk3aad4wi5os2_480_480-8c81f664.jpg

左に見える、この濁流でのファイトだもん、
そりゃ引くわーw


土砂降りが連れてきたチャンス、
確実にブリストナナゴーHが仕事をこなし、
手にする事が出来ました。


剛竿の一歩手前の強竿。
BRIST75H。

これはほんと、
2ozまでのビグベアングラーに絶対のオススメ。

来月辺りからのインストアイベントで
展示され始めるだろうし、
是非とも一度は触ってみて欲しい。

そんなロッドが完成間近でありますよ。



コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!