プロフィール

北出弘紀 KD

石川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

タグ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:34
  • 昨日のアクセス:185
  • 総アクセス数:1262220

QRコード

新たなる挑戦



 

激戦区で打ち勝つ方法として、今まで誰も手をつけていない「新しい釣法」を編み出す、という発想は誰しも持っていることだと思います。

今どきルアーフィッシングの必須科目となっている「飛距離」。

誰も届かない遠く彼方にルアーをアプローチすることも、ライバルを出し抜く方法の一つでしょう。

ルアーをデザインする自分としても、「新釣法」もしくは全く新しい発想のルアーというのは、釣りをしている時はもちろん、寝ても覚めてもの世界で常に頭から離れることはありません。

ルアーを作る時、自分の釣りの中で必要性があってとか、プロスタッフの要望があってとか、生まれてくる理由はいろいろありますが、「こんなルアーがあったら面白いだろうな」と半ば遊び半分で作ったアイテムが、「新しい扉を開ける」的なルアーになってしまうことがある。

それが今までテストと試作を繰り返して来たブレイドベイト「Fooligan」(フーリガン)です。

今までも何度かブログでも紹介してきました。

当社プロスタッフ、水野君のブログでも話題に上がっていましたが、このルアーのポテンシャルがあまりに高過ぎ(笑)試合でも心惑わされる存在になってしまいました。

今まで魚がいないと思っていたエリア、もしくはレンジにこれを通し、今まで触っていなかったであろうシーバスの存在に気づく。




 


あの百戦錬磨の水野君でさえ、その事実は衝撃的だったらしいのですが、自分としてもまだ細かい部分で仕上がっておらず、水野君と共に現在もFooliganと格闘中です(笑)

このルアーの性質は、このネーミングからお察しください(笑)


自分が作ったルアーとは言え、「発想を商品化する」というのは、また違う次元での作業や努力が必要になります。

現在市販化されているブレイドベイトとは一線を画すアイテムになるとは思いますが「他を圧倒する」存在に仕上げてみせますので、今後ご注目ください。


発売時期は例によって全く未定です(笑)





 


コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!