Keep Casting ! http://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ja 【初めて】 謎多き魚を釣った時‼ あれから、、、 http://www.fimosw.com/u/mygame/tzyh8vxp76xd2n 2018-07-14T04:55:00+09:00

初めてアコウ(キジハタ)を釣った時の事を鮮明に覚えてます。



連れてきてもらった釣り友達から見せられた
ガッチリと下顎を掴んだ写真、、、



(釣行前に見せて貰った写真)








本土と橋で繋がった瀬戸内海の大崎下島

シャローの岩場、

真っ暗闇にフルキャスト、

テキサスリグをリフト&フォール



こちら広島では「幻の魚」と言われるアコウでありますが、
不思議と難しいイメージは無くて
ただ集中して喰わせにかかってました。




友達も専門として釣っているわけではなく探り探り。

自分は何の先入観もなくファーストフォールから足元付近までキッチリ攻めきる。



ゴツゴツとしたハードボトムに点在する岩を
越えながらそろそろ回収かというところで、
「ゴンゴンッ」と明確ではありますが鈍いアタリ!



アワセを入れるとカサゴとは完全に違う重量感
すぐにフルパワーに到達すると話の通り強烈なファイト







「巻いて巻いて巻いて巻いて!!!!」



焦る友達の反応に本命と確信。






無呼吸での引っ張り合い!
魚とはそんなに離れてないハズなのに、
すごく遠くに感じました。




抜き上げて
ある意味驚きました、、、



え?

、、、このサイズの魚がこんなに引くん!?



正体は35㎝くらいのアコウでした。






友達とガッチリ握手をして
感動的でした。。。




写真を撮ってもらい
何度も見直しました



赤い体に見たことの無い白のしま模様、斑点。




これがアコウとの
初めての出会いでした



この日はビギナーズラックでなんと
移動した波止でもう一匹釣れました。







しがる友達が粘りすぎて
なかなかやめず
最初に釣った場所に戻りをむかえました。




悔しがりながらもオシャレな写真をとる友達
今思うとたぶん嬉しさもあったんだと思う。

ありがとう。




お互い寝ずに出勤しました。










その日からドップリハマってしまい、

とびしま諸島全域を開拓する情熱、、、

今では絶対できない貴重な経験でした。




雑誌やプロの方のブログ見て研究しながらも、
自分の釣り場にあったスタイル、タックルを
見つけていきました。





























『もっと釣りたい』という気持ちから

島根県へエリアを拡げ、

新しい釣り方や

地磯の釣り、渡船の釣りもえました。


























その後、意外な釣りにも活かす事ができ、

また他の釣りからもアコウ釣りにフィードバックしていきました。

(例えば、ワームがプラグに見えたり、、、プラグがワームに見たりし始めたのも、、、それからですね。)




ここまでハマるとは思いませんでしたが、
きっかけは友達がガッチリ下顎を掴んだあの写真








この釣りログを見ていただいた方が
『アコウを釣ってみたい』と思っていただければ嬉しいです!





と知ったような事を言っても、

知らない事が多すぎるということを痛感しております。

各地で異次元の釣果を叩き出す人は何を知っているのか、、、

真似しても何故に釣れんのか、、、

いまだに謎多き魚です。










おし
まい






 
]]>
某ちゃん
弱りやすい魚【シーバス】 http://www.fimosw.com/u/mygame/tzyh8vx9hgohaw 2018-07-11T00:35:00+09:00


シーバスってなんであんなにすぐ弱ってしまうん?




そんなシーバスを釣って、活かして届けるミッションを、漁師さんの協力を頂き、成功させました。



もう2度と来ないオファーだと思いますが、
同じ境遇に立つ可能性がある珍しい方の参考になればと思います。




色んな魚を捕る漁師さんもシーバスを確実に活かすのは簡単ではないようです。



難しい工程は2つ
・漁港に戻り、海に浸けておく網に入れるまで。(この網に入れてしまえばずっと生きる)
・網から出して現地に持っていくまで。



当然ながら酸素量がキーのようです。





その他に、
【意外】なポイントを教えてもらいました。




一番気をつけないといけないのは、
口を持ち、ぶら下げる行為だと言ってました。




首に全体重の負担をかけると、極端に弱りやすくなり、蘇生に時間がかかったり、キープしても目を放したら死んでたりするそうです。(小さいのは別)




ということだったので
この日のブツ持ち写真は迅速且つ丁寧に撮りました。




(普段釣り場で撮影してすぐ逃がす程度であれば問題なさそうです。)




自分を含め、シーバスを扱い慣れてない方は知らない人が多いのではないかと思いました。




そして逆に
意外な事が影響【無】かったりするそうです。



この漁師さんは趣味で釣ったシーバスを売ることも有るそうなのですが、
口の奥にルアーが掛かった場合は無理に外さない方が弱らないそうです。



また、シーバスは一晩もあれば人が外せないルアーでも自力で外せる事があるそうです、



完全に喉の奥に刺さってエラ洗いだけでは取れないレベルでさえ「肉の力」で針を押し出した事があるとの事。。。

(人間の体からガラス片やトゲが自然に抜けるのと近い現象なのでしょうか、、?)



このような
意外に強い一面もあるそうです。




魚と深く関わる方の言うことは非常に参考になりましたので、これからの釣り人生に活かして参りたいです。





キジハタ最強すぎ。





おし
まい

]]>
某ちゃん
【 フッキング 】 について http://www.fimosw.com/u/mygame/tzyh8vxvwyo5b6 2018-07-07T00:08:00+09:00
避難勧告でたんですけど、
どうしたらよいのでしょう、、、



大雨警報、、、
釣りに行けそうにない
暇で仕方ない人


突然ですが、


試して下さい








<準備するもの>

・強めの紙

・友達







持つ人、引っ張る人に分かれて
お互い写真のように紙を持ったらスタート


(紙はエサと仮定)

紙を持つ方の人(エサを取られまいとする魚役)

引っ張る人(フッキング役)に取られないように

しっかり持ってください


そして2パターンの引っ張り方を試してください



①瞬間的にスパーンッ‼って引っ張る
②普通に引っ張る
※破れたら失敗です



さてどうなりましたでしょうか??



パターン①では
紙(エサ)がスッポ抜けた方がほとんどでは無いでしょうか



ワームでの釣り(特バス)の話ですが、

ルアーをせっかく喰わえた魚にも

同じスッポ抜け現象が起きることがあります。






しっかり食ってるのになんてモッタイナイ!






例えばロングワーム使用時だったり、


周囲にライバルとなる魚がいるときは


ワームを持って暫く放しません


こんな場合は鋭いアワセよりも
しっかり力強いアワセが適しているのが定説
 



昔は針先の鋭さだけ気にして、
動作を軽視しておりました。 


ある日、気になって調べてみると状況別で定説的なものがあり非常に勉強になりました。



コレで間違いないというアワセは無く、
やってみないと正解かどうかわからないのですが、

考えることで確実にキャッチ率は上がることを体感しております








それではフィールドへ 





7月4日(水)

雨後、増水


元々はメガロダンクルというスイムベイト
で思い出フィッシュをとる予定でしたが、
まだ活性に無理があり不発



そこで出番は
次にやりたかったゲーム

 ロングワームの釣り 


使用するのは長さだけでなくボリュームしっかりの
10インチ
(25㎝)のスパテラ

スパ10

(右上は5インチのカットテール)








ロッド:ロードランナー650MH
リール:カルコン201HG
ライン:16LBフロロ

フック:タリズマン3/0



白濁り気味の水質に

ミミズ系の赤茶色でシルエットくっきり


ノーシンカーでナチュラルドリフト


トンっ、、、


とアタリがあり、ジワーっと重たくなります



カウント開始



ベイトリールのクラッチをきり
サミングしながら泳がせます



この時点で高確率で今日このゲームが成立する予感。



1..2..3..4..5......10.11.12...15‼


15秒で長く強いアワセ


ファイトに持ち込むも、
これでも浅掛かりでランディング失敗





待てば待つほど飲み込むとは限りませんが、
とりあえず15秒待っても放さないことを確認。



あとはスッポ抜けないように確実に強いフッキングで貫通させるだけ‼



その後も回游があり、
同じように持って泳いでいくアタリ


バイトから10秒でフッキング




以前は半分以上バラしてましたが、


慣れればほとんどフッキングできます 












そしてアワセさえ決まればこの釣りは
メチャメチャに釣れる

















そしてデカイ



ランカーといわれる

50㎝アップばっかり

7、8本キャッチ






資源保護のために、というか、
他のルアーで釣れる日のために

釣り中止






このように
ルアーを放すまいとする魚に対しては
焦らず大きく強いフッキングが効くようです。





逆に瞬間的なアワセは
吸い込んだ瞬間に一番深い位置にある虫系ルアーや、特殊なサイトフィッシング、
すぐに吐き出してしまう状況下で選択します。
アジングも即アワセですね。



最初にも書きましたが
やってみないと正解かどうかわからないのですが、
(やっても正解とは言い切れないかも)
考えることで確実にキャッチ率は上がることを体感しております


あとは結局、
慣れのような気がしております。






現在、避難指示発令中
数十年に一度の大雨になると言われておりますが
今のところ何事もなく過ごしております。
浸水被害が心配です。
満潮は3時頃で小潮ながら315㎝。
ワールドカップでも見ながら起きておこう。






おし
まい





 ]]>
某ちゃん
モアザン・シャロール http://www.fimosw.com/u/mygame/tzyh8vxm83jahc 2018-07-03T00:56:00+09:00 ういういういうい~

釣れてますか??


最近は特殊ミッションの多い

某がーすーです

今回のミッションはCバスの生け捕り


見事つり上げることができ、
漁師さんにキープして頂いておりまする。


一緒に行ったたつや師匠に
釣り方を教えてもらいました!

シーバスフィッシングでよく聞くやつ

流れでラインをU字にして
ルアーを頭から暗方向に侵入させる

ターンの角度までは調整してませんでしたが、
だいたいの所で食ってくれました




ルアーは最近フィニッシュに使っているシャロール
藤田さんの影響で使い始めました




軽量のわりに飛ぶので嬉しい






説明文通りにマイクロベイトパターンで他のルアーで当たらない時に釣れるようです




クリア系のカラーだとアミパターンにも使えるのではないかと持ってます
なんかよくわからんけど釣れます



ここ最近引き出しが増えております某がーすー






バイブのピン撃ち、リフト&フォールでも子バッチをゲット‼


なんでもそうですが、
専門家と一緒に行動するのが早道のようです。





他の特殊ミッションでは
ユーチューバーの兄さんに協力


小型カメラの記憶容量により
1時間という短時間でしたが、

フロッグゲームでよいバスをゲット‼












次は河口のゲーム
新聞や新聞‼
そんなん出来ひんやん普通‼


しかし、出来るか出来ないかと問われれば、、、


「出来ますっ」


って

言ってしまう人間だということに
気付いてしまった某がーすーでした









おし
まい



















 
]]>
某ちゃん