( =ω=)<毒男釣り日記 のようです http://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ja フィールドテスターかくありき part2 http://www.fimosw.com/u/KTECH/37rteyjeu5st68 2018-05-25T06:38:00+09:00
(  =ω=)<暫し待たれたし

とFishmanのWeb担当小川くんに言い、
ひたすらにランカーシーバスを、

リプラウト+カルコン101HG縛り

と言う条件で狙い続けて早8日。






つ、釣れねえ…w




雨で増水し、中洲まで水没するような状況、





しかし西村は諦めぬのだ。
こうと決めたらやりきるのだw


釣り業界のフィールドテスターなら、
必要な時に、
必要な魚の、
綺麗な写真を求められたら、

出来ません、釣れません、じゃ生き残れない。

1匹の魚を捕る為に、
可能な限り足掻いてもがいて、
結果を出さなきゃならんのだw






だがしかし釣れねえwww
さすがにあかん!と83に持ち替え、
とにかく魚を探す釣りに切り替えた。




稚鮎の下にはチーバスは居るんだがなあ…




で、釣れない時は気分転換に、





ショアジギングなんかしてみたりw





で、英気を養って、
また川歩きを再開だ。








今一番釣りたいのはただ一匹、

ランカーサイズの川シーバス。

それだけだ。

まだまだこの男、諦めぬよ(  =ω=)




イベント告知。




明日から2日間、
新潟県央、上州屋燕三条店様で展示受注会です!
既存番手は当然で、
現在各地でテスト中のプロトも展示しますよー!

北陸道の三条燕インターチェンジから僅か5分、
上越新幹線の燕三条駅から徒歩10分くらい!

沢山の来店、お待ちしております(  =ω=)


]]>
西村 均
ベイトでショアジギング、さてリールは何選ぼうか http://www.fimosw.com/u/KTECH/37rteyjgbc8wxg 2018-05-22T02:23:00+09:00
ベイトタックルでショアジギング、
しかもガチンコなサイズの大型青物を狙う。

全くもって趣味全開な釣りであるw

そもそもがベイトタックルてのは、
近~中距離のピン撃ちが得意技。
なのにそれをサーフでド遠投しようてんだ。
下手すりゃ壮絶なバックラも有り得るよね。



だけどやっぱベイトならではのメリットってのがあるし、
そもそも『すげー楽しい』のだw
太いラインを自在に扱えるから、
でかい魚相手に一歩も引かずに主導権取れるし
エリアが深く、バーチカルな釣りをするなら
圧倒的にベイトは有利だし、

そしてキャストが決まって、
ルアーが遥か彼方にかっ跳んだときの爽快感。
これはもう比べるべくもないw




けどねー、
今まではあまりロッドも選べないし、
リールの選択肢も少なかった。
だから一般的じゃない、変態的な釣りだった。

それがここ数年で、ガラリと事情が変わってきた。

大型のベイトリールが各メーカーから発売されてきたからね。

リールがあるならあとはロッドだ。
各社段々と長物ベイトロッドを出してきて、
そりゃもう楽しいよねw
選択肢が増えて、選ぶ楽しさが出来るから。




さて、じゃあサーフジギングには、
どんなベイトリールが良いのか、
ってーと、

一にラインキャパ
二に巻き速度
更に強力なドラグ、
更に更に強・耐海水であること。

ここらだと思うなー。
アブならWM60や50、
テイルウォークならワイドパワープラスとかだ。

そこに去年シマノから出たグラップラー300HGでトドメだ!

と思ってたら、なんと今年は、




カルコン300がモデルチェンジしたのだ!


去年グラップラーの記事は書いたので、
今回はこいつの話だねー。



まず、旧300と何が変わってるのか、だけど、
ぶっちゃけ別物だ!

海水に若干弱かったSVSインフィニティはオミットされ、



8ピンの従来型SVSに変更された。



ご丁寧に軽量ブロックは付属品!

ブレーキの不安は払拭されたのです。


で、ギヤ比が上がり、巻き速度が速くなった!
旧カルコンだと、オシアのギヤを流用して
ハイギヤ化したりと面倒だったけど、
18カルコンは最初からハイギヤ!
ドラグサウンドも内蔵でエキサイトw
 

で、一番の変更点が、
レベルワインドがシンクロ化した。





これによって、太いラインの放出抵抗はほぼゼロ。
ドラグ作動時にレベルが飛ばされる事もない。


純正新品開封そのままで、
ガチンコに使えるにくいやつ!

それが18カルコン300なのだー(  =ω=)






土手形状も進化して、
更に浸水対策が進んでるしね。




ベアリングは開封時はグリス仕様だ。
メンテの時にでもオイルに換えても良いかもね。




オシアジガーMX4の3号がむっちゃくちゃ巻けるので、
不意の高切れの数回くらいは平気ですw
そんなラインキャパの大径スプール位でないと、
30~60gのメタルのフルキャストの初速が上がりすぎ、
サミングがピーキーになってしまう。

大体似たようなスプール寸法のグラップラーは、
40gメタルジグでもマイルドに扱えます。
カルコンは更に楽なんでは無いだろうか。

ドラグは7kgとの事で、走り回るブリくらいは停められるし、 

これからベイトショアジギングをやるのに、
かなーりお薦め出来る逸品であります。




次回はグラップラーに代わり、
18カルコン301でショアジギングに挑む!


さあ、どうなるか楽しみだ(  =ω=)

]]>
西村 均
【Fishman】日本海名物!浜ブリを狙うの巻!【106M】 http://www.fimosw.com/u/KTECH/37rteyj29nuz5m 2018-05-21T16:06:00+09:00 5月も下旬に差し掛かるこの頃、
ようやくサーフに青物が回遊してきたのだ。

例年なら早ければ4月の頭には始まるのに、
今年は遅れに遅れたけど、
ようやく奴らがやってきた!



さて、サーフ青物と言えばショアジギング。
今、Fishmanではサーフの長物を数機種開発中で、
その中でも主にメタルゲームを考えてる番手、

『BRIST106M』のテストを俺が続けてるのだ。


サーフからのメタルゲームだから、
青物は当然で、他にもヒラメやマゴチ、
ロッドの強さを活かした磯シーバスくらいを
考えてる番手で、
中心ウエイトは40gくらいだろう。

けど下は15gくらいから、
上は60gも余裕で背負えるのだから、
使い勝手が良いのですw





今回のリールはシマノのグラップラー301HG。
元々はジギングリールなんだが、
ハンドル替えただけでキャスト仕様に早変わり。

まあ縦か横かの違いだわw

ラインは今年お気に入りでヘビロテ確定の、
シマノのオシアジガーMXの3号。

ベイトリール使うなら、もうこれだけ使ってれば
なんの問題もないぞ!
て位にお薦めです。
しかも600mまで単色売りだからタマラン!








朝イチ、砂浜に立ち、
まずはイナダやイナワラをぼちぼちキャッチ。
40gのDuoドラッグメタルがかっ飛ぶかっ飛ぶ。

周りのスピニングアングラーがじろじろ観てて
若干恥ずいがお構い無しだ。


やっぱ、ショアジギングとは言え、
縦に沈める釣りだと、ベイトは非常に快適だね。

そうこうしてるとやってぃ君も到着し、
二人であーのこーのと話しながら、
朝イチ筋トレは続くのだ。


今回は、
Duoのドラッグメタル40g
ビーチウォーカーアクシオン
ラフトレイル青政148F

ブルーブルーのブローーウィンスリム
同バシュート

タックルハウスのフィードポッパー120
K2R112

ここらを投げてた訳だが、
19.5gのK2Rが前回のプロトより、
格段に投げやすくなってる。
だいぶ進化してきたぜ、マルロクMも。




で、青政でズドーーーーン!と水柱も上がり、
さあ、デカイのが来るはずだ…と、
水柱の上がったそのエリアに、
ドラッグメタルを撃ち込み、
ボトム着底から大きく1スキッド、
その後にハイピッチショートジャーク、
そしてフォール…


ガッツン!
と、青物特有のはっきりくっきりした、
気持ちいいバイト。
勿論フッキングばっちりだぜ(  =ω=)!
ジギングは得意じゃきんw



が、デカくねこれ?

すかさずやってぃ君が動画を回してくれた、
そのキャプ画像をどうぞ。





各地のフィッシングショーでマルロクMを触った方なら、
このロッドがかなーり強めだと解るでしょうが、
それがこう曲がるのだw
きちんと腰を落としてタメを作り、
体幹で踏ん張るのが回遊魚とのファイトのコツ。




まだパワーには余裕あるが、
リンクパーツの破損を考慮して、
グラップラーのドラグは約6kgくらいに調整してる。
けど一瞬のダッシュではジジーッ!と出る。

が、ロッドのベンドがその走りを停めるから、
いつまでも走られるなんて事はない。




時にはギンバルのごとく、
腰だめに構えて両手でロッドを引き寄せる。
左右に他アングラーがいた場合、
そちらへ走られると厄介だw
ファイトの時にラインを上げてくれるような、
そんな優しいアングラーとは限りませんw




そして波打ち際にずりあげたのは…












ご覧の通りのブリブリのブリ!
めちゃくちゃ重たくて、ブツ持ち構えてるのも辛いw
やっさん、はよう、
はようシャッター頼んますー(;=ω=)
顔が歪むーーw



てな楽しい朝なんですぜ。

しかもショアジギシーズンはまだまだ続く。
更に狙ってやろうじゃないか!


Fishman
BRIST106Mプロト(第3期)
シマノ
グラップラー301HG
オシアジガーMX3号  リーダー8号
Duo
ドラッグメタル40g

]]>
西村 均
フィールドテスターかくありき http://www.fimosw.com/u/KTECH/37rteyjvhhxf42 2018-05-18T18:08:00+09:00
釣り業界の『フィールドテスター』て存在は、
時として不条理で、かつ不利な状況で、
結果を求められたりするもんだw

そこで結果を出せる人、 
結果を出す為に精一杯あがける人が、
フィールドテスターてもんになれるんではなかろうか。

なんちて(  =ω=)





先日の事。

リプラウトでこんな写真ありませんか?

てな感じでFishmanのウェブ担当、
北海道の小川くんからお願いされたのだ。


生憎と、お眼鏡にばっちり叶う写真がない。
Fishmanの眼鏡っ子二人は、
さてどうしよう、と話したが…



(  =ω=)<数日待たれたし


て感じで、西村は時期外れのランカーシーバスを求める戦を開戦させたのであるw




まあなんて言うか、
毎年5月の末には、新機種デリバリー同時に、
ランカーをキャッチしてるんだけど、
毎年恒例のデリバリー遅れがあったから、
良い時期に釣りを開始してた訳だw


今年はその遅れがなかったから、
魚がまだ居ねえ時期にロッドだけが手元にある状況。


とは言え、今回のオーダーはリプラウト縛り。
なんとかしてみようじゃないか!





リプラウト+カルコン縛りの釣りである。
稚鮎の時期にだw
クローラならなんとかなるんだろうが。




…さて、
昨年の水害、今年の大雪がもたらした雪代で、
河川は地形ごと変化してる。




ここ、去年は足首くらいの河原だったけど、
河原ごと全部えぐられてしまった。

去年までの経験はもう使えない。

地元河川なのに開拓フィッシングですよw





ビームスリプラウトのグリップは、
こんな浸かりの為に短いのだ。
手首の小さなスナップだけで、
目一杯のベンドを稼いでピンを撃ち抜く。
肝属の尊氏のスタイルを体現したデザインだ。

それは西村の地元でも、
日本各地の中、上流シーバスでも猛威を奮うんださ。




エリア探索を開始して3日目。



雨が降り、川は暴れた。
溯行する一歩が川底ごと流され戻され、
半歩ずつしか歩けない。





河原なんてものはなくなった。
全てのオーバーハングがピンポイントになった。


その全てを撃ち、シーバスの気配、
ベイトフィッシュの気配を探る。


が、未だ何も掴めていない。
そんな折に、





すげーゲリラ豪雨がやってきたw




川は一気に水位上昇。

カルガモさんは呑気だけどねw


これで状況は一変する筈だ。










頼むぜアイスライド185。




さあ、今晩も戦を始めよう。

]]>
西村 均
【イベント】Fishman展示受注会@燕三条! http://www.fimosw.com/u/KTECH/37rteyjjrfei94 2018-05-17T08:08:00+09:00 先日の足立区マニアックス様展示会、
宇都宮の北関東ルアーフライフェスティバル、
沢山のご来場、ありがとうございました!
新機種のクローラ、開発中のプロトを沢山触って投げて、 
オーダーされた皆さんは今頃悶絶されてるかな?


さて、今度は地元新潟で展示会。




上州屋の燕三条店様で展示受注会です。

地域的に、サーフがそれなりに近く、
渓流フィールドにもそれなりに近い。
淡水のナマズ雷魚も盛んな地域。
様々な釣りが得意な新潟県央の店舗で、 
県内アングラーなら行ったことあるお店ではないかなw

これから新潟は、
リバーシーバス、サーフジギング、 
ロックフィッシュ、クロダイトップと、
釣りが楽しくなるシーズン。  

そんな時期にばっちり合うロッドを展示受注致します。

勿論開発中のプロトも持ってくよ!




なんてってたって、
宇都宮から荷物全部持ってきたw
開発中プロトは今全部わが手元w
使いたい放題や!


ナナテンHがすげー良いな…

良いな(*=ω=)



来週26、27日は上州屋燕三条店様ですよ!

つり具の上州屋 - 燕三条店
http://www.johshuya.co.jp/sp/shop/detail.php?s=126&no=94125

北陸道燕三条インター降りてすぐです。


]]>
西村 均
Fishman展示受注会!上州屋燕三条店様初開催! http://www.fimosw.com/u/KTECH/37rteyjs6b6rua 2018-05-03T08:15:00+09:00


皆さん今年の新製品、
CRAWLAシリーズはいかがでしょうか。 
GWを悶絶してるんじゃないかなw

そのクローラを含めて、
Fishman全機種の展示受注会を開催しますよ。

5月の26、27日。
新潟県三条市、
上州屋燕三条店様での初開催!

今回のオーダー分は、
クローラのデリバリー二回目の分かな。
夏には使えます。
勿論既存の番手もオーダー出来るし、

店舗さんにクローラの在庫あるかもねw


店頭には西村が立つので、
ロッドの話だけでなく、
リールの相談も出来ますよ。



今月末は燕三条ですよー(  =ω=)

]]>
西村 均
魚に優しく、『持たないブツ持ち』 http://www.fimosw.com/u/KTECH/37rteyj824wham 2018-04-30T18:41:00+09:00
渓流ベイトと言うか、
渓流のトラウトフィッシングのお話だねー。



冷水に棲む鱒達はさ、
とにかく暑さに弱い。
大昔に陸封され、海に戻れなくなった彼らは、
冷たい水を求めて上流、源流を目指し、
そこで生活するようになったんだ。


んでだ、そんな山ん中まで分け入って、
俺らアングラーは釣りをする。
んで、綺麗な魚を釣る訳さw




このパーマークが観たいからさ。



でだ。
アングラーとしては、 
釣った魚を持って撮影したくなる。
いわゆるブツ持ちだよねー。


だけど、ちょっと考えて欲しいんだ。

冷水、それこそ10度前後の水温で生きてる彼らを、
体温36度くらいの人間の手に持ったら…



アーチチアーチー! 

になるんだ。



だから、ブツ持ちするなら、
手をしっかり冷やし、グローブを水に浸し、
気をつけて魚を持ってあげるんだ。





が。

西村は考えた。

けんさんのウユニ塩湖の写真みたいな、
遠近法を使ったトリックフォト。
春にサスケくんで試した、




これだ。


これを使えば、

『魚を持たずにブツ持ち』出来るのではないか?




と考えた。


魚類の天敵と呼ばれる西村ですが、
魚類は大好きなんですよw


自分が針を掛けた魚は大事にしたい。
そう思い、試し始めてます。









おらあいち釣り人であると同時に、
Fishmanのテスターだ。
キャッチした魚の写真は、
次の年のカタログに使われるかも知れないから、
一枚一枚を最高な写真にしなきゃならないw

綺麗に『魅せる』写真にしなきゃなんない。




けど、いちトラウトアングラーとしては、
ブツ持ちではなく、
『持たないブツ持ち』で良いや。
自分の記念で魚を弱らせるくらいなら、
オートリリースや持たないブツ持ちが良い。


そう考えるのでした( =ω=)

魚に優しい魚類の天敵でありたいw]]>
西村 均
大の男が夢中になる! http://www.fimosw.com/u/KTECH/37rteyjtooeozy 2018-04-25T13:29:00+09:00
今日の北陸は荒れ模様。

じゃー今日のうちに釣り行くべ!
とグループLINEでわいのわいの。


新潟のFishmanユーザーが集まったw

サスケ君にR君にやってぃ君ににすむら。

全員がインテにアルデだ、
狙うはデカメバ。

みんなでウェーダー履いて浸かって、
沖へ目掛けてルアーをフルキャスト!








釣れねえwww



ならば港の中でアジメバだ!
明暗に目掛けてジグ単フルキャストだ!
足元には魚がわさわさいるぜヽ(=ω=)ノ





R君が幸先良くキャッチ!ナイスサイズだ!







でけえwww




俺も負けてらんね!













雨強くなってきたし、切り上げですな(  =ω=)





まあ、こんな日もあるけど、
それが釣りってもんさ。

釣れる釣れないじゃない、
同じ趣味を持った友達と、同じ時間を共有する。



これほど大の男が夢中になれる事はないよねw

てな夕べのひと時(  =ω=)

]]>
西村 均