Strive! http://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ja http://www.fimosw.com/u/cradle/1ah34485gy342u 2017-08-22T10:46:00+09:00
夏休みに火が付いた黒鯛釣り。

ルアーでは絶対やりません。ヘチ釣りオンリー。

のんびり出発でご近所ポイントへ向かいました。

本命ポイントは既に満員気味につき、遠慮がちに空いている場所へ入ります。

現着から10分。まだ上げが緩い中でもノーマークの良い場所は反応が早く。

45くらいのを無事キャッチしましたが、iPhoneが死んで撮影できず。

どうにもならず仕方ないのでそのままリリースです。

アタリ数は本命の比ではなく、かなり辛い展開ですが、普段やらない釣りはモチベーションが保てます。

3時間程でアタリは3回だけ。

休憩を挟み満潮からの下げを狙います。

反応は全てボトム。アタリはやってる人しかわからないやつです。

やってない人でもわかるアタリはこちら。



イエロー。しかもデカい。

追加してもまた黄色でした。



黄色はお呼びでないのです。

何とか黒いのをと期待のマズメで奮闘しましたが、こちらは狡猾で割られたのと、かけ損ねたのを一回ずつでタイムアップ。

もう一回です。


Tackle
Rod:HECHI SELECTION
Reel:Metaroyal
Line:2+1.2]]>
A
夏休み http://www.fimosw.com/u/cradle/1ah3448mdoa2fs 2017-08-16T21:42:00+09:00
夏休み。親族共々都会っ子なので、帰省という概念はありません。

遠出もせず、初日は一年ぶりくらいのポイントへ。

雨模様のスタート。

飛んだ下げに乗せながら落としているとモゾっと戯れてきました。



僅か5投でキャッチ。

少しだけ頑張りましたが、最早どうでも良く次の獲物を狙います。

アジ釣り。アジングなんて洒落た釣りはしませんし、アミコマセで汚れる釣りもしません。



カマス用の投げサビキ。チャートが炸裂。

溜まり場発見であっという間に30匹程に達して夏休みの肴を確保しました。

翌日は休業し、明けた日曜はオフショア。

毎度のタチウオです。

序盤は大人しめのジャークとローアピールのジグがメインでした。



ポツポツ程度の出だし。

中盤の良型ポイントで半覚醒。

センターバランスの強め大きめのワンピッチが良かったような?



フェイバリットの近海フルピンです。



サイズアップもメーターには及ばず。

20に届かない程度の釣果でラストスパートを狙いましたが、見事に撃沈で毎度の宿題となりました。


さらに翌日も雨模様の中、釣りへ。

黒鯛のヘチ釣り。結果は一枚バラシのみでコテンパン。

何度となく餌を割られる一方で、ベテランは釣りまくりと色々考えさせられる良い時間でした。

間に仕事を挟み最終日。釣果云々以前に余りに内容のない釣りとなった為、記憶から消去します。


次月からはまた違う釣りが開幕。

切り替えていきたいところ。


Tackle
沢山。
]]>
A
脱線中 http://www.fimosw.com/u/cradle/1ah3448edmj82g 2017-08-08T22:53:00+09:00
目下脱線中。

レンタルボートのバス釣りもまたお楽しみ。

狙いの釣りは早々に不発でショアラインのタイトな釣りへシフトしていきました。


ウッドカバー絡みで反応が出ますが・・・



小さいです。加えてバラしを量産。

小バス相手に半分も獲れない状況です。
バレてもいいやと思いつつも、流石に笑えてくる程。



やっとの2匹目。

ハマればポツポツ出てきます。



岩盤のちょっとした窪みや、沈み木の有る無し、ルアーやリグの組み方でも変わって来る辺りがバス釣りならではです。

待望のゲリラ豪雨で好転かと思いきや、大して奮わず。



ラストまで小物でしたが、海の釣りでは早々要求されないタイトなキャストゲームは楽しい時間でした。

夏休みは遠出の予定もないので、近所でヌルい釣りに勤しむ方針。


Tackle
Rod:EXPRIDE
Reel:Complex
Line:3lb]]>
A
遠足 http://www.fimosw.com/u/cradle/1ah344865cxkkt 2017-07-24T16:46:00+09:00
お声掛けを頂き、二週続けて少々遠出してみました。

一週目はほぼ不眠で挑み結果何もなし。

昼寝しに行っただけに。

ただ、自分の眼と嗅覚か明らかに劣化している事を実感しました。

始めたばかりの頃は何処も釣れそうな気がしてなりませんでした。ただ肝心な部分が不足しているので、結果はなかなか出ません。

いつの間にか経験と多少なりの技術が身につくと、代わりに視野が狭くなり固まっていって・・・

全くわからないいつもと違う場所での釣りは釣れない時間が長い分、色々考え直す機会になりました。


そして翌週はまた違う場所。初場所です。

雰囲気やスケールは如何にもといったところでしたが、やはり力と気持ちが及ばず何もなし。

昼前までやったところでお遊びタイムに移行です。

ノープラン適当バス釣り。

最初のエリアは苦手な事もあって無し。


協議の結果、比較的好きな子場所へ行ってみることになりました。

春に来て以来の場所。普通に投げただけではそうそう釣れないポイントです。

めぼしいストラクチャーや変化に積極的に入れていきますが、反応はありません。

最後にしようと取っておいた非常にやりづらい場所に入ります。

岸から沖に伸びるレイダウンが邪魔をして普通には岸際を狙えません。

サイドスローではレイダウンの先端と並行か少し内側までしか入らず、スキッピングは距離が足らず。

ならばとレイダウンの上から被せて岸と並行にキャスト。

素早くラインをレイダウンの下に潜り込ませコントロール。

馬鹿みたいな手順ですが、眼や嗅覚が死んでいないからこそできる発想かなと。

着水点の状況が全く見えませんので手元の感触と僅かに見えるラインだけでアプローチをイメージします。

良いところに入れば一発がバス釣り。



サイズは小ぶりになってしまいましたが、いつ巻かれるかわからない緊張感はこの釣りならではの楽しみです。

初心なんとやら。大切です。


Tackle
色々]]>
A