プロフィール

北出弘紀 KD

石川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

タグ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:56
  • 昨日のアクセス:47
  • 総アクセス数:1267674

QRコード

食わせのメタルバイブ



 

開発コードネーム「PROGRE」(プログレ)でテストを重ね、ようやく発売となったNORTHCRAFT初のメタルバイブレーション「BLV 25G」。

オープンエリアでのサーチ的な使用が基本のメタルバイブですが、昨今では多くのアングラーさんがひしめく激戦区でも多用され、アクションやレンジの違いで釣果に差が出る時代になってきました。

しかし、この手のルアーで問題になるのはライントラブルやボディーへの針絡み。

このトラブルを解消するため、多くのメタルバイブはフックサイズを小さくすることで対策を取ってきたように思いますが、それではせっかくビッグフィッシュがヒットしてもバレてしまうこともしばしば…

特に重量のあるバイブですから、バレを少なくするためにもできるだけ大きいサイズのフックが欲しいところです。

それでいて、激戦区でも通用する派手すぎないアクション、つまり細身のシルエットでロール系の動きを盛り込みたいのですが、前述のフック干渉が頻繁になり、どうしても体高のあるフォルムになってしまう。

この全ての問題点を解決し、自分が満足のいくメタルバイブが欲しいというところからBLVの開発はスタートしました。


何度となくテストを繰り返した結果、フロントフックのボディーへの干渉を防ぐために、スプリットリングのサイズを極力大きくし上方向の自由度を奪うことで解消。

出来上がってみれば簡単なことなんですが、この発想にたどり着くまでにはかなりの時間を要しました。(地味なギミックですが…)

体高を高くすればフック干渉は防げるのですが、それではアクションが大きくなってしまいますし、引き抵抗も重くなります。

ロール系のアクションを入れつつ、フックサイズを落とさず、それでいてトラブルを極限まで抑える。

もちろん、100%トラブルフリーとは言えませんが、他のメタルバイブと使い比べて頂ければ、その差は感じて頂けると思います。




 


背中に穴が二つ空いておりますが、通常は後ろの穴にスナップを通しご使用下さい。

デッドスローでは少し厳しいですが、遅めのリトリーブから早巻きまで対応する設定になっています。

前の穴に通す場合は、障害物の沈んでいるシャロー域や表層付近を超早巻きで攻略する時にご使用ください。

従来のメタルバイブに比較し、かなり引き抵抗が軽いので、長時間の使用でも疲れにくいと思います。


テスト釣行でも、かなりの実績を上げております。


もうすでに店頭には並んでいると思いますので、興味のある方はぜひ一度手に取ってみてください。


それと一つお知らせ。

メタルバイブには標準でスナップが装着されている商品が多いと思いますが、自分はこれを現場で外すのが結構面倒なので(笑)、BLVにはあらかじめ装着していません。

但し付いていないと「ケチ」と言われそうなので(笑)、クロスロックタイプ(#2相当)をインナートレーの下部に忍ばせてあります。
(品名シールの裏側なので外側からは見えません)

パッケージを処分する前にお確かめください。





 



コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!