プロフィール

ケンスケ

宮城県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/12 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:377
  • 昨日のアクセス:1011
  • 総アクセス数:361061

QRコード

座布団ヒラメを“意識”してキャッチ

先日、座布団をキャッチしました。


一般的に座布団と言われる全長70㎝は確実に超えています。


僕は以前から「座布団ヒラメは狙うのではなくて意識する」と書いてきたのですが、今回もまさにその通りでした。

決して狙っていたとは言いません。でも釣れる可能性を十分に感じていたので強く意識をして準備していました。



同行者のTには得ていた情報を元に「〇〇(地名)座布団出そうだからそこ行こう」と誘って普段はあまり行かないエリアを選択。


道中も「今日は座布団釣れそうだ」と話をしていました。(←口癖)




幸い理想的な場所を確保できて1投目から釣れるのでは無いかというくらいの雰囲気を感じていたのですが、最も期待できるであろう朝マヅメを空振り。


S級の立ち位置を取っていることは明確でしたが、マヅメが終わるともう一箇所気になっていたA級ポイントに陣取っていた方が移動した模様。


隣の芝生は青い。


2人揃って素直に移動。笑



「このルアー釣れそうだけどフロントフックやばいな〜刺さらなそう」3mほどの距離で投げるTとそんな話をしながら釣りを再開するとすぐにヒット。

レギュラーサイズを途中まで寄せるもばらし。



ばらした原因は何となくわかりますが、そのままでもう1度同じ場所にキャスト。


アクションはタッチ&ゴー。ブレイクの直前で着底させてから軽く跳ね上げてブレイク直上はボトム50㎝を意識したミディアムファストの巻き。

頼む。後ろ食ってくれ〜……ズドン!!!



よっしゃ!この巻きのタイミングで食ったから高確率で針先ビンビンのリアに掛かっただろうと予想してファイトを始めるもどうもおかしい。


暴れていないのにも関わらず確かに手元へ伝わってくる並では無い重量感、首振りのストローク、独特な横方向の動き。
素直にこちらへ頭を向けないどこか余裕を感じさせるような違和感。



「ちょっとデカイかもしれないからグローブを着けておいて」と真横で釣り続行しようとしてたTに伝えて先日書いた座布団のランディング方法の準備をしてもらいました。



個体差はあるかと思いますが、このサイズでもヒラメの引き自体はそう強くはありません。要注意なのはとにかく波打ち際。


寄せ波と引き波の圧感や長さ、波打ち際の角度を確認しながら距離を詰めて丁度よく来た適当な寄せ波に合わせて可能な限りずり上げました。
最後はTにお任せなので上陸させればこっちのもん。


1人ならばもっともっと慎重に更にもう何ターンも波打ち際の攻防をする必要があるところでしたが、引き波に取り残されてバッタンバッタンしているヤツを1発で掴んできてくれました。



見た瞬間「これは行ったな」と思い喜び爆発。


ここで気になるのがフッキングの具合。

追わせて食わせる間の取り方をしたのに予想外の鈍りきったフロントのfimoフック5番の1本ががっつり。リアは上げてから乗っかっただけです。



……結果オーライってやつですね。笑




「あっぶねーー!!!」なんて話をしながらメジャーに乗せてサイズを確認したのちに物持ちも撮影。 ̶カ̶メ̶ラ̶マ̶ン̶の̶せ̶い̶で̶光量の関係もあって満足のいく写真は撮れなかったのですが、それでもこの迫力。




70超えてくるとやはり独特の雰囲気がありますね。たしか重さはデジタル秤で4.7Kg。


ちなみにヒットルアーは大好きなジョルティ22ピンクシルバーでした。



今回の釣果のキーポイントはなんと言っても重量のある座布団クラスしかフッキングできない鈍りきった針を使って小さいのをバラしていたこと!


ではなく……真面目に書くとポイント選択。


土曜日の半分アウェイなポイントで人ごっちゃり。そんな中で釣り始めにあえて人混みのど真ん中を選びました。(もちろん十分に空いているスペースでです)


途中S級と書いた立ち位置は釣れそうなことはもちろん、辺りを常に観察できる場所であるということもコミコミ。


端に入ることもできましたが、不慣れな場所で周りが見えないと悩みが増えます。
1番釣れている現場を目撃できる確率が高いであろう朝マヅメはただでさえ視界が悪いのに霧も濃かった今回は特に立ち位置は重要でした。



周りをしっかり観察できた結果、周りも釣れていないから無反応でも焦る必要は無いこと、青物が釣れているところを見てベイトは居るなと分かったことは精神的にも大きかったです。


他の勝因としてはTのアシストがあるからこそ強気な勝負をした無駄のない理想的なランディングをできたことですかね。レギュラーサイズと変わらないファイトタイムでした。
もし1人でダラダラとやっていたらバラしていたかもしれません。





さて、終わってみればエリア選択自体はミスでした。地形、ベイト、自分の直感など色々と加味して考えてると再現性は全く感じられません。

常にはっきり見える範囲内の20人ちょいでこの魚以外に確認したのはワカシ2本とソゲ1枚のみ。


今回、座布団を意識した釣りをしてキャッチできたけれども結果論としてはマグレ。実際はそんなところかと思います。それでもノーマークな時にはそうそう出ないのでやはりある程度は予測もできるものかなと現時点では考えています。


やはり基本的に座布団に対しては「狙う」というよりも可能性の高さを感じ取った上でそれを考慮した釣りを組み立てるような「意識する」という程度で丁度いいのかなと。

あとは時合いから外れた時間に突然ポンっと出ることが多々ありますので、激アツな日はずっと投げ続けることも大切そうですね。



以上、この前流木を枕に寝ていたら座布団を釣られた人の投稿でした。


            〜完〜


使用タックル
ロッド : Midnight Monster 992TR
リール : BALLISTIC LT4000-CXH
ライン : G-soul X8 Upgrade PE1.0号
リーダー : フロロ20lb



コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

意外な結果 千切られたワーム…
3 時間前
ケンスケさん

僕は塩水くさびを知らない
11 時間前
平田孝仁さん

ビッグベイトの話をしよう。
12 時間前
シノビーさん

湘南河川 この時期特有のアタ…
16 時間前
登石 直路(nao)さん

釣り負った心の傷は釣りでしか…
3 日前
カサゴスレイヤーさん

新境地の開拓へ
3 日前
タケさん

シーバスを探せ!〜先ずはいつ…
3 日前
ねこヒゲさん

ベイスラッグの系譜
4 日前
有頂天@さん

湾奥アジング 極寒激シブから…
13 日前
Gontaさん

一覧へ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!