Megabass Official fimo Blog http://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) レンジで叩き出す!広島ボートアジング!『ドクターチョロでボッコボコ!!』 http://www.fimosw.com/u/Megabass/4ib3oognzxj84f 2020-03-30T10:00:00+09:00 オクトパスゲームの伝道師こと中川です!

今回はプロトワームのDr.CHOROを片手にボートアジングを楽しんできました。
 
 
ポイントに着くと常夜灯にはベイトの子イカが多く、周辺ではアジやサバのライズが多発!

ボディサイズがビンゴなDr.CHOROで表層を巻くもアタってくるのはサバばかり...
 


ライズ一旦無視し、目先を変え水深18mをキャロで底から探り上げてくると中層で大型のアジの入れ食いモードに突入!!
 

1時間ほどの地合いでしたが。
 
その後は底付近から中層とレンジが刻々と変わるパターンだったのでキャロで手返し良く楽しめました。
これからオカッパリもボートゲームも瀬戸内はアジの最盛期!
楽しむしかないですね!
 
]]>
メガバス株式会社
漆黒の海に放つブラックパワー http://www.fimosw.com/u/Megabass/4ib3oog3jmmm33 2020-03-28T08:00:00+09:00 例年に増してドタバタとした年度末ではございますが、季節はまもなく春。
 
世の中も混沌としてどこかいつもと違う春の訪れにややお疲れ気味なので、リフレッシュよろしく!クリクリな目をした可愛い春告魚『メバル』を求めて真夜中の浜名湖へ。
 
上げが効き始める絶好のタイミング…。
ここ最近流れの絡む常夜灯周りのサーチを繰り返してましたが、ライズは有れど例年のようにそう簡単には口を使ってくれない天才メバルが多数。
 
ということで、気分を変えて『明』を完全に捨て漆黒の『暗』のみ狙いにチェンジ。
 

上げの流れと、下げの流れの残党が交錯するド真ん中を漂わすコリー『MAT BLACK GLOW GLITTER』元気なバイト!
 

あまりサイズの出ない浜名湖にしてはかなりのグッドサイズなメバルをキャッチ!
 
激しめな流れのヤヤコシイ所にはナイスサイズがしっかり居ますね。
 

暗く激しい流れの絡むエリアにはよりシルエットの出るブラック系カラーはアピール力が高く、魚に見つけてもらいやすくなり、コリーの弱く漂わせる食わせのアクションとの相乗効果は絶大です。
 

さまざまなシチュエーションに対応するカラーバリエーションとなってリニューアルされているのでその時その場の状況に合わせてカラーチェンジを楽しみ、春のメバルプラッギング最盛期を攻めちゃいましょう。
 
ではまた!]]>
メガバス株式会社
メバルのポジションを意識する http://www.fimosw.com/u/Megabass/4ib3oogxy7vxdg 2020-03-24T12:10:00+09:00
最近はコロナウイルスが猛威を振るい、外出ですら考えなければならないなど不安な生活が続いていますね。一刻も早く状況が落ち着いて欲しいと願っています。

さてメインで通っているメバルですが、こちらは少し春の気配が感じられるようになってきたので紹介したいと思います。
 

僕の通うエリアでは 赤メバル → 白メバル → 黒メバル の順番で産卵に出て行っているように感じているのですが、最近黒メバルのアフター個体がちらほらと見られるようになってきました!

いよいよこのまま春爆に向けてまっしぐら!!!と、言いたいところですが水温、気温ともに季節の変わり目でなかなか安定せず良い日と悪い日のムラがあるようにも感じています。

季節の変わり目というのはどの釣りをしてもパターンがハッキリせず難しいイメージがありますが、そんな今の時期僕がメバルプラッギングで何を意識してどのようにルアーローテをしているのか書いてみようと思います。


基本的に釣り場での探り方は大きく変わりませんが、特に気を使う必要があるのは魚のポジションとそのポイントにいる魚のコンディションです!

先に書いたように僕のホームでは赤や白メバルであればアフター個体も体力は回復して活発に活動、捕食をしてくることが多いため、表層系のミノーのビーグルファットビーグルで反応が出ることが多いので最初は表層から探ります。
 

ですが、ショートバイトはあるけど乗らないなど反応はあるもののフッキングに至らない状況では水温が少し下がって動きが鈍くなっているかアフターでしっかりルアーを追って食ってきていない(吸い込みの力が弱くしっかり食わせ切れていない)可能性があるため、コリーでより表層でゆっくりと漂わせ、吸い込みも送り気味にしてあげることで乗ることもあります!



しかし雰囲気や条件のそろっている場所でも表層で反応がない場合は魚がウィードやストラクチャーの陰でじっとしていることが考えられます。

その場合メインベイトが甲殻類などボトムを意識するような場合か先と同じアフターであったり水温が下がっていたりという事が考えられるため、魚が隠れているであろうウィードやストラクチャーのすぐ上、横へテリアを送り込むようにしてやるとスコンとルアーが吸い込まれるようなバイトが出ることがあります!

そして、もしその様にローテーションを回しても反応が得られない場合は、潮のタイミングやマズメ時など時間帯をずらすことで答えが得られることもあるため、僕の場合は見切りをつけて次のポイントへラン&ガンしてしまいます!

なかなか見切りをつけるタイミングというのは難しいですが、ある程度、魚のポジションを意識してキャストすることで反応が返ってきやすい魚種だと思っているので、反応のない場所で粘るよりは次、次とポイントを回る方が良い魚と出会える可能性も上がると考えています。

まだまだ気候が安定していませんが、間違いなく季節は進行しています!
尺メバルと出会える可能性もまだまだあるので、ぜひメバルプラッギングゲームへ出かけてみてはいかがでしょうか!
 

 ]]>
メガバス株式会社
メガバスのオフショア!! http://www.fimosw.com/u/Megabass/4ib3oogsrygcjh 2020-03-23T20:00:00+09:00  
日によって南風の日も増えてきて、名瀬港内にも魚の姿が増えてきてボイルもちらほら。
まぁ年度末なので仕事が忙しくなかなか時間が作れず休憩中に眺めてよだれ垂らしてるだけですが(笑) 
 
そんな中ようやくハイシーズンのカンパチジギング へ行けました! 
 
釣果の前に、、
メガバスのオフショア製品って皆さん、なにがラインナップされているかご存知でしょうか? 
 
メガバスというと、バス用品はもちろん、最近盛り上がりを見せているシーバス、今年リューアルされたライトゲーム、ハタゲームの礁楽シリーズなどなど、たくさんのラインナップがありますが、少し影に隠れてる感ありますがオフショア用品もしっかりとラインナップがあるんです!
 
その中でもオススメしたいのが、メタルジグのスラッシュビートと、スラッシュビート・バックスライダー
 
SLASH BEAT

SLASH BEAT BACK SLIDER

ラインナップは、80g~180gまでの20g刻みでラインナップ!
  
ともにタチウオ専用とメーカーHPでは謳ってありますが、所謂「基本性能が高いジグ」で、タチウオだけでなくあらゆるターゲットに使っていただきたいです(^^)
  
先日のカンパチジギングで水深100m以内のではスラッシュビートシリーズが力を発揮してくれ、特大は出なかったものの満足な釣果に恵まれました!
 



 
]]>
メガバス株式会社
シラスウナギ × 淡路島シーバス http://www.fimosw.com/u/Megabass/4ib3oogvm2fkr3 2020-03-19T18:10:00+09:00 兵庫県淡路島の大橋剛詩(オオハシ ツヨシ)です。
新型ウィルスの影響が各地に響いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 
釣りなら大丈夫!と油断せず私も春を探しにフィールドに日々通っております。
 
 
さて今回は『シラスウナギ』を捕喰するシーバスにスポットを当てたいと思います。
 
高値で取引されることから『白いダイヤ』と呼ばれるウナギの稚魚シラスウナギ! 
淡路島でも2月からシラスウナギ漁が解禁となり現在真っ只中。
特に河川絡みのポイントに集まりやすく、シラスウナギを捕喰するシーバスフィッシングが成立するのである。
 
河川内はシラスウナギ漁の照明によるプレッシャーが高いため、今回は小規模河川の絡んだサーフを舞台に釣行しました。 
 
まずはルアー選択から。
シラスウナギは体長10㎝に満たない細い魚。
当然のことマッチ the ベイトが必須。
使用したルアーは、『KAGELOU100F』
 
 
次に重要なことは、表層を漂うシラスウナギをイミテートしたアクションを演出すること。
 
リトリーブスピードは、ロールアクションが入るか入らないかの超スローがベスト!
 
ロッドティップを立て息を殺しながら丁寧にリトリーブすると・・・
 
良型シーバスがヒット!!
 
 
シラスウナギは少しの風や波でも岸際ギリギリまで打ち寄せていることが多いため足元まで丁寧にリトリーブすることが重要。
 
 
今回の釣行日はベタ凪ぎで連続ヒットさせることはできませんでした。
しかしシラスウナギが岸極に打ち寄せられるような風の強い条件であれば連発も多々ある『シラスウナギパターン』
 
シラスウナギは日本各地の沿岸に接岸しますので、
ぜひ皆様も狙ってみてください。
 
 
【タックル】
ロッド:SHADOW XX SXX-87ML
ライン:PE 1号
リーダー:フロロ 16lb.]]>
メガバス株式会社
春シーバス間近満喫 http://www.fimosw.com/u/Megabass/4ib3oogjs9dyr2 2020-03-19T08:00:00+09:00 東京の相良です。
 
夕マヅメから河川へ行って来ました。
下げの流れが勢い良く流れているタイミングでまだまだ水位があり、X-80SW LBO ShallowX-80SW LBOと様子を見ていき、もう少し下のレンジを狙いたい!っと、ふっとBOXの中を確認とFLAP SLAP SW LBOを今回持ってきていたため、付け替えてキャストしてみると思ったような理想的な下のレンジが通せている!

しかも!超、超!ぶっ飛ぶ!!
 
遠く約50m以上の流れがひときわかっ飛んでいる辺りにキャストさせて、しっかりローリングアクションを感じながら重たい流れが感じられ、その重たい流れが緩んだ辺りでガツン!と気持ち良く食ってきてくれました。
 


 
LBO II搭載で良く飛びますのでサーチルアーとしても活躍間違いなしです。
 

ぜひ体感して見てください。]]>
メガバス株式会社
新生・礁楽について語る http://www.fimosw.com/u/Megabass/4ib3oogjcu23eu 2020-03-18T12:10:00+09:00  
さて、今回のテーマでもある再始動した礁楽についてお話しします。
久々の出展となったフィッシングショー大阪でその全貌を公開した礁楽ブランド。
古くからメガバスを知る方ならご存じブランドのことでしょう。
礁楽のメインターゲットは根魚を中心としたメバル、アコウ、ハタ、クロソイ、ガシラから、アジやチヌなど。
ブランドのラインナップは主にワームとロッドになります。
という礁楽ブランドを再始動にあたり色んな思いがあります。
 
・礁楽の夜明け・
この前身の動きとして僕はnadarブランドで根魚、チヌ、シーバスなどでプロモーション活動を約3年半ほどしていました。
そこで学んだことを胸にこれからメーカーとして新しく提案していくべきことは何か常に考えていました。
そんな時に気がつきました。
メガバスには全国に信頼できるプロスタッフとモニターがいる。
個人の発信力が強くなった時代。
 
nadarから次へのステージへ。
今なら彼らとともにアップデートした礁楽を再始動できるのではないか。
33年の歴史を持つメガバスはルアーフィッシングシーンに常に変化と進化をもたらしてきたブランドです。
 
リバイバルではなく新生礁楽として僕らは現場から釣りを愛するアングラーへ本気で踏み込んだアイテムを作ることにしました。
 
 
・ルアーとロッドについて・
誰でも簡単に釣れるというようなフレーズの言葉は礁楽にあてはまりません。
使い手となるアングラーが、ルアーの特性をしっかり理解し使いどころを、出しどころを見極め、ココイチバンで必殺メソッドとして使えるようなソフトと、そこに最大限のパフォーマンスを発揮できるハードとなるロッドをラインナップします。
近年のライトゲーム、ロックフィッシュ、チニングシーンのベースは十分にできあがっています。 
 
 

僕らはそこからもうワンステップ踏み込んだもっとやりこみたい!と思っているアングラーのみなさんに向けて提案していきます!!
そのベールは徐々に各スタッフが解き明かしていきますので発売まで今しばらくお待ちください。
あまり長くなりすぎても読み疲れすると思いますので(笑)、製品のラインナップなどについては各メディアの方々に取り上げていただいた動画でチェックよろしくです!!
 
 
■ 礁楽ロッドについて (fimo TV)
https://www.youtube.com/watch?v=vvZoXhHPu70&feature=youtu.be
 
■ 礁楽ワームについて(fimo TV)
https://www.youtube.com/watch?v=IEnbbNV0dd4&feature=youtu.be
 
皆さん、新生・礁楽にご期待ください!!]]>
メガバス株式会社
シェイクをビューンと…ね☆ http://www.fimosw.com/u/Megabass/4ib3oogc7bbk6s 2020-03-17T20:00:00+09:00 タコーレ♪アモーレ♬
年間釣行回数が365回を超えている釣りバカ野郎・タコ野郎こと峰重です(爆)
だって、職場の目の前がホームグラウンドなんですもんっ♪

最近はもっぱら仕事前にちょこっとタコ調査をし、仕事終わりはちょこっとメバルプラッギングを。
これが日課となっております。
で、時間が出来た休日は、ウロウロとタコを探しに行くワケで…
今回は4月末に新色が出る予定のタコーレシェイクでタコを狙ってきました。

タコーレシェイクは元々船タコ用に開発されておりますが、僕の過去の釣果を見て頂いてもお分かりの様に、陸っぱりタコゲームでも使えます。
そんなタコーレシェイクタコーレティンセルの腰掛バージョンで、岸壁際を狙っていきます。
 

タコーレシェイクはシンカーが最初は付いていないので、僕は棒オモリの6号を装着し使っています。

比較的流れの穏やかな香川県の海は、岸壁際を狙うのも沖を攻めるのもこのウエイトが丁度良く、キャストするとブッ飛びます。
1か所目のポイントは広範囲に探りましたが不発。
そこからすぐ近くをウロウロしていると、タコゲームをやった事のない場所を発見しました。

ポイントとしては、両サイドがフェンスで右側岸壁には作業船が停泊しており、足元15メートル程の岸壁際のテクトロと、左方向しか狙えません。
先ずは足元を狙ってみますがアタリ無し。

次は左側の岸壁際にロングキャストで、狙ってみることに。
スリムな形状のタコーレシェイクは、風などの影響も受けにくくロングキャストでピン撃ちするにももってこいです。

そして1投目。
30メートル程ビューンとキャストし、我ながら自画自賛な神キャストで岸壁際にドンピシャ!
ボトムをしっかりと取り、ゆ~っくりとシェイク&ステイで5メートル程引いてくると…

”ムニュっ♪”

タコのアタリっ( *´艸`)
タコーレシェイクは、タコのアタリが分りやすいのも魅力の1つですね。

タコにしっかりとタコーレシェイクを抱かせフッキング!
新規ポイントで完璧、完勝なタコゲーム!!
 
チョー気持ちいいっ♬(北島康介ばりの)

まさにタコーレシェイクの特徴と良さが出た釣行となりました。
本家タコーレタコーレシェイク

そして、テスト中のソフトバージョン。
メガバスのタコゲームルアー達がタコゲームを更に盛り上げるの間違いなし!

4月末辺りから今年の商品が釣具店様にもデリバリー予定ですので、皆さんもチェックして下さいネ☆
 
]]>
メガバス株式会社
かなり使える!!「ドクターチョロ」 http://www.fimosw.com/u/Megabass/4ib3oogmior4on 2020-03-13T20:00:00+09:00 今年のメバリングは、普段通りにプラッギングで楽しみながらも要所要所でライトゲーム用のプロトワームのテストに力を入れてます!
 
ワームの名前は「Dr.CHORO(ドクターチョロ)
 
フラットサイド形状のボディにピンテールを備えたワームで、現在1.5インチと2.0インチのふたつのサイズを試しています!

マテリアルも柔らかめでピンテールということもありアクション自体は大人しめなのですが、存在感のある扁平ボディにかなり深めのリブが入っているのでボディ全体で微波動を発生し、他にはない独自のアピールでメバルの食性を刺激するワームです!


 
ジグヘッドに縦セットでも横セットでもセッティングできるので、状況に応じてお好みで使い分けできます!
個人的には、平たい面を上下にした横セットがオススメで、一般的な細いワームよりもスローフォールと精度の高い水平スイミングが狙えます!
レンジキープ力も高いですね!
 
1.5インチは、ジグ単で湾内のストラクチャーに付くシロメバルを、

2.0インチは、フロートリグで沖の潮目に付いた良型のクロメバルを、

みたいな感じで、しっかりとしたサイズの使い分けも狙ったデザインになっています!
 
 
手前味噌になりますが、このワームはかなり使えます!(断言)
今までのワームローテーションの中に新しいスパイスを効かせることのできる可能性を大きく秘めたデザインのワームです!

「ドクターチョロ」!
どうぞご期待下さい!!
 
]]>
メガバス株式会社
ベイトの二極化。 http://www.fimosw.com/u/Megabass/4ib3oog32876pm 2020-03-09T18:10:00+09:00
今回も衣浦港に入港しているシーバスをジギングで狙ってきました!
水温が暖かいボトムに群れているシーバスをMETAL-X WAVINGRIDERを直撃で狙っていきます!

ボトムにびっしりいるシーバスに対して、ただ巻きとフォールを繰り返すと、面白いようにシーバスが入れ食いに!
 

ベイトはサッパを食べている個体バチを食べている個体で分かれていましたが、ウェービングライダーはただ巻きで底バチを意識したアクションも可能になるので、ただ巻きではバチアクション、フォールでは小魚などのベイトアクションを出すメソッドもあります。
 
ジャーク&ジャークによる平打ちアクションや、イレギュラーフォールを繰り出すリフト&フォールメソッドでも、様々なヒットパターンを生み出すアクションが可能なジグです。
是非お試しください。
 ]]>
メガバス株式会社
SLASH BEATシリーズでタチウオ爆釣! http://www.fimosw.com/u/Megabass/4ib3oogd5wfnoj 2020-03-09T12:10:00+09:00  
今回はGUNSHA.CREWメンバーの白川が遠州灘沖でのタチウオ釣行をレポートです!
 
ーーーーーーーーーー以下 白川よりーーーーーーーーーー
 
GUNSHA.CREWの白川です。
 
先日、太刀魚狙いで遠州灘沖に出航してきました。
ポイントにはプレジャーボート3隻。
流石にもうシーズンオフで少ないですね…
様子を見て回りますがあまり釣れていない様子…
 
周りの船の動向に注意し魚探を見ながらポジションを決めてスタート。
Megabass の太刀魚用JIGはSLASH BEATSLASH BEAT BACK SLIDERがありますが自分は先ずSLASH BEATから使います!
テンポよく探れて魚の状況が直ぐに確認できるからです。
 
水深150m ボトムまでジグを落としてワンピッチジャークで探っていると110m辺りでジグがフワッと軽くなる!
太刀魚が追ってきている!
でも追って来ているが喰わない状況。太刀魚のいる棚が分かったので今度は120メートルまでジグを落としワンピッチジャーク3回してからステイ!
喰わせ間を入れるとガツンとバイトし良型をキャッチする事ができました。
 
 
このパターンがどハマりし連発します。
指5本以上のメーターオーバーのドラゴンサイズも飛び出し始めて、太刀魚で抜け上げるのは無理だなと思いタモを使いました!
 
 
少し食いが渋い状況になってきたら、SLASH BEAT BACK SLIDERにスイッチ!
その名の通りこちらはファールアクションに特化しており、ゆっくり動かした後にバックスライドを交えたフォールアクションでレンジをスローに攻めるとこれもまたどハマりし連発します!!
 
 
ドラゴン級タチウオのドスッと重いファイトをSABERIST SA-63Mのパワーでしっかり受け止め100m以上の深さからゴリゴリとブチ抜き!
 
 
魅惑のバックスライドに嬉しいゲストのオオニベも食ってきました!!
 
 
魚が飽きないようにジグを変えたり、カラーを変える事で終始タチウオの反応を得ることが出来、帰るタイミングをすっかり見失う楽しい釣行となりました!


■ タックル
ロッド:SABERIST  SA-63M
リール:ベイトリール 300HG
ライン:PE 1号
リーダー:フロロ20ポンド(2ヒロ)+糸先100ポンド(50センチ)
ジグ:SLASH BEATSLASH BEAT BACK SLIDER
 
 ]]>
メガバス株式会社
ついに解禁『新・礁楽』!九州より http://www.fimosw.com/u/Megabass/4ib3oogatdg2nj 2020-03-05T12:10:00+09:00 先週の大塚さんの礁楽の紹介はコチラ
 
 ロックフィッシュが盛んな東北でテストしてついにデビューとなった新・礁楽ですが、実は九州でのテストも行いました^^
 
九州に大塚さんが遊びに来た時にも、ひたすらテスト!
 
自分はこの当時プロトがなかったため、大塚さんが作るロッドをみて触って、可能性を感じていました^ ^
 
 
そして昨年は夏には鹿児島の磯でもテスト!
自分が使っていたモデルはSL-811XXHC!
 
東北の大型クロソイや、九州のクエなどをターゲットにしたシリーズ最強のパワーロッドとなっています。
 


夏の短期間のテストだったので、そこそこサイズのアカハタしか出ませんでしたがそのパワーとテキサスリグの操作感は充分に感じることができました。
 
九州では他の釣りに比べてそんなに沢山の人が磯ロックフィッシュをしている印象はあまり受けません。
実際ロックフィッシュ狙っていて人とバッティングすることもありませんでした。
 
だから北部九州では冒頭のクエや、南部九州ではスジアラなど様々な可能性が多い釣りでもあると感じています。
 
 
奄美大島に引っ越してしまいましたが、これからこっちのロックフィッシュの可能性を礁楽と共に探って行きたいと思います^^
 
また礁楽シリーズにはロックフィッシュモデルだけでなくて、マルチに使えそうなSL-71HC、ベイトフィネスモデルのSL-76LBF、アジング特化モデルのSL-510ULSなど、楽しみすぎるモデルが沢山!!
 
自分もこれからどんな釣りにどのモデルを使おうかなーとワクワクが止まりません!笑
 
今回は紹介でしたが、これから発売まで随時お伝えできたらなと思います。
 
礁楽シリーズ!よろしくお願いします!]]>
メガバス株式会社
カッターでイナッコパターン http://www.fimosw.com/u/Megabass/4ib3oogsy49fm2 2020-03-05T07:00:00+09:00 東京の相良です。
 
大潮の下げがまだ僅かに残っている大分低いタイミングの河川へ行ってきました。
 
この日はイナッコパターンと考えてタックルボックスに入れてきたのは、
KAGELOU100FKAGELOU124FONETEN LBO SWONETEN MAX LBO SWX-120SWCUTTER 128
とミノーメインのため、ミノーをしっかりと飛ばせて扱えるロッドはアステリオン・AST-96ML
 
色々とローテーションを繰り返していく中で、この日、高反応だったのがCUTTER 128
タングステン・トリプルウェイト内臓のシャロランナーミノーで飛距離抜群!
 
数こそ少ないイナッコが一ヶ所にザワザワしていたので、カッター128を超ゆっくり巻いて見せる感じで流すとガツン!とほぼカッター128を丸呑みで食ったのはなかなかの良いシーバス。
 


カッター128は廃盤となってしまいましたが、良く釣れるカッターシリーズ!
現状カッター90カッター115の2つになります。
こちらも合わせて良く釣れるルアーですので是非使ってみて下さい。]]>
メガバス株式会社
早春の淡路島ソルト http://www.fimosw.com/u/Megabass/4ib3oogrtjcwr4 2020-03-04T18:10:00+09:00 兵庫県淡路島の大橋剛詩(オオハシツヨシ)です。
季節の変わり目となる3月がスタートしました。
 
水温はまだまだ低いものの春の陽射しに誘われてイカナゴを中心とした春定番のベイトの接岸が期待でき徐々に上向いてゆく淡路島ソルト!
 
現時点では冬のスポットと春めいてきたスポットの混在する状況。
冬寄りの釣りと春らしい釣りの両方が楽しめる淡路島です。
 
最新の釣行写真とともに季節の変わり目となる淡路島のシーバスフィッシングをお届け致します。
 
 
イワシなどの回遊型ベイトを確認できない場合は、厳寒期の鉄則『シモリパターン』で地形に付くシーバスを狙います
(シモリパターンの説明は前記事をご覧ください→ 前回記事「淡路島・厳寒期の鉄則は『シモリパターン』」)。
 
ターゲットは、シモリ帯に棲息する根魚を捕喰するシーバス!
シャローなシモリ帯では、シーバスのポジションを予測し広範囲をサーチできる『KAGELOU 124F』が有効! 
 
 
 
 
朝夕のゴールデンタイムは水面直下を強く意識しているため、しっかりとした太い波動にリアルなロールアクションが武器の『KAGELOU 124F』が効果的です。
 
 
少し水深のあるポイントでは S字系ジョイントルアーを使用。
S字波動にはルアーを追わせてから喰わせる特別な力とアピール力がが秘められている。
 
 

ヒットルアーはこの冬、数々の大型シーバスを仕留めてきた『アイスライド135SW』

 
 
一方 イカナゴやイワシなど回遊型ベイトの目視できる春めいてきたスポットも存在。
 
ベイトパターンと言えば『KANATA SW』
 
 
テンポよくベイトの絡むエリアを撃ち続けて魅せて喰わせられるジャークベイトは効果絶大!
 
 
 
ここ最近の淡路島で安定的な釣果を叩き出しているのがこの『KANATA SW』です。
 
 
これからはひと雨毎に春が深まってゆきあっという間に春本番に移行します。
春の爆発力はどの海域にも引けを取らない淡路島ソルト。
ぜひ淡路島の春爆を堪能しにお越しくださいませ。
 
 
 
【ベイトタックル①】
ロッド:SHADOW XX SSX-80HC
ライン:PE 3号
リーダー:フロロ  10号
 
【ベイトタックル②】
ロッド:VALKYRIE World Expedition VKC-66XH
ライン:PE 3号
リーダー:フロロ 40lb
 
【スピニングタックル】
ロッド: SHADOW XX SSX-87ML
ライン: PE 1号
リーダー:フロロ 16lb
 ]]>
メガバス株式会社
日々反省 http://www.fimosw.com/u/Megabass/4ib3oogxxmoodd 2020-03-04T11:08:00+09:00 本日も林崎漁港から出船の「中島丸」さんにお世話になりました。
 
実は太刀魚ジギングの楽しさをもっとお伝えしたかったんですが、いつも利用している近隣の遊漁船のほとんどが、今シーズンの太刀魚を終了してしまいまして…(汗)
 
本日は、船長が青物&タコ狙うと言うことで、スラッシュビートにTACO-LEをタックルケースに詰め込んでいざ出陣♪
 
朝イチは、ハマチ狙いでジギングからスタート!
潮があまり動いて無いようなので、スラッシュビートBS 150g・シルバーゼブラをキャストして、斜め引きのワンピッチで誘い上げるとすぐさまヒット♪
 
 
サイズはイマイチだけど、嬉しい一尾。
周りもパラパラと釣れ始め、ラッシュに突入!
 

30分程で9尾追加し、時合終了。

同船の方もパラパラと釣れていましたが、明らかにスラッシュビートBSの反応が良かったです。
元来、太刀魚用のジグですが、ほんとに万能ですね♪
明石の海峡周りでは、スラッシュビートBSのシルバーゼブラとバナナカラーは外せません。
 
その後、粘りますが船中沈黙…。
そろそろ、タコ狙いに行こうということで、ポイント移動。
 

8POD 8P-FUNE180-2TACO-LEシェイクをセットし、ジギングの勢いのまま、意気揚々と釣りを再開しますが、ノー感じ….。
両隣のお客様はパラパラと釣り上げていきます…
カラーを真似して、2つセットしている、片方をチャートにチェンジするといきなり反応が…
しかし、回収中にバラシ。
久しぶりでフッキングが甘かったか…

気を取り直して、誘うとなんとか一杯目を確保!
 

しかし、続きません…
 
そうすると隣の常連さんから、「この季節はあまり、動かすと良くないよ~」とアドバイスを頂き、柔らかくゆっくりと誘うと、すぐさま反応が!
しかし、またもや回収中にバラシ…
その後、なんとか粘って2杯を追加するものの、船中沈黙タイムに…
 
夏以外の季節にタコゲームしたのが初めてで、凄く勉強になりました。
 
低水温時に効く、柔らかくゆっくりな誘いがキモでしたね…。
8POD 8P-FUNE180-2のグラスソリッドのティップなら、このアクションが容易に出せたはず!(反省)
 
 
いや~タコゲームも奥が深いです…。
日々反省ですね(笑)
ロッド、ルアーの性能がフルに発揮できるように腕を磨きます。]]>
メガバス株式会社
忘れちゃいけないぜっ!本家タコーレ!! http://www.fimosw.com/u/Megabass/4ib3oog9a54iuk 2020-03-03T20:00:00+09:00 タコーレ♪アモーレ♬
住んでいるマンションの大型修繕工事が今年あるようで、ベランダの植物達やメダカ達をどうしようかと?本気で悩んでる香川のタコ野郎こと峰重です。
約半年間も工事があるとか・・・
トホホ(汗)
 
さあ!気を取り直して最近のタコゲーム。
少し暖かくなってきたので、ライバルのオジさんタコアングラーも毎日数名見られるようになり、違う意味で厳しくなってきました(笑)
でも、こっちも一応はメガバスのプロスタッフ。
負けてはいられません!
 
仕事終わりの暖かい土曜の夕方。
メバリングまでの明るい時間帯、ホームグラウンドに到着すると2名の先行者が。
最近はもっぱらプロトルアーのテストばかりだったので、今回は本家タコーレを投入。
 
ルアーは、タコーレ99・Gキラービータコーレフラッシャーのハイアピールバージョンで、先行者が叩いた後であろう岸壁際をネチネチとシェイク&ステイで狙っていく。
すると、いつもタコが着いている大きな障害物を越えた所でアタリが!
 

してやったりっ!
 
タコは他のアングラーが叩いた後や、自分が叩いた後でも、カラーを変えたりルアーを通す向きを変えることで釣れることが多々あります。
 
他のアングラーが叩いた後だからと諦めないで、ぜひチャレンジしてみて下さいね。
 
そしてもう一つ。
暖かい休日のお昼前。
やはり先行者アリ(笑)
でもでも、やっぱり気にせずアタックしちゃうワケで・・・
ハイ!釣ります!!
 
ドヤ顔してます!
 
タコーレ99タコーレフラッシャー強いね~☆
 
タコゲームがお陰さまで大分浸透し、ライバルも多くなってきましたが、諦めずあれやこれややってみましょう!
 
必ず発見と驚きがありますからね( *´艸`)
 ]]>
メガバス株式会社
マイクロベイト付きのサブサーフェスプラッギングアジゲーム http://www.fimosw.com/u/Megabass/4ib3ooghdr9iao 2020-03-03T18:10:00+09:00 大阪の小西です。
いよいよ本格的にマイクロベイトが出始め、春な海になってきましたね!
 
先日、和歌山県中紀エリアに稚鮎についたヒラスズキを狙いに行ってきました。
川絡みの漁港を何ヶ所かまわるも…あれ?もしかして稚鮎少ない?となり…アジでもやって帰ろうかという話になり大阪に向け北上しながらアジの実績場を見に行ってみると、川の河口の橋脚、国道から明かりが漏れているところどころでアジがハク(ボラの稚魚)にライズしていました。
 
まずは水面をじっくり引けるコリーから探っていきます。
すると1投目からアジの反応が。
 


続けてパタパタッと連発していると潮が効き始めアジの場所が遠くなりました。

 
そこでコリーよりも飛距離が出せるテリアに変え、広範囲を探ります。
ココンッと気持ちいいバイトが出続け満足したところで納竿としました。
 

 
アジング!といえばジグヘッド単体やフロートのイメージが強いですが、ハクや稚鮎などのマイクロベイトを偏食し、表層でライズが起こっている状況ではプラグが有利な時もあります。ジグヘッド単体のようにこちらから掛けていく楽しさは若干欠けますが、コリーテリアのように3g、4gとウエイトがある分、飛距離が稼げます。
飛距離を出した上、ジグヘッド単体でいう0.4gほどの重さのレンジを引いてくることができるのがまた強みですよね。

秋冬はボトムで釣ることが多いアジですが春は表層にベイトが集中することが多くプラグによるサブサーフェスゲームが楽しめるかと思います。川絡みの港湾部の常夜灯周り。
なかなか食わないライズやボイルをコリーテリアなどで攻めてみてはいかがでしょうか??

アジが水面を割ってパシャッ!っと出る姿は楽しいこと間違いナシ!!!
 

 
]]>
メガバス株式会社
東京カサゴ・プラッギング!? 陸っぱりで良型連発!! http://www.fimosw.com/u/Megabass/4ib3oog3ndo8bi 2020-03-03T12:10:00+09:00 東京湾奥エリアの加藤です。
 
前回は東京都内で、ビーグルファットビーグルを使うメバル・プラッギングで良型のメバルが安定して連発しているお話しをしましたが、今回は同じ様な釣り場やルアーで少しだけアプローチを変えるだけで良型のカサゴも連発しているお話しです。
 
ファットビーグルSS
 
使うルアーは、ビーグルファットビーグル
 
今回はフローティングタイプシンキングタイプを釣り場の形状で使い分けました。
 
釣り場は基本的にメバル狙いと重複しますが、カサゴをメインで狙うならボトムに凸凹がありカサゴの隠れる事のできるポイントがお勧めです。
 
具体的には、護岸がゴロタ石やテトラになっている場所や、起伏のある牡蠣瀨や敷石の場所です。
また壁際ギリギリも狙い目です。
 
水深は深くても2m位まで。
 
狙い方は簡単です。
前回のメバル・プラッギングと同様にデッドスローで巻くだけ!
 
ビーグルSS
 
カサゴとメバルの狙い方の明確な違いは、メバルが表層からのレンジを意識するのに対して、カサゴはボトムを基準に狙うので水深が深すぎるとプラグでスローにボトム付近を通すことが難しくなる為、ボトム(の取りやすい水深)を意識したポイントを選ぶ事が重要です。
 
ボトムにルアーが当たらない様(根掛かり避ける為)にロッドの角度でレンジを調節します。
 
ボトムから20cm~50cm位を通すイメージで、出来るだけゆっくりとリトリーブします。
 
物陰や穴に隠れているカサゴがルアーを見付けても、カサゴの前をルアーが直ぐに通過してしまうとバイトを諦めてしまうので、出来るだけゆっくりと見せる方がバイトチャンスが増えます。
 
ファットビーグルSS
 
このプラグを用いたメソッドではヒットするカサゴもアベレージサイズは20cmを超えています。
 
都内の陸っぱりでのワームのカサゴ狙いでは、メバル同様に小型が中心と言われていますが、プラッギングで狙うカサゴは今のところ良型しか釣れていません。
 
特別な釣り場ではなく、東京都内で一般的に誰にでも釣りの出来る場所なので、メバル同様にプラッギングの強い場面が想像以上に多くある印象を持っています。
 
個人的には、ボトムタッチせずにデッドスローで通せる事のメリットが大きいのではないかと感じています。
 
ハードルアーを使うクロダイ狙いの場合も同じ考えですが、ジグヘッドをボトムに当てない事が大型に違和感や警戒心を与え難いという事です。
 
数釣りではワームに分があるとは思いますが、ルアーのボリュームがあるので、余程活性が高くない限りは小型が躊躇してバイトし難くく、良型しかバイトして来ないのではないかとも考えています。
 
ファットビーグルSS
 
このメソッドでのカサゴは、かなり勢い良くバイトして来ます。

ファットビーグルでも丸飲み出来るサイズのカサゴも少なくないので、強目のドラグで少し強気なやり取りのできる強度のあるPE 0.4号にリーダーはフロロの5lbを使っています。
 
 
 
次に、フローティングモデルを使ったカサゴ狙いです。
 
フローティングモデルビーグルファットビーグルをデッドスローで使うと表層付近をトレース出来るのは前回お話した通りです。
 
この特性を活かして海面から少し沈んだテトラや敷石の上を通すだけです。
 
シンキングモデルを使う場合と狙う水深は大きく違いますが、カサゴの隠れる穴の上を出来るだけゆっくりと通して見せるというアプローチは共通しています。
 
ファットビーグルSF
 
基本はデッドスローのただ巻きですが、ストップ&ゴーも有効です。
 
 
このメソッドでもかなり激しく引ったくる様なバイトをしてきますので、穴に逃げ込まれない様にドラッグはキツ目に設定してください。
 
 
ボトムに依存しているイメージのあるカサゴですが、メバルの様にパシャン!! と水飛沫を上げて水面直下のファットビーグルにバイトしてくる事もありました。
 
ファットビーグルSF
 
 
ビーグルファットビーグル共に、ミドルリトリーブやトゥイッチの動きも秀逸ですが、スローリトリーブ時の動きも良型のカサゴやメバルを魅了する動きを秘めているので、デッドスローでしっかりと見せても躊躇なくバイトしてくるのだと思います。
 
ビーグルF
 
カラーはメバル同様にクリアがお勧めですが、カサゴの方が澄潮でもアピール系のカラーにも反応が良い場合が多い様なのでカラーローテーションも試してみてください。
 
ビーグルF

また、ビーグルファットビーグル共に、非常に根掛かりし難い印象です。
 
例えば、テトラの出っ張った部分にルアーがタッチしても先にリップが当たる事でフックがダイレクトに引っ掛かかる事が少なく、ボディの横幅があるのでテトラに触れながらナメる様に通過してもフックの先端が引っ掛かり難いのです。
 
しかし、肝心の魚のバイトは高確率でしっかりとフッキングに持ち込めているので、深いバイトを誘発できている証拠ですね。
 
釣れたカサゴは全てリリースしているので、ボトムから少し離れたレンジをトレースさせるプラグにバイトしてくるカサゴ達がナニをメインに捕食しているのかは不明です。
 
子イカかも知れないし、エビやカニ、小魚かも知れませんが、ボトムから離れていても激しくバイトしてくるのでメガバスのプラグ達が美味しそうに見えているのは間違いなさそうです。
 
 
ファットビーグルSS
 
ボリュームのあるファットビーグルでも余裕で丸飲みしてしまう尺近いサイズのカサゴも複数ヒットしているので、個人的にはビーグルよりもファットビーグルの信頼度がかなり高くなっています!
 
 
皆さんもメバル・プラッギングと共に是非カサゴ・プラッギングにも挑戦してみてください。
タイミング次第では短時間でも良型が連発します。
 
東京都内の陸っぱりからでも尺超えのカサゴにも出会えるのではないかと思っています。
 
クロダイやキビレ、シーバス狙いの釣行にも行きたいのですが、すっかりメバルとカサゴに魅了されてしまい短時間なら迷わずライトゲームを選んでしまう程に面白い釣りです。
 
また、プラッギングならシーバス狙いのテクニックを多く応用できるのでシーバスアングラーにもかなり楽しめると思います。
 
 
幅広いレンジを攻略出来て、デッドスローでも良型のカサゴ&メバルを魅了する性能を持つビーグルファットビーグルはお勧めです。]]>
メガバス株式会社
真冬のオクトパスゲームはスローに誘えば釣れる!? http://www.fimosw.com/u/Megabass/4ib3oog56buw65 2020-03-02T20:00:00+09:00 オクトパスゲームの伝道師こと中川です!
大阪でのフィッシングショーが終わり緊張から解放され自分的にひと段落ついたので、プロトのオクトパスルアーを手に釣行してきました。

この日は低気圧が張り出し気温は低めでしたがタコの顔を見る事ができました!
 

水温が下がってくるとタコの動きもスローになってくるので、じっくりとスローで狙うと反応してくれます!
水温低下で活性の下がった状態だとステイを長めにとりタコがルアーに乗る間をとってやると釣果も上がると思います。

これからナイトのメバリングも最盛期に突入ですが潮が動くまでや常夜灯ポイントで明暗が効くまでの時間にオクトパスゲームを楽しむのもありです!

まだ少し厳しい時期ではありますが本気で大型を狙うも良し手の空いた時間にちょこっと遊ぶも良し!
漁具では無くルアーで楽しむオクトパスゲーム是非チャレンジしてみて下さい!
 
]]>
メガバス株式会社