プロフィール

マサ

三重県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/7 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:78
  • 昨日のアクセス:203
  • 総アクセス数:559386

タグ

TRYOUT バンザイ太郎の水中姿勢!

 TRYOUTさんから頂いた商品の中で、最も興味があったのが『バンザイ太郎』でした! 早くロックフィッシュの実釣で使いたいのですが、なかなか潮のタイミングが合わずに違うターゲットに遊んでもらってます。(私の経験上、ロックフィッシュを狙う時は潮位が高い方が好反応なのですが、ここんところ釣りに行ける時には潮位が低い時ばかりです。) 早く試したいなぁ・・・

 こんな時はバンザイ太郎の水中姿勢を確認してみましょう! 写真だけでなく、実際に見てみたい(笑)  皆さんも興味が有るのではないですか?(実験は淡水ですので海水の場合はちょっと違うかも・・・ですが、ほぼ同じと考えています。)

 今回、使用したフックはこの3種類です。

 *スプリットショット用のオフセットフック(なお、スプリットショットは3グラムを使用しています。



 *ノーマルのジグヘッド(撮影に使用した物は同じシリーズの2グラムです。 パッケージが無かったので代用しています。)


 *チヌ用のジグヘッド



全部DECOYですねぇ(汗)  品質が良くて価格が安いように感じているので愛用しています。



 では、実際の水中写真です。 画像がしょぼくて申し訳ございません。

 ひとつ目はスプリットショットから。





 ふたつ目はノーマルのジグヘッドです。





 みっつ目がチヌ用のジグヘッドです。






 全てのパターンでバンザイしている爪がゆらゆらと揺れ動いています。(当然、水の動きは投入した時の揺れだけです) 緩い潮の流れでもアピール出来るのでは? 期待大です!  驚いたのがチヌ用の7グラムのジグヘッドでもバンザイしてくれた事です。 さすがに立たないと思っていました。 一般的なクロー系のワームは底ベタなので根掛かりが付き物ですが、バンザイ太郎はフックが高い位置に来るので回避率が上がりそうです!




 予想されるデメリットは、爪にかなりの浮力が持たせてあるのでフォールスピードが遅くなると思われます。 また、リグが立つ事によってジグヘッドのアイ部分が地面に近付いてしまいます。 それでノット部分のラインに傷が入る可能性が高まるかも知れませんね。 
でも、バンザイアピールと根掛かり回避のメリットを考えれば問題なしだと思います! 浮力によってフォールスピードが遅くなる事がアピールに繋がったり、ジグヘッドの重みがモロに地面に掛からないので根掛かりが減るかもしれませんね。 ノット部分はマメに点検するって事で!(笑) 実際にどんな感じになるかは実釣ログで報告します。 しばらくお待ちください。

 あ! 大事な事を忘れていました!! 何とも言えない匂いがします・・・(汗) 嶋田さんの宣伝写真のようになりますので、心して触って下さいませ(笑)

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!