ベイトマンの釣行記 http://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ja ラストスパートの攻略本 http://www.fimosw.com/u/x68b4a5pg7/uuabi7e25fay8o 2020-06-05T19:10:00+09:00
★知多メバル最終戦


緊急事態宣言解除を受け一番気になっていたメバル調査へ行ってきました。

現場を数か所も見て回ってびっくり。
 「藻」 がない、、、
砂の比率が多くつき場の少ない知多でのヒット率を支えるのは藻の存在

藻はエビ、カニはもちろん小魚をストックするので非常に重要。
それが減るつき場の減少となるわけだ。
ここまで無くなると終焉も近いか?




★パターン調査

それでも岩盤の際には若干残る「藻」
そして潮だまりに残るヨコエビ





こいつがメインベイトかな??

とりあえずキャッチしたメバルを調査のためにお持ち帰り。


 



なにがでるかな?

実は昨年の傾向からパターンが変わることはわかってたんですが
この時期のメインベイトは

    ⇩⇩こちら⇩⇩







そう小魚です。
初期は藻につき始めたシラス
後期は流れのよれや岩盤際を群れで回遊するハクなどの遊泳力の弱い小魚。

こんな感じで推移していきます。
今年の6月もばっちりハマりそうです。




★有効ルアー(2020.06時点)

有効というかこの時期絶対試してもらいたいのが

プラッギング

シーズン通して一番プラグで釣りやすい時期です。
ルアーを操作する楽しさとアタリがダイレクトに来るので倍楽しい♪♪



おすすめのルアーはこちら



ドーバー46SS(アピア)

いわずと知れた優秀ルアー。
使い方は潮に乗せて流すもよし
ティップを弾くようにして動かすもよし。

状況に合わせてアジャストしていける万能ルアーです。

(ネタ写真すらねぇ、、、)


ビーグルSS(メガバス)

ドリフトメインのスローシンキングルアー
ミノーとシャロークランクの中間のような使用感
流れがよくわかるので
ドリフト専用ルアーとして活躍してくれる。







そして番外ではあるがプラグのフォローとして優秀なルアー


稚美魚42(ダイワ)

ライトゲーム用スイムベイト
出したまま使っても問題なく釣れるのだが自分は付属の0.2gネイルシンカーを挿入しウェイトを追加しています。
流れに押されて浮き上がらないようにするのが狙いです。
小魚に合わせてリトリーブで食わせるという使い方がメインとなります。







★総括

メインベイトはハクなどの小魚
流れのヨレや、ストラクチャーの際を回遊するベイトを狙いプラグを使用した攻略が楽しい時期。

まとめるとこんな感じになります。
特にプラッギングがシーズンで一番楽しい時期ですので試してみると面白いかもです。









各種SNS更新中♪

Instagram  

https://www.instagram.com/kakimoto_fishman



Facebook

https://m.facebook.com/takeshi.kakimoto.77



Twitter

https://twitter.com/0731Fish?s=09

 
youtube 

https://www.youtube.com/channel/UCN8uWd_P1zgG_2Xw3im2cxg
 





 ]]>
かっきー
ベイトタックルソルトゲームのススメ http://www.fimosw.com/u/x68b4a5pg7/uuabi7emiifxs6 2020-05-12T20:45:00+09:00
既製品のベイトフィネスリールの進化は凄まじく、2g以下の軽量リグなら難なく投げられる。



しかし、各SNSを見ると圧倒的に多いのが

アルデバランBFS
である。


非常に優秀なリールでカスタムスプールでさらに最強になるんです。

しかしライトゲーム用のベイトロッドその性能を求められるため価格が高い!!
性能を妥協すると軽いものがキャストできない!
そして結局リールまで手が回らない方も多いのでは?
そしてライトゲームのベイト化を諦めてしまう、、、というのが現状。

逆もまたしかり。



かくいう私も最初は下位機種である

スコーピオンBFS
こいつを使ってました。


普通に売っている150m巻きのラインを巻いた時の2g未満の投げにくさと言ったら

「出来なくはないが、、、」

って感じでした。

扱いやすい重さ的にライトゲームより渓流に向きそうなリール。



ある工夫をするまでは。
すっごく簡単なことなんですがね




それはね、


糸巻量を減らすこと


ただそれだけ。




ちなみにスプール重量はこんな感じ。




ラインなしスプールはメーカースペック8.9g(ベアリングなし)



リム面MAX巻き







30~40m巻き






ラインを減らしただけで

1.5gの重量減!!

実際1.5gってめちゃくちゃでかいのよ。
釣りの最中はラインが水を吸うと考えるとその差はさらに開くだろう。



ベイトタックルのスプールというのは軽ければ軽いほど立ち上がりがよくなり、重いほど慣性が働きよく回る



トイレットペーパーの芯を回す時は簡単に回るが慣性が弱くすぐに止まる


鉄のパイプは回しにくいが、いったん回ればより強い慣性が働き回り続けるといった感じですか。





僕は基本的にアルデバランでもスコーピオンでも50m程しか巻きません。

軽量物のキャストで50mを超すことはないから。

30mキャストしたとしてそこでシーバスがヒットしてしまったとする。
そこから20m以上ラインを引き出す魚だったらそもそもライトタックルでは太刀打ちできません。

よってライトベイトキャスティングにおいて50mラインを巻けば大抵の状況に対応できます!





結論


軽量物を投げるには軽いは正義!
上位機種最強!!

だけどミドルクラスのリールでも工夫次第でノーカスタムで遊べるのですよ。


というお話でした。





今回のお話は軽量物が対象。
3gや5gを超えてくるルアーについては軽量物に含まれておりません。笑笑



そもそも3gが軽量物に含まれないって時代がとんでもねぇ!!












 
各種SNS更新中♪
 
Instagram  
 
https://www.instagram.com/kakimoto_fishman
 
 
 
Facebook
 
https://m.facebook.com/takeshi.kakimoto.77
 
 
 
Twitter
 
https://twitter.com/0731Fish?s=09
 
 
youtube 
 
https://www.youtube.com/channel/UCN8uWd_P1zgG_2Xw3im2cxg
 
 
 
 
 
]]>
かっきー