釣りログ http://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ja 朗報・復活!開成フォレストスプリングス http://www.fimosw.com/u/hiroakiseabass/qdw5yjvfr5i7rh 2020-03-25T18:55:00+09:00 久しぶりに管釣りへ。








 

行き先は神奈川県の小田原にある開成フォレストスプリングス。












 

ここ2年ほど行けていなかったので、久々の管釣りとなりました。











 

この開成フォレストスプリングス。





 

たしか去年?に売却されオーナーが変わり、新体制で営業されている?との噂を聞いていました。





 

ライセンス料金が高くなった割には放流されている魚の数が減ったとの噂も聞いていたので、そこの調査も含めて行って来ました。













 

午前券で入場。






 

天気は快晴、ポカポカ陽気。





 

このロケーションの良さも僕が開成フォレストスプリングスに好んで来ている理由の1つです。














 

しかし肝心の朝まづめ・・魚が全く釣れない。。





 

回っているのが水流機のみで地下水汲み上げポンプが動いておらず、そのせいで普段よりも流れがないせいか魚の動きが無く、見えている魚もその場でボーッと浮いている感じ。





 

辛うじて動きがある場所の1投目でヒットさせられたとしても、食いが浅いのかバレてしまいます。





 

2ヒット0ゲットで午前中の半分位の時間を消費。


















 

しかし地下水汲み上げポンプが動き始めてポンド全体に水流が生まれると、マスが動き始めて・・





 

ついにゲット!










 

丸々と太ったニジマスちゃん。50cmは軽く超えているでしょう。
    








 

それ以降は3時間ほどで8ヒット5キャッチ。




 

食いそうな動きがある複数匹のマスのグループをランガンして見つけ、集団の頭の向きに合わせたトレースコースを取ることでヒットに持ち込めるというパターンでした。



 

バラシが多いと思われるかもしれませんが、普通の管釣りルアーのフックが今回のマスのサイズとコンディションには物足りない感じなのでこうなってます。







 

ヒットしてくる全ての魚がこんな感じで丸々と太ったナイスサイズなんです。






正確な計測はしておらず目測ですが、今回釣った魚は全て50cm以上。




コンディションが悪い痩せた個体は1尾も混じりませんでした。










 

大満足で終了。













 

そして今回感じたのは・・




 

「以前の開成に戻った!」





 

ということ。











 

開成フォレストスプリングスが開園した直後に来園された方が書かれたブログ等を読んでいると、

 

「開成は難しいし数も釣れないが、魚のサイズとコンディションが素晴らしい」


 

というニュアンスの事がよく書いてありますよね。






僕もそんな開成が好きでよく通っていました。


 

しかし、実はここ数年、それとは違う開成になっていたんです。










 

方針が変わったのか、トラウトキング選手権大会のような大会の会場となったせいか、小型のマスが大量に放流され・・






 

「デカいマスをパターンを見極めて釣る」


 

「釣ったデカくて旨いマスを賞味する」








 

という従来の開成の楽しみ方が成立しなくなってしまっていたんですよね。






 

従来の開成フォレストスプリングスをこよなく愛していた身としては寂しい思いをしていたんですが、今回見る限りでは完全に元に戻っています。






 

難しく、誰もがボッコボコに釣れるエリアではなくなっています。




 

ボウズを食らう人も居るのでは?というくらいのレベル感。









 

しかしパターンを当てることができれば、管釣りタックルの限界に近いファイトを見せてくれるコンディション抜群で元気一杯な大型のマスが遊んでくれます。








 

関東近郊・特に都心から電車でも行けるような距離感では他には無い・・これが開成らしさ、なんですよね。









 

今回行く前に聞いていた、魚が減った・・釣れなくなった・・という噂は確かに本当でしたが、良い意味で本当であったということが分かり、今後もここに通う楽しみが生まれた釣行でした。








  

 

インスタグラムやってます。
 
 

https://www.instagram.com/hiroaki_taketomi/
 

 
 
 
タックル

ロッド・999.9マイスター 60UL-K

リール・ストラディックci4 C2000S

ライン・PE0.2号+リーダー3lb

ルアー・ノアjr 0.9g

]]>
タケ
新島遠征 http://www.fimosw.com/u/hiroakiseabass/qdw5yjvktsogr7 2020-03-17T11:47:00+09:00  
 
 





今回の新島行き。本当はパラオに行ってGTチャレンジのはずだったんです。








 
しかし、昨年12月に予約した飛行機がまさかの韓国経由。



新型コロナウイルスによる日本への入国制限がかかったことによってあえなくボツとなりました。泣
 
 
 




こうなったからには頭を切り替えて楽しむしかありませんよね。
 
 
ということで行ってきました。
 
 
 
 









今回の目的は、サーフからのヒラメ&ヒラスズキ&マダイ。


 
自分の気持ち的にはメインはヒラメのつもりです。
 
 








 
実は過去に1度だけ、たしか6年前に東京に引っ越してきたばかりの頃、新島に行ったことがあるんですが・・
 
 


その時は爆弾低気圧の通過直後であったこともあり、島の周り全周に渡って大荒れ&泥濁り。


 
 
サーフからメタルジグをフルキャストしてもウネリの頭を越えられず、遙か遠くでウネリの壁に突き刺さるのが見える・・といった状況でした。
 
 

一番行きたかった、聖地と呼ばれるポイントには天候のせいで入ることすらできず・・



辛うじて釣りになる内湾や小場所のサーフに的を絞ったもののあえなく撃沈しました。
 
 







 
 
今回は確実にその時より状況は良いはずだし、何より房総方面のサーフで鍛えたお陰で6年前より確実にスキルアップした状態で臨むことができます。
 




 
意気揚々と島に乗り込み、2泊3日で釣りをしてきました。
 
 

 
 






1日目。
 
到着。






気になっていた天候はまずまず。


ずっと行ってみたかった、聖地と呼ばれるポイントへ!



 














しかしこのポイントへの道中がホントに辛い。。
 





 
まずは高くそびえる階段。

行きは下るだけなのでもちろんなんてことないんですが・・













帰りの登りがとても辛いです。

 



 










そんな階段を抜けてからは、ウェーダーにライジャケというフル装備で砂浜を5km以上歩かなければいけません。


 


写真の地点までも結構歩きますが、写真右に移る崖を超えても道のり的には半分も行かない感じ。












道中の陸側は崖。










 
砂で出来た脆い崖で、見ているとパラパラポロポロ・たまにゴロゴロと崩れていっています。
 
 










運が悪ければ生き埋めになるのではなかろうか?

 
 
恐ろしい。
 











 


 
そして聖地にたどり着くと、半端ではない西風爆風が吹いていました。
 
 






体を風上に向けると飛んでくるおびただしい量の砂がバチバチと顔に当たり、とても痛いです。。
 
 
 








 
翌日以降のために広大なサーフを歩き回り、とりあえず地形のチェックを済ませました。
 
 
 
夕まずめは爆風の中、とりあえず釣りになる場所で頑張りますがあえなく撃沈。






 
真っ暗なサーフを1時間近く歩いて帰りました。
 
 
 









 
 
 
2日目の朝まづめ。
 
 








相変わらず爆風ですが、向きは北に変わりました。
 
昨日目を付けたポイントで釣りが出来そう!
 
 





夜明け前の闇の砂浜をややテンションUPで1時間歩き、聖地にやってきました。
 







 
 
途中には昨日は居なかった先行者が。
 




声を掛けるとヒデはやしさんとガイド?の地元の方でした。


お二方に状況を聞くと、この1週間は聖地で魚は揚がっていないとのこと。
 






 
 
おお・・マジか~といった感じですが、色々と貴重な情報をいただくことができました。ありがとうございました。
 
 








お互い頑張りましょうということで別れ、目を付けていたポイントへ向かいました。
 







目を付けていたのは、無人島とサーフの間を繋ぐ砂州の上を潮が走っているポイント。





 
 
 
今回同行した友人に聞いていた事前情報では、その砂州の左右から流れがやってきていて砂州の上でぶつかっているはず・・とのことでしたが、今回の流れは一方通行。
 
 


そこそこな速さで流れており、感覚的に言えば大潮の下げMAXの荒川よりも断然速い感じです。
 
 
 
 
その払い出される側で朝まづめを迎えました。
 
 








 
 
ウネリで巻き上げられた濁りが入っていたので、ヒラメを狙うなら上のレンジを引くのは分が悪いでしょう。




ということで、ロウディー130Fのような潜る系ミノーやボトムスラッシュのようなジグヘッドワーム系を使って底スレスレを狙います。
 



状況に対してベストな攻めは出来ているという自信があったんですが・・反応は無し。
 
 








 
投げ続けていると、時間による潮位の変化と共に流れの状態が変わり、本流の脇にきれいな反転流が出来はじめました。
 
 
 
そのタイミングで友人にヒット!
 


 
きれいなヒラスズキ。目測で65cmくらい?
 
 







大きな反転流(直径50mくらい?)の中を表層系ミノー(アストレイア127F)で引いてのヒットでした。

 
その後は反応無く、2日目の朝まづめが終了。
 
 
 











 
2日目の夕まづめ。
 
 
北の風が強く、聖地は断念して間々下海岸へ。
 
 
間々下海岸も相変わらずやや濁っている感じ。朝まづめと変わらずヒラメ狙いで底付近をメインに探るも反応無し。
 
 
ぶっ飛び君95Sで表層を引く友人にはイサキがヒット。
 

そして2日目の夕まづめも、僕には何の反応も無いまま終了。
 
 
 












帰りのフェリーは翌日のお昼前。
 
これで残すところは朝まづめ1回のみになりました。
 
 
 





 
なんとか魚を釣りたい。そう考えて、頭の中で色々と策を巡らします。



 
2日目に見て回った結果、個人的に場所は聖地一択。
 
 
 


 
理由は魅力的な地形変化&流れと、友人のヒラスズキのヒット条件です。



 
 
「本流の脇のボトム」を狙っていた僕ではなく「反転流の中の表層」を狙う友人に食ってきたということは、こちらからは見えなかっただけで、イワシ等の小さめで遊泳力が弱い系の餌が近くに居た・もしくは魚がそういう餌を意識していた可能性が高い・・
 








実際、ヒラスズキの腹の中からはかなり消化が進んでいたもののキビナゴのような餌が出てきました。






 
 
 
 
しかし、もしその推測が正しかったとして・・「イワシ系のベイトが居る」という一見最高に見える条件でヒラメが食わないということは、ヒラメ自体が居ないのではないか?








 
居たとしてもベストだと思ったやり方で反応が無かった以上、自分が食わせられるヒラメでは無いでしょう。
 
 






魚を釣ることを第一目的とするなら、レンジ等々の攻め方をヒラスズキ系に全振りした方が確率は高いはず。
 

 
そう見込んで、ポイントに持ち込むルアーを半分以上入れ替えました。
 
 
 














 
 
そして3日目、最終日の朝まづめ。
 






 
 
北の風は相変わらず強いので聖地の大半のポイントはウネリが大きくて厳しそうな感じですが、やりたいポイントに限っては釣りができる可能性が高いと踏んで聖地へ。
 

 
 
遠い道のりを歩いて前日と同じ流れの払い出し側に陣取り、夜明けを迎えました。


 

 
 













前日と唯一違う条件は、ウネリの大きさ。



 
 
反転流が出来ていた辺りは前日はほとんど波が無かったんですが今日はウネリが入り、表層系ミノーを引っ張るのが難しい状況です。

 

 
 
また、時折回り込んでくる風がキャストの邪魔をしてきます。
 
 






 
苦戦しながらキャストを続けていると夜が明け、前日ヒラスズキがヒットした潮位に。


本流の状態も前日のものに近づき、時合が到来していそうな空気感です。
 





ちなみに撤収しなければならない時間までこの時点で1時間ほどとなっており、この時合が最後のチャンスになりそうな感じ。



連日の聖地巡礼に加え前日も2時間ほどしか寝ておらず疲労もピークに達していますが、ここが勝負どころと頑張ります。










ただ・・前日ヒラスズキがヒットした条件と大きく違うのは、おそらく風とウネリのせいで前日のような大きな反転流がほぼ消されてしまっているということ。
 
 
 
 




そもそもこんなにうねっていたら、イワシ系のベイトが居たとしても沈んでいるでしょう。
 



また、ウネリでガチャガチャな中には居ない可能性も高いでしょう。





ということは、「反転流の中にたまるイワシ系ベイトの存在 or その幻影を意識するフィッシュイーターの存在」を前提とした前日のパターンは成立しない可能性が高い・・
 
 
 







この状態でもしフィッシュイーターがこの場所に居たとして、どこに陣取るでしょうか?
 




ありきたりですが、答えは本流の脇の緩流帯or小さな反転流(直径5mくらい?)でしょう。


 
 
この本流の脇の緩流帯or小さな反転流を攻めるのは、なつかしの関門海峡でのシーバス狙いでよくやっていたやり方です。



関門海峡においても、特にベイトが確認できない時はそんなスポットに良くついていたものでした。




こんな感じ。↓
 
http://www.fimosw.com/u/hiroakiseabass/qdw5yjvxzpkf92
 
 







 
近い攻め方を前日に散々やって無反応を食らっていますが、その前日とは状況も狙いの魚種も違います。
 




状況にアジャストさせるという点では再度試す価値が十分にあるはず。

 




 

それまでは前日の反転流ゾーンに投げ続けていたし、このまま時合の流れが存在する間中ずっとそこに投げ続けていれば食ってくる可能性も否定できませんが・・





狙いを切り替えるなら今この流れが継続している間におこなう必要があるでしょう。



 




 
ということでルアーを交換し、本流の脇に狙いを切り替えました。
 
 












着水点をずらしながら流れの感じを探り、いい感じの場所に入った3投目・・








いったん本流に着水させたルアーが本流の脇に出てきて、再び本流へ向かう小さい反転流に乗って足元のブレイクライン沿いをゆっくりと泳いでいる時でした。







コン!というバイトのような感触を感じ、聞いてみると重みがあったので合わせるとヒット!
 
 
 






 
絶対にバラしたくないという緊張感の中で慎重にやり取りしてゲット!












 
 
 


57cmのマダイ。
 







離島のポテンシャルという点ではそんなに大きく無いサイズなんでしょうが、最終日の終了までラスト1時間の中でゲットできた貴重な1尾。







 
超うれしい!
 
 
 
 











 
ルアーはロックドリフト100F。






 
流れの中をスローで引いたときの水掴みとアクションレスポンスの良さ、キャスト時の風の中での直進性、この日の大きさのウネリの直下(=ベイトが沈んでいるであろうレンジ)を引けるレンジ設定から選択したミノーです。
 



 
そもそも磯で使うミノーで、普段のサーフの釣りにおいて使うことはありませんが、こんな状況もあろうかと前日の夜に予備ルアー達の中から一軍BOXに移しておいた判断が的中でした。
 









会心の1尾。








 
そしてそのままタイムアップ。
 
 















長い長い帰り道。
 

前日前々日の敗北の帰り道とは違い、魚を手にしている勝利の帰り道というだけでキツさをあまり感じません。
 
 
 
 






 
予定通り昼前のフェリーで島を出ました。
 
 
 
 








 
最近は関東での釣りに慣れてきて、良くも悪くも予定調和的な釣り(特にシーバス)が増えていました。
 



 
慣れない場所でこんなに考えて本気で釣りをしたのは久しぶりのような気がします。



 
 
場所を読み、時合を読み、ベイトを読み、攻め方とルアーを合わせる・・という海のルアーゲームの本来の楽しさ、結果が出ない苦しさと結果が出た時の嬉しさ、それらを自分の中で1から構築する楽しさを久しぶりに味わえた気がして、とても有意義な新島遠征になりました。
 



 










最後に・・








新島での経験が少ないのでまだまだ大した事は言えませんが、前回・今回で受けた印象で言えば「新島=パラダイス、簡単に釣れる」というイメージは幻想に近いです。


そんなに甘くないです。












他の離島や東京湾以外でのシーバスゲームにも言えることですが、フィッシュイーターとなる魚は基本「居ない」です。











ベイトが入って爆釣なんて滅多に無いラッキーパンチを除けば、1級のスポットに条件が整った時にのみ入ってくる感じ。





ただ、その一発を引き当てた時のリターンがでかい「時がある」。







それが新島や、離島・地方遠征の醍醐味ですね。

















機会があればまた行きたいと思います。















 
 
 
インスタグラムやってます。
 
 

https://www.instagram.com/hiroaki_taketomi/
 


 
 
 
タックル


ロッド・オールウェイク105マルチ

リール・ツインパワーXD 4000XG

ライン・よつあみX8 1.2号+リーダー25lb(1~2日目) or 20lb(最終日)

ルアー・ロックドリフト100F、ロウディー130F、サイレントアサシン140F、ぶっ飛び君95S、Bottom Slash Head Plus 30g+ Bottom Slash Plus Shad
 ]]>
タケ
内房河川イナっ子つき http://www.fimosw.com/u/hiroakiseabass/qdw5yjvaa826e9 2020-03-16T12:48:00+09:00  






 
バチ抜けの数釣り祭りはとっても魅力的ですが、魅力的であるが故に人も多い。。








なので今回はバチ抜けではないゲームプランでサイズを狙ってみることにしました。
 
 








 
狙うのはイナっ子を補食しているであろうシーバス。
 
 


バチ抜けより数は出ませんが、アベレージサイズが大きいのが特徴です。




 
 
 
80cmを超える魚が釣りたいな・・
 
 
 
 
ということで内房河川へ!
 
 






 
 
 
 
満潮潮止まりに現地到着。
 
 
イナっ子付きシーバスを狙うと言いながらも・・バチ抜けしてないか?気になったので別ポイントに寄り道してチェック。笑
 
 






 
前日降った雨のせいか川は薄い白濁りで微妙な空気です。
 
 
案の定バチは見当たりませんが・・岸際でライズ発見!









 
 
 
目を凝らしてみると追われているのはバチではなくハクのようです。
 
 
 
ということでノガレを投入すると、このサイズが次々にヒット。





 
 
 
 
 


気が済んだので移動。
 





 
 
 
 
 
 
 
次にやってきたのはイナっ子付き狙いのポイント。
 



海から見て河川自体の標高がグンと上がる最初のポイントです。
 







 
 
この「海から見た河川の標高の変化点」は、河川でシーバスを釣る上でかなり重要な要素であると僕は考えています。
 


その変化点を分かりやすいところで具体的に言えば、「瀬」や「沈み堰」なんかが該当するでしょう。



瀬や沈み堰以外にも人工物・天然の地形それぞれに河川の上下流の標高を変えている要素は結構あるものです。



 
 
 
 
そして河川の標高の変化点には良い地形変化が存在するのはもちろん、そこを境とした上流部と下流部では環境がガラリと変わっているんです。





 
その地点の上か下かでベイトやシーバスの入り具合が一潮以上違ったりするケースもままあります。
 
 
 
 




何より、そういう地点ではその河川の季節感がどこまで進んでいるのか?を観測しやすいんです。
 





 
 
 
今回はこの川に来るのが久しぶりなこともあって、状況把握も兼ねてそんな標高の変化点を狙ってみることにしました。
 
 
 
 








 
満潮から2時間後。下げの流れが加速していくタイミングに合わせてポイントに到着すると、加速していく流れの中でたまにイナっ子の波紋が見えています。
 
 



 
 
流芯からのかけあがりに蛎殻帯が絡んでいるゾーンの表層にルアーを通してみるも反応が無いので、レンジを下げて軌道を変えるためシンペンを投入。
 
 





ミオ筋の深みを回ったルアーがレンジを上げながらゆらりゆらりと蛎殻帯に近づいていくと、蛎殻帯を通過したかどうかというところでガツンと元気の良いバイトでヒット!
 
 
 
 

 
 





75cm。
 
コンディションのわりにとても元気な魚で、ランディングまで楽しませてくれました。
 
ルアーはGENMA110S (21g)。
 









 
数投後、同じルアー・同じやり方でまたヒット!
 


 


60cm台半ばといったところ。こいつも元気!
 
 




 
 
 
 
ここで流れが緩み、この場所は時合終了な雰囲気なので移動。
 
 







 



 
次にやって来たのは、標高の変化点の下流側に位置するポイント。

 
 
流れも走っていて良い感じ。







 
 
 
 
今日の本命ポイントは実はこっちだったので、期待に胸膨らませて開始するも・・
 
 




 
 
 
 



40cm台が2本と尻すぼみな感じ。。


 
ルアーはKAGEROU100F。
 




 
 
ここでタイムアップ。








 
 
 
本命ポイントこそ外したものの、結果的には気持ちの良い釣りができました。
 
 
良いデータも得られたし、次は今回得られた情報をもとにちょっと動いてみようかと思います。
 
 




 
 
 
 
インスタグラムやってます。
 
 
https://www.instagram.com/hiroaki_taketomi/
 
 
 
 




タックル
 
 
ロッド・エクスセンス∞ S906ML
 
リール・ステラ3000MHG
 
ライン・ピットブル12 1号+リーダー16lb
 
ルアー・GENMA110S (21g)、KAGEROU100F、ノガレ120F
 
 
 ]]>
タケ
五島列島ヒラスズキ遠征 http://www.fimosw.com/u/hiroakiseabass/qdw5yjvi2ykv3k 2020-03-08T20:49:00+09:00







 
そんな中で時間を使い、今までずっと行ってみたかった五島列島へ行ってみることにしました。



 
ターゲットはヒラスズキ。







 
 
 
 
今回は自分で見て回って開拓するような時間は無いので、九州の友達の案内でポイントを回ることにしました。
 
 
要するに今回は、大船に乗って五島のヒラスズキに癒やされに行こう・・という主旨の旅です。笑
 
 









 
博多港のフェリーターミナルから五島へ!


 

 












「フェリー太古」。客室はきれいだしシャワー室に展望デッキ等設備が充実した船で、とても快適です。




 
 
 
 












到着して数カ所ポイントを回ると早速ヒット!






 
 

 
50cmほどと関東サイズですが、遠征での最初の1匹はいつでもうれしいものです。
 
 
 
薄めのサラシとブレイクライン&高めの足場という場所で、サラシ直下をテロテロと泳ぐベビーロウディー95Sにヒット。
 
 













 
しかしその後・・色々な場所を回るも、しばらくヒット無し。












 
 
 
 
 
かろうじて遊んでくれるのはイサキ。




















そして再び関東サイズのヒラスズキ。











何度もこの島を訪れている友人いわく渋いとのこと。
 
 
 






 


 
 
ウロウロするうちに夕まづめが近づいてきたので、本命の1つというポイントへ移動。
 




 
ワンド状の地形に流れ込んだサラシが離岸流的な感じで沖へ伸び、その下にスリット状に切れ込みが入った岩が入っている、理想的なポイントです。


 




 
 




 
まずは端のB級サラシから・・



 




 
 
B級サラシであるという油断から、いい加減なタイミングで適当に投げると良いサイズっぽいミスバイトが!



 
しまった・・もう終わりかな?と後悔しつつ、心を落ち着けて次のキャストタイミングを計ります。



 
 










 
セットの波が打ち寄せ、A級サラシからの流れの帯がB級サラシに重なるタイミングでキャスト。
 
 
丁寧にリトリーブしているとヒット!
 
 


 
 
 
72cm!
 






関東ではなかなかお目にかかれないサイズに出会えて大興奮です。





 
 
 
美しい・・
 
 
 


















かっこいい・・





 












 
イワシと小さい甲殻類を吐き出しました。

 







 
この後A級サラシもチェックしますが、なぜかノーバイトで移動。
 













 
 
 
そしてこの日最後にやってきたのは、友人もやったことが無いという磯。
 




航空写真で見る限りでは絶対釣れそう・・と思っていたポイントですが、とある障壁があって入りづらい磯なんです。



今回はその障壁をクリアし、入ってみることにしました。












 
結果から言ってしまえばこれが大当たり!
 
 
 
太陽が水平線に近づいていく中・・・











めぼしいサラシを足早に撃って回ると次々にヒット!
 




 
 
ダブルヒットもあったり、このポイントでの1時間ちょっとで友人と合わせてバイト数は10を超えたのではないでしょうか?
 

 
 
 
サイズは70cm台まで。
 
 







1本だけ別格の魚をヒットさせたのですが・・重たい走りに耐え、波の周期に合わせて強引に浮かせようとリフトアップしたところでフックアウトでした。




 
きわどい場所で掛けたので仕方無いですが、間違い無く今回の最大魚でした。
 






この場所では友人と合わせて6本?くらい?


これが五島のポテンシャルか!といった時間を堪能できました。








 



 
 
日が沈み、この日は終了。
 
 
 
 










夕方少しエギをしゃくりますが、疲れからの眠気には勝てず早々に退散。




















翌日はフェリーの時間がだいぶ早いので、駆け足でポイントを回ります。
 
 
 
前日よりウネリが大きくなっており、結果から言えば波裏のサラシが強い日でした。
 
 
波表のサラシを攻めた僕は数回のバイトやバラしのみ、波裏のサラシを攻めた友人は数尾キャッチしていました。
 
 









 
 
ということで今回の五島ヒラ遠征は終了。
 
 





 
本音を言えば1週間ほどたっぷり時間を取ってくまなくポイントを回ってみたかったですね。
 
 
 
まあそれは次回の楽しみに取っておきましょう。
 
 
 
 
 












それにしても五島はロケーションや魚影など全てが素晴らしく、とても魅力的な場所でした。
 













今年中に絶対もう一回は来たいと思います!




次は別の島を自分の力で巡ってみたいですね。
















さて、東京に戻ってシーバスですが・・その前にもう一つ遠征を入れてます。




行き先は、6年ぶりに訪れる島です。











前回は天候にも恵まれずコテンパンにやられましたが・・6年前より大幅にスキルアップした今の自分で今度は結果を出せるのか?





それともまたやられるのか?










何も更新が無ければやられたんだと思ってください。笑














 
インスタグラムやってます。
 
 
https://www.instagram.com/hiroaki_taketomi/





 
 
タックル
 
 
ロッド・オールウェイク106モンスターバトル
 
リール・ツインパワーXD4000XG
 
ライン・PE1.2号+リーダー30lb
 
ルアー・ロウディー130モンスター、ベビーロウディー95S、サイレントアサシン120F、ロックドリフト100S、かっ飛び棒130BR]]>
タケ