獲りたかった1匹


台風をまたいで一昨日に爆ったポイントへ行ってきました。台風後なもんで、どうなってるか心配。雨は降ったけど短時間だったし、風も落ち着いて、1日挟んだから、なんとかかんとか行けるんじゃないかと。


いつも通り、本流の払い出しのあたりでルアーを一通り流してみるも、無反応。ベイトを探して散策すると、この前のポイントにはやはり無数のベイトが。

しかし、ボイルしている様子はなく、ベイトがざわつくような感じもナシ。とりあえず、この前反応が良かったナンバーセブン。これには無反応。

フラットフラッターでフルキャストすると、魚が触る感触。これはいけるか?でもベイトにあたってるだけな気もする。水深が浅いのでスローには巻きたくない。

少しでもスローに巻けて、遠投できるスキッドスライダーにチェンジ。数投すると着水から一瞬のフォールに魚信あり。すかさずフッキング!

乗った!これはもらいっしょ!と思って巻き出すとなんだか違和感。スレかな?と寄せてくると。

zwtwker4g4aa2udziih9_361_480-3e5f5ff3.jpg

お前かい!なんか引かないなと思ったら。やっぱし、さっきのルアーお触りはボラだった。

これには参った。今回こそは魚を求めて歩き過ぎの筋肉痛じゃなくて、爆釣すぎて腕が筋肉痛になる予定が。なんか雲行きが怪しい…。

台風の影響で魚の付き場がまた変わった感じがします。毎度毎度いい思いをさせてくれる…だなんてそうは行かないのが釣りの面白いところ。

でも、ベイトはいるから、この近くのどこかにシーバスはいるはず、そういい聞かせて色々思案します。

先にいたアングラーはポイント移動するようで、話を聞いてみるとやっぱりベイトはたくさんいるけど、このシャローにはシーバスいないような感じがしたとのこと。

このポイントはちょうど道路の待避所みたいに、本流から脇にワンド状に広がっていてインレットがあるところ。

この前はそこに沸いたベイトを追い込んでシーバスが群れてたけど、今は居ない。付き場が変わったりして、数は減ってるかもしれないけどどっかのタイミングで食いにやってるくるのは分かる。多分下げのタイミング。

だったら近くの深場で待機しているはず!そう考え、シャローから本流に下るブレイク付近にベイトサイズに近いサイレントアサシン99sを打ちます。


本流に向かってインレットからの流れがあるので、それを利用してルアーをドリフト気味にブレイクの上を通過させます。

ボトムにはアシの根や流木が所狭しに堆積しているので、着底はNG。上流からの流れもあるので3次元的な動きをコントロールしなければならず神経を使います。


サイレントアサシンのリップが数投していい感じの流れを掴みます。これは出るだろ!ロッドの穂先とハンドルに神経を集中させます。

ボンッ!吸い込むようなバイト。きたああ!!!!すかさずアワセ!

ドラグがジーっと一瞬出て、派手にエラ洗い!やっぱりいたか!シーバスだ!ボラじゃねえ!

やったぜ。やったぜ〜。ボトムに擦られたらルアー引っかかってフックアウトするかも、多少強引に寄せるか!とドラグを締めて気合いを入れます。あと10mってところでゴンゴン首を振ってんのが伝わってきます。
 
反転して、リーダーに尾びれが擦れるのが伝わって来た直後、フワッと嫌な軽さが。

ここでまさかのバラシ。あー、ヘタクソ!

読み通りに掛かった嬉しさと、スリリングなファイトと、バラシの喪失感でなんとも言えない複雑な気分に。

その後、バイトは無く、下流へポイント移動。

満潮ピークで払い出した川の水と、上がってきた海の水で塩水くさびのようなものを発見。

パンチライン95を川側の流れにのせて海水面でドリフト通過させると、バンッ!弾くようなバイト。アワセるもスカ。弾かれてしまいました。

こっちにもいたか!やる気がでます。

塩水くさびが広がっていくのでなるべく長くゆっくりトレースするのに、フラットフラッターを川側から再び流すと、ターンして手前に向いた途端、ゴンッ!とバイト。やっと掛かった!


1匹ぐらいは獲ってから帰りたい。ドラグを緩めて慎重にファイト。なかなか重量感があります。

エラ洗いするタイプじゃなくてボトムに突っ込むタイプの引き。やっと上がってきたのがコイツ。

2cuvobspu44eobe2f9kk_361_480-62f45bb2.jpg


は〜、やっと魚出た。70ジャストぐらい。腹パンのナイスフィッシュ。重いルアーは外れやすいから往生しましたよ、ホンマに。


体力的にも精神的にもそろそろ限界。例のポイントは諦め、ここで納竿に。次回タイミングを見計らってまたリベンジマッチしよう。

帰りの車で事故ったらシャレになりませんからね。帰るまで釣りですよ。

てなわけで、獲りたかったアイツら逃したけど、何とか一本出せたので今回はこれで良しとします。









コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!