kamikaze水軍 http://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) 磯ヒラ苦行 http://www.fimosw.com/u/89bbxjzWo6/orbdyau5rkghhm 2019-11-03T01:18:00+09:00
 
というわけで家から3時間半かけて磯ヒラ苦行に行ってきました
 
 
 
頑張って早起きして朝マズメに到着しますが朝が満潮潮止まりなんでサラシが全く無い
 
 
 
それでも磯際を丁寧にミノーを通してると何やらブクブク
 
 
 
海中からウエットスーツ着た漁師さんがプカーっ!しかも2人!
 
 
 
このエリアは無理(無駄)と判断して別のエリアを目指す
 
 
 
次のポイントも潮位が高すぎて前に出れない&サラシが無い
 
 
 
でもここが本命ポイントなのでとりあえず磯から磯へとランガンしてるとガッ!
 
 
 
サイズは小さいですが嬉しい1本!
 
 
 
となるはずがまさかのバラシ・・・おまけにとうにルアーが外れてるのに何度もエラ洗いしながら逃げていきます(涙)
 
 
 
その後も折り返し地点で同サイズが掛かるがこれもバレる・・・
 
 
 
半泣きで車まで戻り次の磯を目指す
 
 
 
ザラザラになったリーダーを結び変え本日最後のポイントへ
 
 
 
もうお昼近い時間ですが潮位も良い感じで下げてサラシができてる
 
 
 
IMG_4468
 
 
 
とりあえずトップを磯際に投げるとポコポコと何かがアタックしてくる
 
 
 
が、何度か通すと反応しなくなる
 
 
 
念のためにポップコーンを投げると・・・
 
 
 
IMG_4439
 
 
 
GTが釣れた!
 
 
 
ポップコーンでの初フィッシュだったので嬉しいのだが即リリース(笑)
 
 
 
てかこのポイントにこのタイミングでこの魚はちょっと不安
 
 
 
さらに先に進むとサラシが沖へと長くポイント
 
 
 
サラシが沖へ長く伸びてる下には大きなシモリ・・・
 
 
 
ここで出んかったら辛いなあと投げたトップに1発でヒット!
 
 
 
過去最小サイズがヒットしたが慎重に慎重に(笑)
 
 
 
IMG_4448
 
 
 
かなり小さい魚ですがフロントフックが外れてリアフックがエラを縫ってしまったのでキープ(涙)
 
 
 
もちろんタイドプールにキープして次を狙います
 
 
 
すると今までの沈黙が嘘のようにアタル
 
 
 
1キャストで何回もアタックしてきます
 
 
 
が、ジャンプでポロポロ外れて1本もキャッチできず
 
 
 
でもこれだけトップにボコボコと出るのは面白いので全く悔しくありません(笑)
 
 
 
トップに出る、しばらくファイトする、バレるを数回繰り返して
 
 
 
IMG_4452
 
 
 
まあまあの魚が釣れてくれたところで反応が無くなり終了
 
 
 
IMG_4491
 
 
 
久しぶりの磯は面白かった〜!
 
 
 
朝からやって魚釣れたのがお昼前ってとこもシビれるよなぁ(笑)
 
 
 
冬の鳴門シーバス開幕までもう少しあるけどもう一回くらい磯に行きたいなあ
 
 
 
と、ここまで書いてる今現在も膝が痛いのは歳のせい
 
 
 
あと何年もできないであろうこの釣りの魅力ときたら・・・
 
 
 
「100万円で5歳若返れます」の悪魔の取引があれば迷わず借金してでも最低10歳は若返りたい(笑)
 
 
 
そんな妄想するくらい飲み過ぎてるので今日はこれで終わり(笑)
 
 
 
さて・・・  次は・・・
 
 

 ]]>
kamikaze
鳴門苦行 http://www.fimosw.com/u/89bbxjzWo6/orbdyau339ftxs 2019-11-01T10:14:00+09:00

 
少し前の話
 
 
 
まずは朝マズメまでの数時間で今シーズン初のイカ狙い
 
 
 
で、全くアタリすらもらえず撃沈
 
 
 
風や波があったとはいえ全く釣れなかったのはまあまあショック(涙)
 
 
 
で、朝マズメ前にいつものゴロタに移動
 
 
 
すでに駐車場には数台の車があります
 
 
 
まだまだ薄暗いうちにポイントに到着
 
 
 
朝が潮止まりなんでマズメの時間帯を逃せば高確率でボウズ確定
 
 
 
いよいよ朝マズメ
 
 
 
視認性重視のチャートのSL17にガチン!
 
 
 
が、最初のエラ洗いでポロリ
 
 
 
フックを確認したら針先が内側に曲がってた(涙)
 
 
 
慌ててイワシカラーのSL17にチェンジ
 
 
 
足元から数メートル先でコツコツ
 
 
 
IMG_4476
 
 
 
マメシーバスが付いてた(涙)
 
 
 
その後も近場でマメシーバスが何度もアタルが大型の気配は無し
 
 
 
どんどん明るくなり風も波も弱くなる
 
 
 
半ば諦めモードでBKF175
 
 
 
IMG_4404
 
 
 
微妙なサイズのモジャコが2本釣れて終了
 
 
 
結局本命のシーバスは予定通りボウス(涙)
 
 
 
こんなもんです
 
 
 
早く冬が来んかなあ・・・
 
 
 
さて・・・  次は・・・
 
 
]]>
kamikaze
癒しの釣りでも勝負の釣り http://www.fimosw.com/u/89bbxjzWo6/orbdyauprrzvdb 2019-10-31T09:53:00+09:00
 
久々の休みを何釣りに使おうか悩む
 
 
 
午前8時前に起きてしまい何を狙うにしても中途半端な感じ
 
 
 
爆釣だったとトヨイチくんから画像が送られてくるが今日は海の気分じゃない
 
 
 
そんな緩い感じの日は久々の小物釣りへ
 
 
 
鳴門から県西部へ帰ってくるトヨイチくんを誘ってまたしても東へ
 
 
 
ササっと黄身練りを作り、短竿と小物仕掛けとバッカンを車に積み込めば釣り場へGO
 
 
 
今日は減水気味でポイントが限られるがやれないことはない
 
 
 
小さい水路で癒しのタナゴで真剣勝負!
 
 
 
開始からポロポロとアタリが出だし退屈しない程度に数も出る
 
 
 
今日はタイバラ以外のイチモンジタナゴやカネヒラもちょこちょこ混ざって釣れてくるから楽しめる
 
 
 
最初のポイントでは恐らく僕が勝ってる感じ(終了までお互いに数は数えませんし釣果は教えません)
 
 
 
風でごみが水面を覆って釣り難いのでポイントを移動すると・・・
 
 
 
何やら水面がモヤンとした・・・
 
 
 
それを見た僕は迷わずそのモヤンがあった場所を釣り座に選ぶ
 
 
 
トヨイチくんは逆側に釣り座を構え後半スタート
 
 
 
後半スタートから怒涛の入れ食いで数を稼ぐトヨイチくん
 
 
 
僕の方は全くでエサが残る
 
 
 
しばらくエサ撃ちを繰り返しているとウキの近くに亀が・・・
 
 
 
そう・・・あのモヤンは亀のモヤンだった(涙)
 
 
 
後半は釣り座の距離わずか2m程度しか離れてないのにお通夜と大フィーバーくらいの釣果の差
 
 
 
ええなあ  やるなあ  上手やなあ
 
 
 
目の前で入れ食いを見せつけられる辛さといったら(涙)
 
 
 
で、後半も残り僅かのところで僕が仕掛ける
 
 
 
トヨイチくんの仕掛けとオマツリしてトヨイチくんの針を変形させることに成功(笑)
 
 
 
ここぞとばかりに数匹追加してタイムアップ!
 
 
 
IMG_4357
 
 
 
 
IMG_4363
 
 
 
不正がないように相手の確認のもとで1匹ずつ数を数えながらリリースする
 
 
 
結果は僕が101匹、トヨイチくんが97匹
 
 
 
前半のリードで僅かに僕が逃げ切った感じ
 
 
 
が、夜中から釣り&今日が人生で2回目のタナゴ釣りだったトヨイチくんの97匹はかなり凄いこと(オマツリで針が変形しなければ100匹超えてたと思う)
 
 
 
癒しのタナゴ釣りだが真剣にすれば面白い面白い!
 
 
 
真剣勝負だったから画像は少ないがそれだけ熱くなってたってこと!
 
 
 
とりあえず今年最後のタナゴ釣りだったけど来年はもう少し数を稼げるように頑張ろうや(次はもっと早い段階でオマツリさせよう笑)
 
 
 
さて・・・  次は・・・
 


 ]]>
kamikaze
スタートライン http://www.fimosw.com/u/89bbxjzWo6/orbdyau3b797k4 2019-10-30T11:51:00+09:00

 
釣りをする人には必ずと言っていいほど「この魚から始まった」とか「この1匹から釣りが変わった」と思える魚と出会うことがある
 
 
 
今回はそんなお話
 
 
 
僕は少し前にその体験をした
 
 
 
心臓はバクバク、足はガクガク、無我夢中で掴んだ魚は心震える最高の魚だった
 
 
 
で、今回も毎年恒例の高知遠征へ
 
 
 
同行のトヨイチくんはかなり勉強してきているみたいで攻め方や対策を色々と考えてきているみたいだった
 
 
 
高知に着くと少し買い物をしてポイントへ向かう
 
 
 
まだまだ明るい時間だったので早めにポイントを確保しに行く
 
 
 
が、本命ポイントには先行者さん
 
 
 
この時間なら間違いなく入れると思っていただけに焦る
 
 
 
どうする?
 
 
 
数ヶ所ポイントを見て回るもベイトの数が微妙な感じ
 
 
 
どうする?  どうする?
 
 
 
思いついたのは某有名ポイント(後にこの判断が・・・)
 
 
 
先行者さんが居れば諦めてボラ地獄ポイントへ逃げるつもりでポイントへ向かうとまさかの貸し切り
 
 
 
嘘やろ? てか逆に不安になる(笑)
 
 
 
せっかく入れたんだからとりあえずここで6時間やって帰ろう
 
 
 
そんな感じでスタート
 
 
 
詳しく書けないがスタート直後はノー感じ
 
 
 
無駄にルアーを投げ続けたくない、見せたくない、見られたくない
 
 
 
そんな時間帯に島村さんが登場!(笑)
 
 
 
釣りの話や食べ物の話をしながらタイミングを待つ(実は釣りと同じくらい楽しい時間なんですがね笑)
 
 
 
小一時間くらい駄弁っていると雰囲気が変わってきた
 
 
 
ほんのり流れができ水面にベイトの気配も
 
 
 
ドンっ!!
 
 
 
というバイトが今にもありそうで毎投ごとに緊張してしまう
 
 
 
緊張しすぎて疲れたのでひとまず上陸して休むことにする
 
 
 
若いトヨイチくんは投げ続けているがペース配分を知らんのだろうなぁ・・・
 
 
 
 
 
 
 
キタッ!!
 
 
 
振り返るとロッドが曲がっている!
 
 
 
その直後にスピード感溢れるエラ洗い!!
 
 
 
「アカメ!アカメ!! やったやった!」
 
 
 
真横で話しかけるも聞こえているのかいないのか無表情でファイトするトヨイチくん
 
 
 
僕は冷静にネットを準備してサポートする(直前に折り畳みネットの伸ばし方を教えてもらったから直ぐに用意できた笑)
 
 
 
時間にして数十秒くらい? とにかに足元まで魚は寄ってきた
 
 
 
ルアーを確認するとまずバレん掛かり方
 
 
 
それでも油断はしない
 
 
 
とにかく1発でキャッチせねば・・・
 
 
 
「頭こっち向けて!」
 
 
 
と叫んだ直後のこと・・・
 
 
 
まだまだ余力を残していたのだろう・・・
 
 
 
ネットが半分も水に浸かってないうちに・・・
 
 
 
最後の力を振り絞って大ジャンプ!!
 
 
 
こんなもん・・・
 
 
 
こんなもんなんよ・・・
 
 
 
FullSizeRender
 
 
 
魚を見失った直後にネットに確かな重み・・・
 
 
 
ジャンプした魚は僕が差し出すネットに高速で飛び込んできてたのだった(笑)
 
 
 
やった! やった! 不思議なことだが僕の方が喜んでいる
 
 
 
釣った本人はまだその喜びが素直に湧いてない感じ(笑)
 
 
 
ルアーを外し写真を何枚か撮ると名残惜しいリリース
 
 
 
魚に感謝、高知に感謝・・・ありがとうね
 
 
 
ゆっくりと深みへ帰る魚を見えなくなるまで見つめる
 
 
 
この魚が彼のスタートラインになったかどうかは僕には分からない
 
 
 
けどこれからアカメを狙い続けるならこの魚が確実にスタートラインとなるだろう
 
 
 
そんな事を思いながら最後までロッドを振り続けるも僕のロッドが曲がることはなかった
 
 
 
けど悔しさは全く無かった
 
 
 
逆に記念すべき初アカメに立ち会えたことに大満足だ(笑)
 
 
 
でも次は僕が釣ってトヨイチくんに掬ってもらおう
 
 
 
ああ・・・忙しい季節がやってきたなあ
 
 
 
さて・・・  次は・・・
 
 
]]>
kamikaze