プロフィール

北出弘紀 KD

石川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

タグ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:41
  • 昨日のアクセス:270
  • 総アクセス数:1262815

QRコード

パイロットルアーを超える



 

テストの最終段階に入ったメタルバイブ、PROGRE プログレ。

発売時の正式名称は「Progressive VIB」プログレッシブ バイブとなります。

名前がちょっと長いので、コークと呼ぼうコカコーラよろしく、今まで通りプログレと呼んでください。


当社フィールドテスターの岡ちゃん、ここ最近は九頭竜川の河口域でいい釣りをしてます。

九頭竜の河口域と言えば川幅が400mほどある大場所で、目立ったストラクチャーも少ないため、ブレイクやチャンネルを広範囲に探るのが常套手段となります。

こういう釣りではバイブレーションが活躍するわけですが、その中でもとりわけ重量があり飛距離も出るメタルバイブは効率よく攻略することができるベストアイテム。


しかしながら、集魚力の高い設定でバイブレーション(波動)を強くすると引き抵抗が大きくなり、長時間の使用で疲れてしまう。

また魚にとってもスレやすくなってしまいます。

集魚力を維持しながらも、魚に必要以上の違和感を与えない適度な波動、このバランスがキモ。


そしてメタルバイブの最大の問題点、ラインやフックの絡み。

この宿命とも言えるトラブルを最大限解消しながら、集魚力とスレにくさを高次元でバランスよく保ったのが、このPROGREなのです。


現段階では最初に作った24gに加え、河川でも使用できる18gをテスト中。




 


向かって右の細いほうが18gです。

この重量だと川幅の狭い場所でも使いやすく、それでいてフルキャストすれば70mはクリア(PE1.2号以下)するぶっ飛び具合。(24gなら80m程度は飛びます)


ラインアイは2通り。

シャロー攻略や高速巻きを連続使用できるフロントアイ。

ある程度の水深を攻めたいとき、食わせを重視したい時はリアアイ。

この使い分けにより、1つのバイブに無限大の可能性を秘めさせることができたように思います。

岡ちゃんも実際のフィールドでこのポテンシャルを体感し、良い釣果を叩き出しております。



18gのライトウエイトバージョンは第2段階でのリリースになると思いますが、取り急ぎ24gはなるべく早期にリリースができるよう頑張りたいと思います。




コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!