7月16日なんとか、、、

  • カテゴリー:釣行記
こんにちはリョウタです。
かなり遅くなってしまいましたが、7月16日のシーバスについて、

朝5時から3時間の短時間釣行
潮は下げ始め

時間がないので、1箇所に絞って攻めていきます。

ポイントはシャロー2mから少し落ち込む4.5mになるチャンネルのところ。

ここは魚が着い易く、1本は取りたいところ。

前日は父が行ったら60サイズが5本とのこと。

まずは、いつも通りミノーでフィーディングの魚が居ないかとサラッとチェックする。

チャンネルの部分を通せるように色々な向きからなげてみる。

すると、3投で丁度落ち込みから上がったところで、ガツン!

と、バイト

エラ洗いからそこそこのサイズを確認して、丁寧にやり取りして、

ランディング

6gs7mbbtu4da9f6zeg85_480_480-deb06b55.jpg
いいサイズ

フィーディングの魚とみて
今日は釣れるのかな?
と思ってどんどん攻めていくもノーバイト

ここで、鉄板バイブレーションに変えてボトム付近をスローに通してみる。

釣り方としては、
中層まで、沈めてそこから、ルアーがギリギリぶるぶるする位のスピードで巻く

途中でボトムにあたるので、当たったらサッ!
と、竿を立て巻くのを一瞬速くします。
そうすることで劇的に根掛かりがへります。
さらに!
これを行うことによってルアーがイレギュラーに動いてバイトが集中します。

一石二鳥です!

そのようにして

通していきますが、反応無しで
タイムリミットとなりました。

今回は釣れるかな?

思ったもののだめでした。
理由は高水温にあるのでは?
と思いました。

つぎは高水温パターンを発見したいと思います。






今回のリーダーもファゾムレベル6

モニターをさせていただいて約半年ほどなのです、

少しだけインプレを

上の様な使い方をすると根掛かり多発です笑笑
それでも、
今年に入ってから根掛かりルアーロストはなんと!

0です!



レベルシリーズの高いの対磨耗性能を実感しています。

(根掛かりの仕方もあるとおもいますが、笑笑)



フィールドは蛎瀬なのですが、根掛かってしまってから回収できると、

リーダーにキズはあります。
(当たり前です。)
ですが、キズができてからの粘り強さを実感します。

がっちり根掛かってしまって回収したあと、リーダーがぼろぼろになっている時がありますが、そこから中々切れません。

リーダーで助かった根掛かりが何回あることか、、、

(かと言って絶対に切れないと言う事では、ありません。

ハサミを使えば切れますし、当たりどころが悪ければ魚のエラでもきれます。)
それでも、対磨耗性は私のお墨付きです笑笑

ファゾムレベルシリーズの高い磨耗性能を是非お試し下さい
oa93ordwxwddk55tycu2_480_480-2197f8c2.jpg
興味をもっていただけた方は是非!
https://fathom-fishing.com/


(*´∇`)ノ では

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!