プロフィール

コバ

三重県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/8 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:229
  • 昨日のアクセス:247
  • 総アクセス数:1612910

QRコード

100均ダイペン スイムテスト

100円ショップの液体糊ダイペン ↓

http://www.fimosw.com/u/KOBA/1egy1evbo5bwf6

のスイムテストに行ってきた。


バケツで浮き姿勢を確認したら浮力が強すぎたので
もう一つ追加制作して2タイプテストした。

1つは長錘5号内蔵の40g
もう1つは長錘6号+ナツメ錘3号内蔵の50g

フックはフロントST66#2/0、テールST56#3/0とした。

テールフックが大きいのはフッキング重視のため。

kvvdvg2mxr7stm6y9f4b_480_480-f66cc625.jpg

スイムテストにはコバダイブ11号機も連れて行った。

近所のおっさんが出てきてギャラリーになったとき
液体糊投げてたら恥ずかしいので
そういう時に付替えるためのピンチヒッターだ。

nhkip94wu29jayt8utt4_480_480-eab4f9cc.jpg

テストの結果は予想どうりの動きだった。

形状とウエイト位置で
ダイペンの泳ぎが想像つくようになってきた。


40gも50gも甲乙つけがたい泳ぎである。

両方素敵!

というわけではなく


両方イマイチ・・・

40gは35点 50gは30点 かな?


S字は描かない。
円柱形なのでそんなもんだろう。

直線的にダイブする。
泡はそこそこまとうようだ。

40gは少し暴れすぎであるが
50gは重すぎて動きを殺してしまってる。

40gも ほとんど泳がないけどね。

形状が水流受けにくいので、
浮力が強い40gの方が良い(マシな程度)ようだ。

唯一の救いはドッグウォークのように連続で小さいポッピングさせると40gは良い感じに首を振る。

もう少し浮力を抑えて3gほどウエイト乗せると
40点くらいにはなるのかもしれない。


帰りに100円ショップによって
液体糊を追加購入し
長錘6号内蔵の43g仕様を追加制作した。

6g5feedtddfhaopbk632_480_480-6785d4b1.jpg

ついでにラメのマネキュアでボディーを塗ってやった。

見よ!このクォリティーを
ハンドメイドルアーを作り始めたころを思い出す。
いや、それ以下だ。

泳ぎは決してオートマチックルアーじゃなく
使い手が全てを操作しなければならない。

使い手を選ぶルアーだ。
むしろ、使い手の腕ではカバーしきれないだろう。

これで釣れたら 素敵。

次回、実戦投入する。

これで釣ったら 

俺 天才釣師 かな。

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!